« 光る海 | トップページ | 液晶テレビ修理 »

ミフネと裕次郎

 お昼に角煮ラーメンを食べに行きましたが、最近だんだんと食べるのが辛くなってきました。

 デッカイ角煮がさらに大きく見えてしまいます。

 “角煮半分”というメニューがあればうれしいな。

Pb250011 ところで、今日は図書館で「黒部の太陽 ミフネと裕次郎」を借りてきました。

 小説ではなくて、監督自らがこの映画についての全貌を明かすという内容です。

 映画製作から公開までの様子が詳しく書かれているようです。

 最後にはシナリオも載っています。

 これから読んでみますが、間違いなく読み応えのある本だと思います。

 ひょっとしたらまた映画を観たくなっちゃうかもしれないですね。

 来年発売予定のDVDも買いたくなる・・・いやいや、それは我慢します!

 

 

 

 

|

« 光る海 | トップページ | 液晶テレビ修理 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

そちらの図書館は映画に関する本かなり揃ってるんですねうらやましいですね
「映画秘宝」とゆう映画雑誌しってますか
日活100年の企画で12月号は松原智恵子さん
2月号が和泉雅子さん
川地民夫さん浜田光夫さんも日活のことを
映画評論家さんと対談した話が載ってるみたいです
川地さん浜田さんは何号かわからないですが
11月号か10月号かな

投稿: きなこ | 2012年11月26日 (月) 21時55分

きなこさんへ。

数年前の合併ブームで浜松市はかなり広範囲になり、それに伴って市の図書館の数も増えたためだと思います。

「映画秘宝」は全く知りませんでした。
検索して確認しましたが、パッと見たら妖しい雑誌と間違えそうですね・・・。

投稿: まさたみ | 2012年11月27日 (火) 04時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 光る海 | トップページ | 液晶テレビ修理 »