« 雨と珈琲カップと | トップページ | もう11年 »

花と果実

 チャンネルNECOの日活映画「花と果実」を観ました。

 主演は和泉雅子さん。

 友人(恋人?)役は杉良太郎さんでした。

 他には山本陽子さん、大坂志郎さん、小山明子さん、有島一郎さんなどが出演されてました。

 日活の映画に小山さんや有島さんが出ているとは驚きでしたね。

 有島さんは和泉さんの父親役でした。

 山本リンダさんか?と思われる方がファッションショーの場面で少しだけ映りましたが、調べたらやはりご本人のようですね。

 映画の主題歌は和泉さんが歌ってましたが、その歌のメロディーや映画の中で流れる音楽を聴いていると、まるでテレビドラマを観ているようでした。

 原作が石坂洋次郎さんで、この方の作品に多く出ているのが石原裕次郎さんですが、この音楽によってお二人の映画とは雰囲気が全く違うように思えました。

 なんとなくですが世の中の娯楽が“映画”から“テレビ”に移ろうとしているのを象徴している感じもしましたね。

 石坂さんの作品の主役に初めてなったという和泉さん。

 母親が亡くなっても明るく振舞おうとしている様子が和泉さんらしくて良かったです。

 私が見慣れている和泉さんそのものでした。

 2回ほど海で泳ぐ場面がありましたが、実際はご本人は運動神経のほうはどうなのか?とちょっと心配になりました・・・。

 杉さんはやっぱり時代劇のほうがいいですね。

 お気の毒ですがこのような友達役・恋人役は合ってないと思いました。

 この映画でおもしろかったのは登場人物がそれぞれ知らないところで繋がっていたことでした。

 和泉さんが“植木屋だと信じ込んでいた親父”が実は恋人の杉さんの父親(大坂さん)。

 杉さんと“ホテルに行った年上の女性”が実は杉さんの父親(大坂さん)が往診した先の家の婦人(小山さん)。

 有馬温泉で有島さんが話しかけたのが杉さんで、お互いに父親と娘や娘の恋人についてあれこれ話していましたが、実は知らずに自分達のことを話していたことに。

 和泉さんの故郷で杉さんや友人達がそれぞれ和泉さんの家までの道を尋ねたのが実は和泉さんの妹・・・、後半にこのような場面が続けて出てきましたね。

 普段の生活で稀にあることですが、登場人物それぞれがこのように繋がっていると観ているほうは楽しいですね。

 これまで和泉さんの映画はずいぶん観てきたつもりですが、まだまだ未鑑賞の映画はかなりあります。

 ウィキペディアで数えたらまだ半分以上残ってました。

 和泉さんのファンの一人としてはこれ全部放送してくれなきゃ困るんですけど・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 雨と珈琲カップと | トップページ | もう11年 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
 杉良太郎さん少し何かニアケた感じで
 きになりましたね

 和泉雅子さんこの時風邪をひかれてたのかな
 声が変わってた

 大坂さんと和泉雅子さんの植木屋だと信じ込 んでいた親父”との場面好きです

 関口宏さんとテレビ共演した花と果実が観た いです あらすじも少し違うみたいです

 平泳ぎ和泉さん泳ぎ方がきれいです
 映画エデンの海を観ていだだけると
 わかりますけど

 一番観たいのは「朝霧」ですね
 共演は杉良太郎さんですけど

投稿: きなこ | 2014年6月20日 (金) 20時55分

きなこさんへ。

「花と果実」のテレビ放送は知りませんでした。
私は原作に近ければいいのですが、テレビは1話完結が多いですから見たらガッカリしそうです。
和泉さんが泳いでいるシーンはひょっとしたら潜水士が海の中から支えてるのかなと思いましたが、やっぱり普通に泳いでいるんですね。
安心しました。
私は和泉さんの映画初出演の作品を観てみたいですね。
どこで出てくるかを知らずに観て、「あ、いた!」の感動を味わってみたいです。
きれいですからすぐにわかりそうですね。

投稿: まさたみ | 2014年6月21日 (土) 03時15分

こんにちは
 多分知ってるとは思いますが
太田博之さん主演の映画「路傍の石」に
 同級生の役でセリフも少しで多分わかると
 思いますが
 観る機会がありましたら観てみてくださいね

 知らなかったのですが
 NHK「バス通り裏」のドラマに子役で
 出てたんですね

 これもNHKの「陽のあたる坂道」で石坂浩二 さんと共演のドラマもみたいです
 この頃和泉さん忙しくてセリフの覚えが
 悪かったみたいです
 石坂浩二さんに「君はセリフ覚えが悪いから
 大嫌い」っていわれたそうです
 
 自伝和泉雅子に書いてました

投稿: きなこ | 2014年6月21日 (土) 22時13分

きなこさんへ。

情報をありがとうございます。
我が家では“日本映画専門チャンネル”も観られるので今後もチェック&リクエストしたいですね。
でもセリフ覚えが悪くてもやりこなしてしまうところが「さすが!和泉さん。」ですね。
夕刊フジの記事も読んでみたくなりました。

投稿: まさたみ | 2014年6月21日 (土) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨と珈琲カップと | トップページ | もう11年 »