« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

トヨタ化

 今日は良い天気でした!

 妻と沼津魚がし鮨・浜松市野店へ豪勢にお寿司を食べに行った後に、カー用品店のジェームスへ行きました。

 カプチーノで使うコラムクリップ探しです。

 ジェームスは初入店ですけど、中に入ってしまえば他の店と同じですね。

 さて、コラムクリップ・・・ありました。

 ありましたが、やっぱり同じ物はなかったですね。

 適合メーカーが“スズキ”のものはありましたが色違い。

 でも考えてみれば穴に入る部分の径さえ合っていれば、さらに長ささえ間違わなければOKのはずです。

P4290008_01_2 で、お店の人に確認してもらって最も近いものを購入しました。

 これ、プッシュリベットともいうんですね。

 残念ながらトヨタ適合、2個入って250円でした。

 思ったよりお値段が高めですけど、私が欲しいのは3個だけなのでこれを2袋買いました。

 売られていた中の最後の2袋でしたよ。

 蓋になる部分の径がちょっと大きく、中の押しピン部分の形状も違いますが、上から見た形や色はピッタシ!

 P4290010
 スズキの車がトヨタ系の部品のお世話になってしまうのは残念ですが、場所的にはほとんど目立たなく表にも出てこない所なので、ここは黙って使わせていただくことになりました。

 袋の裏には「適合穴径φ6.5~7.0」「適合板厚2.5~3.5mm」とあり、はめ込む部分を見ても“まさにそれ!”というのがわかります。

P4290015 さっそく家に帰ってリベットをはめ込んでみたら本当にバッチリ!

 何の違和感もないですね。

 改めて言いますが周りはスズキ、リベットだけトヨタ系ですよ。

 今回は長さが短いタイプが欲しかったのでちょうど良かったですが、長いサイズのものは売られていなかったので、そっちが必要になったらまた考えなければいけないですね。

 これで問題の1つは解決しました。

 残るはあれとあれとそれです・・・。

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

誰もいない

 昨日の充実した単独行動の帰りに、すでに廃校になって使われていない我が母校の小学校を見てきました。

 校舎はそんなに変わった感じはないですが、昔あんなにきれいだったグラウンドが草ボーボー。

 スチール製の物置が隅の方に転がったまま・・・。

P4270004 
 児童が増えるから小学校を新設し、児童が減るからまた統合させて小規模小学校を別の場所に新設する・・・。

 こんなやり方でいいのかな・・・?

 将来、何らかの形で児童が増えだしたらまた新設ですか?

 そんなことよりもここはどうするんですか?

 使われないから潰して更地にするっていうのは許せませんけど、せっかく残っているんですから何かに使ってくれないのかな。

 映画の撮影でもいいし、広いグラウンドで大きなイベントでもやればいいと思うんですけどね。

 サーカスなんかどうですか。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

大事に乗る

 今日は休み。

 珍しく単独行動しました。

P4150039 最初は愛車カプチーノのトリムクリップ探し。

 ホームページにこれと似たようなものがあった某工具店に行って訊いてみましたが、このようなタイプは置いてないとのこと。

 画像で見たら形が似ていたんですけど・・・。

 でもあったとしても当然袋売り。

 私が欲しいのは3つだけですから買ったとしても無駄になるほうが多いのです。

 ばら売りしてくれるところがあればいいんですけどね。

 新品じゃなくても廃車になったカプチーノからタダでいただければいいんですけどね。

 まあどうするかは後で考えることにします。

P4270005 次にリアバンパーの塗装剥離の修理です。

 先日点検をやってもらった整備工場では全塗装で6万円ぐらいと聞いたので、部分修理で何とか安くできないかと思ってパソコンで調べて、一番近くにあるカーコンビニ倶楽部のお店に行ってきました。

 お店というより普通の整備工場ですね。

 そこの代表取締役のお父さんと話がすることができましたが、やっぱり完璧に仕上げるのだったら部分的より全塗装!

