« わが青春の遺産 | トップページ | 私、違っているかしら »

男の紋章 竜虎無情

 チャンネルNECOの日活映画「男の紋章 竜虎無情」を観ました。

 おかげさまで「男の紋章」シリーズの全10作をようやく観終わったことになります。

 これも皆様のご声援のおかげ・・・というわけでもないですが、放送してくれたNECOさんに感謝です。

 主演はもちろん高橋英樹さん、春ちゃん役の和泉雅子さん、小池朝雄さん他です。

 西尾三枝子さんもちょっとだけ出てました。

 しかし今回はあの宍戸錠さん登場。

 副題の“竜虎”の“竜”は高橋さん演じる大島竜次の“竜”だなとは思っていまが、“虎”はいったい何をさすのか、映画を観るまでは知らなかったです。

 しかし、宍戸さんの役名が“遠州虎”。

 これで“竜虎”の意味がようやくわかりました。

 浜松市民の私としては“遠州”と名乗ってくれているところがうれしいですね。

 高橋さんは和泉さんとめでたく結婚式を挙げることになりますが、遠州虎との1対1の決闘のために途中で飛び出してしまうところは和泉さんがあまりにも気の毒でした。

 映画とはいえ、何もここまでしなくてもいいのに・・・。

 結局は竜と虎の2人とも騙されていたのですが、虎は銃で売られて命を落としてしまったので残念。

 私は高橋さんか和泉さんのどちらかが命を落としてしまうという最悪の結末を頭の片隅に置いていたのですが、どちらもお元気な姿で映画が終わってくれてホッとしています。

 遠州虎も助かっていてくれたらもっと良かったんですけどね。

 ところで、映画が公開された当時はファンの感情はどうだったのでしょうか?

 惜しまれてシリーズを終えたのか、あるいは期待しなくなった映画がようやく終わった感じだったのか。

 もちろん前者であってほしいですね。

 シリーズ10作を観終わりましたが、逆に初作品を観直したら高橋さんと和泉さんの初々しさが強く感じられることでしょう。

 全くの別映画として公開された「新・男の紋章」はすでに録画してありますが、こちらは全く期待しないで観てみたいと思います。

 

 

 

 

|

« わが青春の遺産 | トップページ | 私、違っているかしら »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
 やっと一緒になりましたね
 結婚式では晴子さん耐え忍びましたね.
 痛々しかったです
 あねさんってゆうんですよね
 そのところ少しみたかったですけど
 でもこの終わり方で良かったのかなあ

 予告編の場面を観ると映画の場面と
 少し違うんですよね
 

投稿: きなこ | 2014年3月25日 (火) 22時58分

きなこさんへ。

今後晴ちゃんが耐え忍んでいくのは間違いなくずっと続きますよね。
それがわかっている映画だけに、少しでも希望を持ったままで終わってくれて良かったです。

予告編との違いはわからなかったです・・・。

投稿: まさたみ | 2014年3月26日 (水) 17時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« わが青春の遺産 | トップページ | 私、違っているかしら »