« 見えないよ・・・ | トップページ | 「異常なし。」&川上監督 »

霧笛が俺を呼んでいる

 チャンネルNECOの日活映画「霧笛が俺を呼んでいる」を観ました。

 これはもう赤木圭一郎さんの代表作ですね。

 放送するのがわかってから早く観たいと思ってました。

 共演は芦川いづみさん、葉山良二さん、新人(!)の吉永小百合さんです。

 思っていたよりもドッシリとした映画でしたね。

 映画独特のキザなセリフは、いつもは観ている私が照れくさくなってしまうことが多いですが、赤木さんが話していると違和感がなく普通に耳に入ってきました。

 赤木さんが吉永さんを乗せて走っているオープンカーもカッコよかったですねえ。

 “オースチン・ヒーレー100”だそうです。

 扇子を広げたような形のフロントグリルが印象的でした。

 ダイキャストカーがあったら欲しいですね。

 昔のテレビ番組でこの映画を紹介する時には、マドロス姿(?)の赤木さんが出航するラストシーンがよく映っていましたが、私は赤木さんを見送っている女優さんが「すごくきれいな人だなあ・・・。」とずーっと思っていたのです。

 それが芦川さんを知るきっかけになり、ぜひ作品全部を観てみたいとずっと思っていたので、今回はとても満足でした。

 このラストシーンの芦川さん、「東京ナイト」の舞妓姿の和泉雅子さん、「愛と死をみつめて」で「なぜ嘘ついた?」の時の吉永小百合さん・・・。

 この3つは今後も私の頭から離れませんよ!

 

 

 

 

 

 

 

|

« 見えないよ・・・ | トップページ | 「異常なし。」&川上監督 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 見えないよ・・・ | トップページ | 「異常なし。」&川上監督 »