 しかし樹脂バンパーなので鉄板の塗装修理より難しいみたいだし、最低でも5万円以上はかかるそうです。

 これくらいだったらお金をかけて直すより“隠す”、つまり、とりあえずはステッカーなどを貼っておいて、さらに剥離が広がってもっと酷くなった後に全塗装することを提案されました。

 それもそうだなぁ・・・。

 部分的に直しても他の部分でまた剥離が出てくる可能性もありますからね。

 だからこれは“隠す”方向で進めていこうと思います。

 そして取締役お父さんとの話の流れで、塗装ブースにあったAE86を見せてくれました。

 そこにあったのは塗装済みのボディーワークのみ。

 内装や外装、エンジンなど、塗装に邪魔なものは一切付いてなかったです。

 お話しによると、あるお客様に全塗装を頼まれたけど「部品を全部外してくれたらやってあげる。」と言ったら、そのお客様は本当に自分で部品を全部ばらしたようで、2年後に再度お願いに来たようなのです。

 感動の話ではありませんか!

 そのお客様にとっては相当思い入れのある車なんですね。

 この工場でも全塗装するにあたり、スペアタイヤを入れるところのボディーがボロボロだったので板金で作り直して、スポット溶接でボディー全体の強度を増やしたそうですよ。

 私もこれくらい思い入れのある車にしたいですねぇ。

 考えが甘かったですよ。

 取締役のお父さんからのアドバイスとして、カプチーノ、しかも青空駐車している車はボディーの表面を強くして雨水などをはじくくらいにしておいて、汚れを中にしみこませないようにするのが大事とのことです。

 さらに劣化しやすいゴムパーツは部品があるうちに手元に置いておく、しかも日が当って痛まないように大事に保存しておくのがいいそうですよ。

 わかっちゃいるけど青空駐車のくせにそのままにしていたのが恥ずかしい!

 ガレージを造るのはたぶん無理なので少しずつでも何とかしていきたいですね。

 いやあ、そんなこんなで久しぶりに充実した1日でしたぁ!

 毎日こうだったらいいな。

 ステッカー、何を貼ろうかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

おかしいと思わない人たち

 今日はお堅い内容です。

 時差投稿してみます。

 今頃は夜勤ですよ・・・。

 日本政府の閣僚の靖国神社参拝に中国や韓国が反発したことについて安倍首相の言葉。

 「我が閣僚はどんな脅かしにも屈しない。」

 何でしょう、これ。

 安倍首相はこういう強気の言葉で別のところで日本国民を脅すんだな・・・と私は思いました。

 「海外からの批判に痛痒(つうよう)を感じず、おかしいと思わない方がおかしい。」

 ・・・・・とも言ったそうですが、安倍首相は“地震国に原発”“原爆を2個も落とされた国で原発推進”をおかしいと思わないのかな?

 一票の格差の問題もそうです。

 0増5減で最大1.998倍になることで「原則2倍未満」をクリアするのでヨシとしているようですが、たったこれだけで「ヨシ」と思うのはおかしいとは思わないのか?

 権力者の暴走を抑えて国民を守るのが憲法のはずなのに、その権力者が憲法を改正して自分たちの権力を強めようとしているのもそうですよね。

 「おかしいと思わない方がおかしい。」と言っている人たちの“すること”や“やろうとしていること”のほうがおかしいということに政府は気がつかないみたいです。

 まあ自分たちでやっているから気がつかないんでしょう。

 まったく気の毒な人たちですよね・・・。

 こういう人たちの仲間なんかに絶対なりたくないし支持もしたくありません。

 ところで「痛痒(つうよう)」って何でしょう?

 こういう難しい言葉を平気で使うのもおかしいし、自分は頭がいいと勘違いしてるんじゃないかな。

 痛痒・・・痛みとかゆみ。自分に関する利害

 これだったら「海外からの批判に痛みを感じず・・・」というのが普通ですよね。

 やっぱり変だな。

 

 

| | コメント (0)

