« また手料理を | トップページ | 東京騎士隊 »

関東刑務所帰り

 私が帰ってきたわけではありませんよ。

 チャンネルNECOの日活映画「関東刑務所帰り」を観たのです。

 高橋英樹さん主演の仁侠映画です。

 今まで任侠っぽい映画はいくつか観ましたが、これは100パーセント“任侠”でしたね。

 高橋さんも前回の「牡丹と竜」より凄みが増して完全に“桃太郎侍”顔になってました。

 「ひと~つ。ふた~つ。」と数え歌も出ました。

 やっぱりこういう映画は力が入ってしまうので、娯楽映画としては私は敬遠します。

 できることなら遠慮したいですね。

 今後も観ることは観るでしょうが、今回のような純粋な仁侠映画は録画保存なしでいきたいと思います。

 でも相手を斬りまくる和田浩治さんはかっこよかったですよ。

 刑事役の高品格さんもヤクザの高橋さんの逸(はや)る気を抑える役として渋かったです。

 こういう仁侠映画、他の映画会社も似たような話が多かったんでしょうね。

 ヤクザの世界で生きていこうとする若者をその組の親分さんの娘が止めようとする、あるいは、足を洗おうとしていた男が他の組への敵討ちのために結局はまた戻ってくる・・・、似た内容でも好きな人はたまらないんだろうな。

 何回も観たんだろうな。

 でも私はやっぱり任侠物は出演者によります。

 これも高橋さんが出ていたから観たようなものでして・・・。

 おっと、日活の仁侠映画のほとんどに高橋さんが出ているんじゃなかろうか。

 困りましたねぇ。

 

|

« また手料理を | トップページ | 東京騎士隊 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« また手料理を | トップページ | 東京騎士隊 »