« 投票率 | トップページ | 暑い時は熱い"これ”を・・・ »

田舎の仲間はずれ

 山口県周南市で殺人&民家全焼の事件があり容疑者の身柄も確保されたようですが、私はこの容疑者が全て悪いようではない気がしてきました。

 村の今後について村民に提案しても全く聞き入れてくれなかったりしたことがあったみたいですから。

 こういう事件は「容疑者、犯人が悪い。」と一方的になりがちですが、やっぱり「本当に全て悪いか?」と思うことが大事だと思います。

 だから今回の場合は"犯人を作ってしまった犯人”として村民も悪いですよ。

 容疑者が確保された後「これで安心して眠れます。」ってよく言えるなと思います。

 逆にこういう言葉が怖さを感じます。

 田舎暮らし・・・自然を相手にのんびり暮すことができるのであこがれも多いですが、今回の村のように人の意見を聞き入れない年寄りがいたりすると、田舎暮らしの良さがどこかへ吹っ飛んでしまい、自分がどんどん追い込まれてしまうかもしれません。

 容疑者は当然悪いですが、容疑者のことをあれこれ話題にするのであれば、被害者と言われている村民たちが過去にこの容疑者にしてきたことも同じくらいに話題にするべきだと思います。

 「田舎はいいなぁ~。」と思うだけならいいですが、こういう事件があると田舎暮らしを実行するには相当な覚悟がいりそうですね。

 もちろん優しい人がいる村の方が多いんでしょうけど"ハズレ”に当ってしまったら最悪です・・・。

 

 

 

|

« 投票率 | トップページ | 暑い時は熱い"これ”を・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 投票率 | トップページ | 暑い時は熱い"これ”を・・・ »