写真を少し・・・

P4160021 これ、妻の話では森の石松だそうです。

 確か倒してもピョコンと起きる“起き上がり小法師(こぼし)”だったと思います。

 テレビの前にずーっと置いてあったのでカサカサになってしまい、顔の肌もむけてしまいました。

 妻と遠州森町へ行った覚えはあるんですが、妻がこれを買ったことは全く覚えがないですね。

P4180029 これは18日に撮った夕日です。

 我が家の西向きの窓から撮影しましたが、やっぱり電線が邪魔ですね。

 それさえなかったらもうちょっとマシな感じにはなったんじゃないかな。

 こういうのも電力会社独占の弊害でしょうかね。

 「電気さえ通せればいい!」という考えが日本の街を電線だらけにした・・・というのは思い込みすぎでしょうか。

 電線だけじゃなく電話線もあるはずですね。

 そういえば先ほどの森の石松人形。

 実はハゲを隠すためかつらをかぶっていたことが判明しました。



P4160023

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

咲いた、咲いた

 今日は朝は雨でしたが午後からは良い天気になりました。

 ということでせっかくの休み、妻と一緒に買い物ついでにドライブへ。

 でも行くあてがない。

 そこで「あっ!」と思い出して、以前行ったことのある磐田の「カフェ・キグス」へ行ってみました。

 昭和歌謡の流れる喫茶店ですが、今日は比較的最近の歌(?)で近藤真彦や尾崎豊などが流れていました。

 私はもうちょっと古いほうがよかったですね。

 でも今日も独り客が何人かいて、皆さん静かに読書されてました。

 また来てみたい!

 ところで、すっかり暖かくなったこともあり、種を蒔いてほったらかしにしていた植物の伸びが急に早くなり花も咲き始めました。

P4210040 こちらはパンジー。

 芽が寂しく出てきてから随分月日が経って何の変化もなく、もうダメかなと思っていたところようやく最近咲いたようです。

 種をパラパラッと蒔いた中で咲いたたった一輪の花、されど一輪の花。

 すでに咲いている苗を買ってきて植え替えるよりうれしいもんですねぇ。

 この一輪の花に続いて他も咲いてくれるかどうか見守っていきたいですね。

P4210039 こちらはあっという間にスーッと伸びていたカモミール。

 小さい花まで咲いてます。

 どの辺りまで伸びたら“カモミール”として使えるかは妻に任せていますが、もうそろそろかな。

 あるいはまだまだかな。

 花が咲くだけの植物もいいですが、やっぱり食べられるものが生る植物のほうが私にはいいみたいです。

 さあ、あと一週間の夜勤を我慢すれば5月連休だ。

 うれしいな。

 でも休日出勤が1日あるようだなぁ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

どうぞお二人で!

 1週間くらい前に、妻のお姉さんから「5月の連休の時に横浜中華街へ行こう。」とお誘いの電話が来たそうです。

 中華街といったら中華料理。

 中華料理といったら私は何といっても酢豚とエビチリ!

 これだけ食べられれば満足ですよ。

 妻と私、そしてお姉さん夫婦と子供3人。

 新幹線で行くのかな?

 ワンボックス1台で行くのかな?

 楽しみだな・・・と喜んでいたら、結局お姉さん家族はお姉さんしか行く人がいないみたいです。

 ということは“お姉さん”と“妹である妻”と“私”の3人。

 どうです、私、邪魔でしょう?

 男の私がいるとお姉さんは寄りたいお店も行きにくくなるだろうな。

 だから妻には「お姉さんと二人で行ってくれば?」と言っておきました。

 姉妹二人だけで旅行することなんか滅多にできないですからね。

 私は連休のどこかで旧東海道を歩きに行きますから。

 どうぞどうぞ、お二人で思いっきり羽根を伸ばしてきてください!

 でもお姉さんの空いている日が5月3日だけだそうで。

 その日は帰省&Uターンの2つのラッシュが重なる日みたいですね。

 大丈夫かな?

 

 

| | コメント (0)

やっと戻った!

 愛車カプチーノが戻ってきました。

 12ヶ月点検でいつものようにその日のうちに乗って帰れると思ったら6日もかかってしまいましたよ。

 長かったなあ。

 やっぱり低いなあ・・・あ、これは乗って帰る時の感想です。

 地面スレスレの運転シート、走っていて自分のお尻が擦ってるんじゃないかと思うくらいですよ。

 布団に仰向けに寝ている方が高いんじゃないか?

