« 東京は恋する | トップページ | 車チェンジ! »

アナログ化へまっしぐら

 今日も暑かったですね。

 特に妻とショッピングモールでお昼ご飯を食べた後に表へ出たら暑いこと!

 熱波ですよ。

 あまりにも暑くて目をパッと開けられなかったくらいでした。

 そんな暑さが続く中、私は中古のレコードプレーヤーを手に入れました。

 パイオニアのPL-1100Dです。

 1974年ころの発売だそうで、年数を数えると結構古いですね。

 このレコードプレーヤーの良いところは回転数の微調整ができること。

 これは購入前に最低条件として決めていたことです。

 下手に安いものを買うと回転が微妙に速いってことがよくありますからね。

 その良い(悪い?)例が家にあるレトロ調のマルチプレーヤー。

 例えば45rpm、“1分間に45回転”という意味ですが、このプレーヤーは約57.5秒で45回転してしまいます。

 だから調整機能があれば安心だと思ったのですよ。

 さあ、これで我が家にあるレコードを蘇らせるぞ!

 ・・・でもそれは無理。

 まだアンプもスピーカーもないからです。

 早いとこ揃えたいですね。

P8110007

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 東京は恋する | トップページ | 車チェンジ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京は恋する | トップページ | 車チェンジ! »