« 俺の故郷は大西部(ウエスタン) | トップページ | これなら大丈夫? »

男の紋章 3本立て

 今日(8日)は全国的に大雪だそうですが、浜松は未明からずっと雨でした。

 やっぱりこちらは暖かいんだなあと思っている次第であります。

 でも今晩から明日にかけてはどうでしょうか。

 さて、チャンネルNECOの日活映画「男の紋章」シリーズ。

 第5作から7作を録画してあったので一気に観ました。

 まずは「男の紋章 花と長脇差」。

 “脇差”はドスと読むそうです。

 印象に残ったのが小高雄二さん。

 今まで観た小高さんの中で目つきが最も鋭かったです。

 最後は高橋さんを助ける側に回るかなと思ってましたがダメでした・・・。

 実はこの映画は私の生後4日に公開されたようで、日活映画の中では「殺られてたまるか」(二谷英明さん他)と並んで私の誕生日に最も近い映画です。

 次が「男の紋章 喧嘩状」。

 和田浩治さんが出てましたが、この方も着物が似合いますね。

 先日観た「俺の故郷は~」よりは男らしくてカッコよかったです!

 西尾三枝子さんが和泉雅子さんと並ぶ場面では和泉さんがお姉さんっぽく見えました。

 姉妹の末っ子の役が多い和泉さん、ようやく年上の女性になれた感じでしょうか。

 映画の最後はいつも“終”ですが、この回だけ“完”でしたね。

 シリーズを終わらせるつもりだったのかな。

 そして「男の紋章 喧嘩街道」。

 なぜだかテーマ曲が初期のものに戻ってましたね。

 そういえばあの喧嘩っ早い小池朝雄さんが出てなかったです。

 この回で高橋英樹さんが急に時代劇の顔になったように感じました。

 見慣れたこともあると思いますが、旅をする時の姿などに縁起に対する自信や余裕みたいなものがあるような気がしました。

 旅から一時戻ってきた高橋さんですが、和泉さんに会わずにまた旅に出てしまった時の和泉さんの表情が何ともいえなかったです・・・。

 「男の紋章」を第7作まで観てきましたが来月にまだ3作ありますよ。

 ここまで観てきて貴重な存在感を持っているのが近藤宏さん。

 顔は見たことがあっても名前がわからなかった俳優さんですが、この方は大島組でこれからどうなっていくのか。

 でも第9作からはお名前がないので次の作品で何かが起こる・・・?

 

 

 

 

 

 

 

|

« 俺の故郷は大西部(ウエスタン) | トップページ | これなら大丈夫? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは 
 金曜日の夕方から土曜日のお昼にかけて
 何十年ぶりに大雪でした
 屋根からドスーンと雪が落ちてビックリしま すよ
 外も家の中も寒いですよ

 小池朝雄さんと桂小金治さんのかけあいが
 面白いです
 和泉雅子さんがだんだん少女から大人の
 女性になっていってる
 芯の強い女性だけどこか弱いところもある

 妹役が多いですね本当に茶目っ気が
 うまいですね

 

投稿: きなこ | 2014年2月 9日 (日) 20時30分

きなこさんへ。

浜松は雪には縁がないですね。
今まででも「雪がたくさん降った!」といっても道路の隅が白くなる程度です。

小金治さんのバナナのたたき売り的なかけ合いはさすがですね。
監督に「好きにやってくれ。」って言われていたかもしれませんね。

今月は「東京ナイト」や「二人の銀座」もありますが、今まで何回も観ているので今回はパスします・・・。

投稿: まさたみ | 2014年2月10日 (月) 18時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 俺の故郷は大西部(ウエスタン) | トップページ | これなら大丈夫? »