 でも10分くらい走ったら元の感覚に戻りました。

 さあ、車が帰ってきましたから、次はリアバンパーの塗装の剥離修理の番です。

 塗装してくれる店・工場を、早ければ日曜日、遅くても来週の土曜日までに探したいと思ってます。

 

 

 

 

| | コメント (0)

ふざけるな東電!

 福島第一原発で汚染水約600トンがどこかに消えてしまったそうですが、「計測機器の誤差の範囲内」だそうですよ。

 おいおい、600トンという量のどこが“誤差”なんだ?

 汚染水全体の約2%だそうですが、量が桁外れに多いじゃないか!

 600トンという莫大な量を「誤差の範囲内」と発表してしまう東京電力はどうかしてるんじゃないか?

 こんな無神経な会社とはね・・・。

 もーバカバカしいったらありゃしない!

 記事が掲載されていた夕刊を投げ飛ばしたくなりましたよ。

 本当に頭にきましたangry

 原発は絶対に反対だ!

| | コメント (2)

入院中

 私のカプチーノはまだ入院中です。

 早く戻してくれないと逆に乗りにくくなってしまいそうです。

 今の代車の旧スイフト、広い、高い、フワフワ、そしてオートマチック。

 我車のカプチーノ、狭い、低い、ガチガチ、そして5速マニュアル。

 「ありがとうございました~。」とお礼を言って整備工場から出る時が心配だなあ。

 でも早く乗りたいですよ。

 も~代車がつまらないったらありゃしない!

 

 

 

 

 

| | コメント (4)

いつも二人

 インターネットテレビのkinkin.tvで愛川欽也さんの「いつも二人」を観ました。

 これは愛川さんが作った映画で、「さよならモロッコ」「黄昏れて初恋」に続く第3作です。

 といっても公開が2008年4月。

 今回はkinkin.tvの中の“映画劇場”という番組での観賞でした。

 劇団キンキン塾の塾生が出演されていて、愛川さんは監督・脚本・主演、相手役は任漢香さんです。

 元ストリッパー(恵子)とそれに惚れ込んでマネージャーになった男(善三)との切ない恋物語です。

 この映画も愛川さんらしくやさしくて柔らかい映画だったと思います。

 西伊豆のとある居酒屋「恵子」が舞台で、映画では周りののどかな雰囲気がよく伝わってきます。

 板長、といっても一人だけの板前ですが、その愛川さんが魚を仕入れるために軽トラを運転する姿は、昔の「トラック野郎」シリーズを思わせてくれます。

 ハンチング帽での運転の時が特にそうでしたよ。

 この映画の盆踊りシーンでは、地元の人たちが総出演して盛り上げてくれたそうです。

 愛川さんはやぐらの上で軽快に太鼓を叩いています。

 この「いつも二人」は4月から放送していましたが、今日やっと全体通しで観れました。

 この1本前の作品「黄昏れて初恋」も早く観てみたい。

 番組のプレゼントでいただいた原作本は読みましたが、それが映画になるとどのように表現されているかが楽しみですからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

前スイフト

 昨日、我がカプチーノのお預けが決まった後になぜか代車が交換になりました。

 アルトからスイフトに変更です。

 スイフトと言っても現行車ではなくて、それ以前に「スイフト」と名乗っていた車ですよ。

P4130006 乗ってみると視線が高くて景色がいいですが、車体の揺れが気になります。

 そりゃあカプチーノと比べたら当たり前の話ですけど、それだけカプチーノの車高の低さや足回りのガッシリ感がどれだけのものかわかりますね。

 シートも大きく感じました。

 ヘッドレストもデカイ。

 私の大きな頭をすっぽりガードしてくれています。

 ステアリングも私にピッタリの握り心地。

P4130005 アルトもそうでしたがちょうど良い太さにちょうど良い凹凸。

 ただ位置が高くてぎこちない感じですね。

 背の低い女性ドライバーはさぞかし操作し難いと思います。

 エンジンの方はよくわかりませんが、1.3ℓだけあって静かに加速していきます。

 でもATだから全然おもしろくないっ!

