« 雨の中に消えて | トップページ | ミフネと裕次郎 »

光る海

 今日も日本映画専門チャンネルで日活映画「光る海」を観ました。

 吉永さん、浜田さん、十朱さん、山内さん、和田さん、そして和泉雅子さんなどが出ていました。

 さらに高峰三枝子さんや田中絹代さんも。

 和泉さんはまたまた明るい妹役でしたね。

 この映画も石坂洋次郎さんの原作で、その新聞小説を映画化したようです。

 それを意識して観たわけではないのですが、難しい言葉の連続のようなセリフが多くてちょっとなじめなかったですね。

 哲学的な会話・言葉といいましょうか、普段絶対使わないような単語の組み合わせのセリフが多かった気がしました。

 文学作品らしいといえばそうなんでしょうけど。

 今まで文学作品の映画もいくつか観ていますが、今回はなぜか気になってしまいました。

 この映画は女優さんたちが中心で、そこに浜田さんが絡んでくるという感じでしたね。

 他の男性陣、山内さんや和田さんなどは脇役でした。

 第二の石原裕次郎などと言われ小僧シリーズなどで主役を演じた和田さんが出番が少ない完全な脇役になっている、映画を観ながら「厳しい世界だな・・・。」と思ってしまいました。

 日活ヤング&フレッシュの元メンバー(?)杉山俊夫さんが歌うシーンがありましたがキザッぽく歌うところが良かったですね。

 確か「七人の挑戦者」でもバンドボーイ役で歌っているシーンがあった気がしますが、私はえらく気に入っているのです。

 この映画も録画しながら観てましたが、途中で地震情報の字幕が入ってしまったので録りなおそうかなあ・・・。

 でもその後にDVDにダビングして保存しようか迷ってしまう映画でしたね。

 次はチャンネルNECOの「零戦黒雲一家」を観る予定です。

 裕次郎さんと浜田さんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 雨の中に消えて | トップページ | ミフネと裕次郎 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

オールスターみたいな映画になると
主役はやっぱり吉永小百合さんだけど
よく観ると和泉雅子さんが光ってる
なんかのびのび演技してる

この頃の日活映画は石坂洋次郎さんの原作が
ピッタリあったのかも

吉永小百合さんどんな役やっても
吉永小百合さんしか見えない

投稿: きなこ | 2012年11月25日 (日) 21時59分

きなこさんへ。

和泉さんは“新しい時代の若者”という感じでしょうか。
自由奔放に元気に生きている、それが行き過ぎてお姉さん(吉永さんなど)に怒られる・・・。
こんなパターンが多いみたいですね。
映画の役でそのまま大人になったのが今の和泉さんかな。

最近私は図書館で石原裕次郎さん関連の本を借りて読んでます。
読むのがなくなったら石坂さんの作品でも読んでみようかなと今さっき思いましたが、はたしてどうなりますか。

投稿: まさたみ | 2012年11月25日 (日) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨の中に消えて | トップページ | ミフネと裕次郎 »