« あの道この道 | トップページ | 仲間たち »

世界を賭ける恋

 チャンネルNECOの日活映画「世界を賭ける恋」を観ました。

 石原裕次郎さんと浅丘ルリ子さん出演です。

 若い建築家の裕次郎さんが3ヶ月の欧州視察へ行きますが、裕次郎さんの帰国を待ちに待っていた恋人のルリ子さんが直前に急死してしまうという話です。

 幸せな二人の様子がずっと続いていたので「このまま終わったら映画にならないなあ・・・。」と思っていたら、突然電報で急死の知らせが来る場面になりました。

 これはかなりインパクトがありましたね。

 どこから見ても健康的な彼女が急死してしまったことで、裕次郎さんが“死”についてのセリフを喋っていますが、私はそれが若くして亡くなってしまった裕次郎さん本人のことのように思えて、なんだか皮肉な、複雑な気持ちになってしまいました。

 これ以外では観光地の紹介見たいな場面が多くみられました。

 後日観る予定の「裕次郎の欧州駆けある記」の前編みたいな感じでしょうか。

 実際この映画の北欧ロケの後に「~駆けある記」を撮ったようなのでそう思えたのかもしれませんね。

 裕次郎さんはヨーロッパにいても全く違和感がないですね。

 背が低い・髪が薄い・眼鏡・出っ歯・ぶら下げたカメラ・ぽっこリ出たお腹・・・これはよく言う“典型的な日本人”ですが裕次郎さんはどれにも無関係です。

 何とか“ぶら下げたカメラ”の可能性が少しはありそうですが、このことから当時は本当にスタイルが抜群だったことがわかりますね。

 ぜひ会いたかった有名人の一人です。

 

 

 

 

 

|

« あの道この道 | トップページ | 仲間たち »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あの道この道 | トップページ | 仲間たち »