 後方から見たスタイルもイマイチですね。

 緑色に塗装したら自衛隊車両にピッタリかもしれません。

 う~、早くカプチーノに乗りたい。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

お疲れの車

 今日は我がカプチーノの12ヶ月点検の日。

 しかし、いつものように“午前に出して夕方に戻ってくる”というお決まりのパターンがとうとう崩れてしまいました。

 左リアのブレーキキャリパーからオイル漏れが見つかったということです。

 実際に見せてもらったところ、ピストンのゴムの部分に小さな穴ができていて、そのゴムを押すと油がにじみ出てきました。

 ということで部品交換ができるまでお預けとなったわけです。

 まあ大事なブレーキ部分ですから待つしかないですね。

Pc220177 でも点検ついでにリアバンパーの塗装の剥離の補修のお値段を伺ったところ、こういうのは旧塗装面を一度剥がしてから再塗装するそうで、その金額が・・・・・、

 6まんえ~ん。(トーカ堂の北さん風で)

 う~ん、予想外に高いですね。

 もっと安く、部分的にできないものでしょうか?

 私は見た目がそんなに目立たないくらいでいいんですけどね。

 だからバンパー補修はもうちょっと考えてみたいと思います。

 専門工場を探してみようかな・・・。

 我がカプチーノ、中古で買って早7年。

 車自体は12~13年経っているのかな。

 いよいよあっちこっちガタが出てきた感じです・・・。

 でも乗り続けますぜ!

 

 

| | コメント (2)

寒い朝

 今日未明に夜勤から帰る時もそうでしたが、一眠りして起きた10時過ぎでもなんだか寒いですね。

 意外と外の方が暖かいかもしれませんが、部屋にいるとちょっと冷える感じです。

 こういう時に頭に浮かぶのが「寒い朝」の歌なのですよ。

 何の映画でしたっけ?

 浜田光夫さんと吉永小百合さんの・・・あれ?思い出せない。

 ちょっと調べます・・・。

 ・・・・・。

 ・・・・・。

 「いつでも夢を」でした!

 定時制高校から帰る時に歌ってました。

 それからというものの、この柔らかい、いかにも“日本的”なメロディが頭から離れないのですよ。

 notes北風の中に 聞こうよ春を~

 こういう詩を作れる作詞家って今いるか?

 本当に良い歌、良い詩です。

 大好きです。

 中古レコードがあったら欲しいですね。

 

 

| | コメント (0)

灼熱の椅子

 チャンネルNECOの映画「灼熱の椅子」です。

 主演は和田浩治さん、相手役に松原智恵子さん。

 この映画は殺し屋・和田さんの組仲間への裏切りの繰り返しでしたね。

 こんなに裏切りを繰り返すと誰も信じられなくなって気が狂いそうですけど。

 結局は恋する松原さんにも裏切られる形になって、本当に気が狂ったように仲間を撃ちまくって最期を迎えます。

 山内賢さんも出演されてましたが、和田さんに助けられた青年も最後は殺し屋のようになってました。

 ということは和田さんと同じ運命が待っているのでしょうか。

 お手伝いさん役の初井言榮さんは思いっきり怪しい雰囲気でしたね。

 怖さを感じるくらいの無表情が強烈だったです。

 

 

 

| | コメント (0)

帰ってきた狼

 チャンネルNECOの日活映画「帰ってきた狼」を観ました。

 神奈川の葉山、そこの開発によって昔の風景が失われることに反発する混血の青年に山内賢さん。

 あれ?

