« 上を向いて歩こう | トップページ | あばれ騎士道 »

応援しません

 今日(木曜日)の夕刊に、先日の暴風雪でお父さんが長女を抱きかかえるようにして亡くなったことに関して、その娘さんに励ましのメールや手紙が全国から届いているという記事がありました。

 その励ましの内容というのが、

 「父を誇りに思ってください」

 「日本全国が応援しています」

 「最高の父です。大切な娘さんを日本全国で守ります」

 ・・・なんだそうですよ。

 へそ曲がりの私はこういうのを見ていつも思うのですが、どうして美談方向に持っていこうとするんでしょうか。

 お父さんが亡くなってしまったのに、こういう励ましで娘さんが簡単に元気になれると思っているのですか。

 なぜ日本全国で応援しなければいけないのですか?

 本当に日本全国で守れますか?

 私だったら娘さんが自分で悲しみを乗り越えて元気になられるまでそっとしてあげたいです。

 だから今は応援も何もしません。

 困っている人に対しては確かに全国からの応援が必要な時もありますが、何でもかんでも応援すればいいというものでもないと思います。

 無関心を装うということではなくて、場合によってはあえて何もしないで見守ってあげるということも必要だと思いますよ。

 

 

 

 

 

|

« 上を向いて歩こう | トップページ | あばれ騎士道 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 上を向いて歩こう | トップページ | あばれ騎士道 »