« いつでも夢を | トップページ | 応援しません »

上を向いて歩こう

 今日は仕事中の午後2時過ぎから急にくしゃみ・鼻水・目のかゆみが酷くなりました。

 いよいよ本格的に来たようですので、皆様もお気をつけください。

 今日は昨日録画した日活映画「あばれ騎士道」を観る予定でしたが、昨日観た「いつでも夢を」の雰囲気を保つために予定を変更して、今日録画した「上を向いて歩こう」を観ました。

 なんだか“今日”と“昨日”がごちゃ混ぜになってしまいましたが・・・。

 「上を向いて歩こう」ですからもちろん坂本九さんが出演されてます。

 そして浜田光夫さん、吉永小百合さん、高橋英樹さん。

 でもなんだかいまひとつ理解できないままに観終わってしまいました。

 浜田さんと九ちゃんが仲間たちと一緒に少年鑑別所を集団脱走する場面から始まりましたが、ここですでに私の頭の中は「?」でしたね。

 この後も「あぁ、こういうことなんだ。」と思う間もないくらいに場面がどんどん展開していき、ついに追いつくことはできなかったです。

 さらに最後は皆で「上を向いて歩こう」を歌うシーンへ無理やりかつ強引に持っていった感じがしてしまいました。

 浜田さんと九ちゃん、そして吉永さんと高橋さん、最後はそれぞれ別に展開していたのが、なぜか急に皆で肩を組んで歌いだしたので、結局は最後まで「?」という映画でした。

 あの柳瀬志郎さんも後ろのほうで一緒に歌ってましたからね。

 わたしはこういう不思議な展開だったなら、以前観た「ひとりぼっちの二人だが」のほうがこの歌に合っていると思いました。

 でも、浜田さんと九ちゃんがペンキをかぶってグチャグチャになりながら殴りあった後にお互いを理解しあう場面はジーンと来ましたよ。

 九ちゃんが飛行機事故で亡くなった時には浜田さんはひどく悲しんだだろうな・・・と思ってしまったものですから。

 

 

 

 

 

|

« いつでも夢を | トップページ | 応援しません »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いつでも夢を | トップページ | 応援しません »