 山内さんは久しぶりかな。

 そして共演に日活映画初出演のジュディ・オングさん。

 この映画は山内さんのワイルドな面がたくさん見られました。

 ヨットに乗ったりケンカをしたり・・・と、何となく初期の「太陽の季節」と後期の「野良猫・・・」が合わさるとこんな感じかなと思いながら観てました。

 過去に傷害事件を起こした混血青年の山内さんがまた戻って来るところから始まりますが、何か事件が起きるとすぐに疑われてしまうという悲しい役でしたね。

 青春映画のさわやかさとは全く違って、どことなく暗い影が見え隠れする青年をうまく演じていたと思います。

 そして昔の仲間として出演されているのがケン・サンダースさん。

 私は若い時のこの方を見て「あ、ジョー山中さんだ。」とずーっと思ってました。

 そうです、この「帰ってきた狼」を観終わるまでですよ。

 藤岡弘さんの「小さなスナック」やザ・タイガースの映画にも出演されてましたね。

 何となく似た雰囲気はあると思いますが、今までそう思い込んでいたのが恥ずかしい・・・。

 ケンさん、そして亡くなられたジョーさんに謝りたいくらいです。

 ジュディ・オングさんの小悪魔的なところもちょっと憎たらしかったですよ。

 

 

 

| | コメント (0)

エコパ駐車場へ

 荒れた天気の中、エコパスタジアム駐車場での“2&4部品交換会”へ行ってきました。

 朝8時前に着きましたが、会場への入り口が封鎖されていました。

 帰ろうかと思ってしばらく待っていたら、ゲートが開いて売主たちの車が続々と中へ入っていったのでホッとしました。

 風はそんなに強くなかったですが雨が降ったり止んだり。

 傘を差したり閉じたり。

 売主さんはビニールカバーを掛けたり外したり。

 違う意味で慌しかったですね。

 でもやっぱり今日は少なかったな。

 だから私は今回は収穫なし。

 仮面ライダーの変身ベルトの腕時計がありましたが、お許しを得て箱を開けて見てみたらたいしたことがなかったので買いませんでした。

 古いプラモデルもありましたが塗装の色を揃えるのが面倒なのでヤメ。

 どうも最近はなんでも面倒くさくなってダメですね・・・。

 でもこういう会場でブラブラしていると、手ぶらで帰ることが悪いように思えて何か買って帰らなければいけないような気になりますね。

 私も帰りがけに「それ、本当に欲しいか?」というようなものを買いそうになりましたが我慢しました。

 でも来てよかった!

 次も行ってみたいです。

P4070015_01 フォルクス・ワーゲンのカルマンギアのようですね。

 あぁ、私もこれと同じくらいに大事に乗りたい!




P4070014_01

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

妻の勲章

 チャンネルNECOの“日活映画”ではない松竹映画「妻の勲章」を観ました。

 ホンダの創業者・本田宗一郎さんをモデルにした映画ということで楽しみにしていましたが、思っていたより期待はずれでしたね。

 学校へ通って勉強しなおしたり、湯たんぽをガソリンタンクに利用したなど、数ヶ所で本田さんの本当のエピソードが組み込まれていましたが、それ以外は全然違う。

 「本田さんはこんな男じゃない」でしたね。

 そんなに期待しないで観た映画が意外とおもしろかった・・・今回は完全にこれの逆でした。

 1959年の作品ですからホンダがまだ四輪を発売していないころですね。

 当然鈴鹿サーキットもありません。

 そんなわけで、私は本田さんを映画化するのが早すぎたんじゃないかなと思いました。

 でも妻を演じていた高千穂ひづるさんは和泉雅子さんの「東京ナイト」でナイトクラブのママさん役で出演されてましたね。

 宮本役の伊藤雄之助さんも独特な味を出していたと思います。

 榎木兵衛さんみたい。

 伊藤さんの名前は先ほど調べて初めて知ったんですけどね。

 でもこのお顔、確か映画の中で吉永小百合さんと高橋英樹さんが選挙の手伝いをする時の立候補者の人じゃなかったかな?

 ・・・調べたら「雨の中に消えて」、確かに出てましたね。

 あのギョロッとした目が印象に残っていますよ。

 映画自体は期待はずれでしたが、見た事がある俳優さんや女優さんを見つけられて少しは良かったかな。

 

 

 

| | コメント (0)

