« ストリートビュー | トップページ | 酢ペー視ぁ »

銀幕の銀座

 昔は東京の銀座が出てくる映画が多かったですね。

 「銀座の恋の物語」「二人の銀座」・・・あれ?あまり思い浮かばないな。

 まあ私は映画名に“銀座”が付いていないとわかりませんが。

P2270065 私が最近読んだ「銀幕の銀座」(川本三郎著)には、戦前から戦後に銀座を舞台にした映画がたくさん紹介されています。

 まえがきによりますと、関東大震災のあとの帝都復興の中で、銀座がそれまでの浅草に変わって東京の中心になったそうです。

 モダン都市の中心ですね。

 驚いたのは昔は東西南北、4つの掘割に囲まれた「島」だったということ!

 今はほとんど埋め立てられて、その上を高速道路が走っています(よね?)。

 路面電車が走っていたのは知ってましたが、道路沿いに柳の木があったというのも知らなかったです。

 交通の邪魔になるから切られたというのがすごく残念でなりません。

 昔も今も銀座といえば和光の時計台。

 これは有名ですが、ビルの屋上の大きなネオンサインも昔はいくつもあって名物になっていたそうです。

 さて、この本の中にたくさん紹介されている映画の中で私が観たのは「二人の銀座」だけ。

 でも単なる映画紹介だけでなく、当時の時代背景や俳優・女優さんのことも書かれているので良かったです。

 当然、銀座っ子の和泉雅子さんのことも。

 「日活のかわいい青春スターだが、意外なことに、怒ったときの表情がきりっとしてよく・・・」

 「怒った顔がきれいだったから、鈴木清順監督のアクション映画でも光った。」

 やはりかわいい顔と怒った顔のギャップが良かったんでしょうね。

 この本で紹介された映画はほとんど知らなかったですが、「都会の横顔」はテレビで観たことがあるような気がします。

 昭和28年・東宝の作品で、サンドイッチマンの池部良さんが迷子になった女の子の母親を探すまでの物語ですが、どのチャンネルで観たのかは全く覚えてないです。

 “池部良さんのサンドイッチマン”だけハッキリ記憶にあるんですよ。

 もう1回観ればわかるんですけどね。

 でも戦後に見事に復興したのは良いことですけど、昔の面影を全てなくして新しくしてしまうのはどうかなと思います。

 汚れた川は埋め立てて塞いで道路にしてしまう、あるいは古いビルは全く新しいものに建て替えてしまう。

 日本はこういうのがヘタクソですね。

 汚れたらきれいにする、昔とそっくりに建て替える・・・などしてくれたら良かったのに。

 東日本大震災の復興でも同じことだと思います。

 

 

 

 

 

|

« ストリートビュー | トップページ | 酢ペー視ぁ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

今日ようやくフジ系「知りたがり」が放映されました和泉雅子さんがでましたけど
ほんの少しでした

さすが銀座生まれの和泉さん昔の銀座よく知ってました川本さんも関心してました

鈴木清順監督は和泉雅子さんが代のお気に入りときいてます

「二人の銀座」に太地喜和子さんが出演してるそうです

投稿: きなこ | 2013年2月28日 (木) 22時24分

きなこさんへ。

見ました!
シネパトス紹介の中のひとつだったんですね。
和泉さんは10秒くらいしか映ってなかったですが、楽しい会場の雰囲気が伝わってきました。
確かに映画館辺りを歩いた時に「不思議な歩道の造りだな・・・。」とは思いましたが、まさにそこが川だったなんて知らなかったですよ。
もう1度行ってみたいですね。

投稿: まさたみ | 2013年3月 1日 (金) 11時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ストリートビュー | トップページ | 酢ペー視ぁ »