« 裕次郎の欧州駆けある記 | トップページ | あゝ青春の胸の血は »

明日は咲こう花咲こう

 チャンネルNECOの日活映画「明日は咲こう花咲こう」を観ました。

 観光派と合併派とで対立しているある山の村に、保健婦役の吉永小百合さんが赴任することでその争いに巻き込まれていく映画です。

 吉永さんのほかには中尾彬さん、山内賢さん、西尾三枝子さん、三田明さんなど・・・。

 初めの方は村の対立の様子が酷すぎて吉永さんは振り回されっぱなし。

 イヤになって東京へ帰ろうとしますが「これからもやり残す人生ばかりになってしまう。」と考えて村に残ります。

 しかし振り回される状態は変わらず。

 その後、村の子供たちが集団赤痢にかかってしまいますが、その治療に必死になっている吉永さんの姿を見て村民たちが憎しみや争いを止めるようになっていきます。

 それにしても分裂した村というのは醜いものですね。

 たとえ映画の中でも、舞台は山の中の村ですからそれはそれは酷いもんです。

 中尾さんは今とは全然違いますね。

 確か二谷英明さんと和田浩治さんの映画「太陽と星」にもチョロッと出てましたが、それと同じようにさわやかで若々しいです。

 三田さんも大人になった感じだったし、西尾さんの田舎弁もまた合ってましたね。

 今回のように吉永さんと山内さん共演の映画はそんなに数がないですよね。

 「珍しいな~。」と思いながら観てました。

 吉永さんにくっ付いている少年は確か「飛び出せ青春」にも出ている方だったと思いますが・・・。

 俳優さんの名前は知らないですが、日差しが眩しそうな感じの顔が同じですね~。

 (追記・・・わかりました。頭師佳孝さんでした!)

 前半は荒れに荒れた映画でしたが、最後で吉永さん保健婦が惜しまれながら村を去っていく時はジ~ンときました。

 歌も良かったですね。

 私は吉永さんの映画の中ではこれは上位にランクされます。

 

 

|

« 裕次郎の欧州駆けある記 | トップページ | あゝ青春の胸の血は »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 裕次郎の欧州駆けある記 | トップページ | あゝ青春の胸の血は »