遥かなる走路

 引き続いてチャンネルNECOの日活・・・ではなくて、松竹映画の「遥かなる走路」を観ました。

 1980年の作品で、トヨタ自動車の豊田喜一郎さんの物語です。

 これは昔、30年くらい前に名古屋のテレビ局で放送したのを見た記憶がハッキリ残っています。

 この映画は自動車作りに情熱を燃やした喜一郎さんの苦労がよく表されていると思います。

 特に資金作りに苦労する様子はどの時代も一緒ですよね。

 助けてくれるような人脈作りが普段から必要だというのがよくわかります。

 喜一郎さんを演じるのは歌舞伎役者の松本幸四郎(当時は市川染五郎)さんです。

 今のトヨタの繁栄があるのはこの喜一郎さんのおかげですよね。

 私もトヨタ・カローラのハードトップ1500SEに乗っていたことがありますよ。

 喜一郎さんのお孫さんはこれくらいの苦労をしているのかな?

 

 

 

 

| | コメント (0)

大出世物語

 チャンネルNECOの日活映画「大出世物語」を観ました。

 吉永小百合さん、そしてデビューして間もない浜田光夫さんの出演です。

 でも今回はこのコンビ以上の“主演”があの小沢昭一さん!

 残念ながら亡くなられてしまいましたが、いつもは脇役が多くてもこの映画では優しいお父さん役。

 そのお父さんの仕事は印刷工場で出る紙くずを回収するという地味なもの。

 回収箱に紙くずが溜まるのを椅子に座ってジーッと待っている姿が印象的でした。

 このお父さんの娘役が吉永さん、印刷工場の社長の息子役が浜田さんです。

 吉永さんは浜田さんから誘われても「親の身分の違い」を理由にあまり乗り気になれないでいます。

 でも工場の資金繰りが危うくなった時に、小沢さんが株で儲けたお金をポンと提供したために社長に大抜擢されてしまいます。

 その時のポカ~ンと口を開けてピクリとも動かない小沢さんも良かったですねぇ。

 驚いて下手にワーワー騒ぐよりも、「何事が起こったんだ?」という驚きの表情がよく現れていました。

 これで吉永さん、浜田さんの親の立場が逆転した形になりましたが、最初の「親の身分の違い」を理由にしたセリフも、お互いが全く逆の立場になって最初と同じようなことを話していました。

 普通は親の立場が逆転した時点でおしまいになりそうですが、それで悲しむという感じは全くなく、二人の友情はそのまま変わらずだったので明るく観終わることができました。

 小沢さんと闇屋の女社長・渡辺美佐子さんとのやり取りも面白かったです。

 仲が悪かったのが徐々にお互いを認め合っていく流れが良かったですね。

 吉永さんと浜田さんが出ているだけの理由で観た映画でしたが、小沢さんの演技に惚れ込んでしまいましたよ。

 スルーしないでよかったなあ。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

長嶋さん◎、松井さん?

 長嶋茂雄さんと松井秀喜さんの国民栄誉賞が決定したようで。

 長嶋さんは選手時代のあの活躍からいえば受賞して当然だと思いますが、私は松井さんはどうかな・・・と思います。

 日米の両方のプロ野球で活躍はしたと思いますが、国民栄誉賞を受賞するにはもう1つ何かが足りないような気がします。

 その何かが何なのかはわからないですけどね。

 もしアメリカへ行かずに日本で、巨人でずっと続けていたら、本塁打も王選手の868本に近づいただろうし、それこそON(王・長嶋)に近い活躍をしたんじゃないかと思います。

 だから私はアメリカ大リーグに行ったのがすごく残念なのです。

 それはそうと、ニュースによっては長嶋さんのことを「ミスター・プロ野球と言われた。」と紹介しているものがありますが、長嶋さんが呼ばれていたのは「ミスター・ジャイアンツ」ではないですか?

 ファンとしてはそこのところをハッキリしてもらいたいっ!

 長嶋さんと松井さん(巨人)が受賞され、先日は元大横綱・大鵬さん。

 巨人、大鵬と来たので次は“卵焼き”?

 でも今回の国民栄誉賞で政府に好印象を持つなんて事はしませんよ。

 私は選挙の時は“勢い”や“人気”で投票なんてしませんから。

P4010019





 追伸

 長嶋さんのマネージャー的存在の小俣さんにも何か賞をあげてほしいな。

 今も長嶋さんのお手伝いをしてるのかな?

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »