« 堂堂たる人生 | トップページ | もらっちゃった! »

遥かなる国の歌

 チャンネルNECOの日活映画「遥かなる国の歌」を観ました。

 久しぶりに小林旭さん主演の映画です。

 他には笹森礼子さん、少年らしさが残る山内賢さん、小高雄二さんなど。

 旭さんはジャズバンドのトランペッター、山内さんはフィリピンと日本の混血少年の役です。

 これは旭さんが山内さんの実のお母さん(日本人)を捜すという映画でした。

 バンド演奏のシーンは同じ日活映画「七人の挑戦者」を思わせましたね。

 その映画のメンバーだった役者さんが小高さんや沢本忠雄など4人もいましたから。

 そして今回のバンド名が“山川潤と楽団マッハ”。

 すごいネーミング!

 今だったらコミックバンドに間違えられそうなバンド名ですね。

 旭さんは実際はトランペットを吹く真似をしているわけですが、私は違和感はほとんど感じなかったです。

 フィリピン生まれの少年ということで山内さんは“愛の歌”と言われている「ダヒルサヨ」という歌を歌いますが、そのやさしいメロディーがとても良かったですね。

 最後はステージ上で旭さんと二人で歌ってました。

 バンドメンバーがオートバイで走っているシーンがありましたが、どこのメーカーだったのかよくわからなかったです・・・。

 そういえば先日観た「男の紋章 喧嘩街道」にも笹森さんが出てましたが、それが最後の映画出演だったそうですね。

 結婚されたためにその映画を最後に引退されたそうで、そんな貴重な映画を観ることができてうれしかったです。

 今月観たかった映画は一応全部観ました。

 他の映画は余裕があったら観たいと思います。

 

 

|

« 堂堂たる人生 | トップページ | もらっちゃった! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 堂堂たる人生 | トップページ | もらっちゃった! »