« 腹減ったぁ~ | トップページ | お~っ! »

「黒部の太陽」

 映画「黒部の太陽」を観に行きました。

 いつものテレビではないですよ!

 「裕次郎の夢~全国縦断チャリティー上映会」の浜松公演としてシネマe~ra(イーラ)で上映されたものです。

 石原裕次郎さんの「映画は映画館で観てもらいたい。」という思いが受け継がれて、この「黒部の太陽」と「栄光への5000キロ」の“完全版”は映画館でしか観られないようです。

 その貴重な映画をやっと観ることができました。

 やはり迫力がありましたね。

 岩盤が崩れて大量の水が襲ってくるあの有名な場面も凄かったです。

 なんたって撮影中の実際の事故ですからね。

 3時間20分くらいの長編大作ですが途中で休憩も入りました。

 スクリーンに字幕で“休憩”とか“第二部”とも出たので、1968年の公開当時も休憩があったようです。

 三船敏郎も久しぶりに拝見できました。

 三船さんをこんなに長時間見れたのは私は初めてだと思います。

 素人の私でも、この映画は映画好きの映画人皆さんで必死に作った映画だというのを体で感じることができた気がします。

Pb180001_2 私がジーンときた場面は、「一時休憩する!」という指示で作業員皆がその場を離れましたが、裕次郎さん一人が作業場に残り岩盤に穴を開けていたら向こう側に貫通、その時の裕次郎さんの喜びの顔がなんともいえなかったです!

 本当に貴重な映画を観れて良かった!

 なんですか、2013年に初めてDVDで発売されるそうですが私は絶対買いません。

 テレビで放送しても観ません。

 微力ですが裕次郎さんの意思は継ぎたいと思いますから。

 ちょっとカッコよすぎますか・・・。

 

 

 

 

 

|

« 腹減ったぁ~ | トップページ | お~っ! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

 映画「黒部の太陽」を作る企画から
裕次郎さんだいぶ苦労されたと聞いてます
お兄さんの慎太郎さんの協力を得て完成したと聞いてます
その映画がヒットしてその苦労がみのってよかったですよね

投稿: きなこ | 2012年11月19日 (月) 21時25分

きなこさんへ。

三船プロと映画を作ることを決めてから確か3年くらいかかったんですよね。
当時は当然CGなんかなくて全部セットですから、それを考えるとかなり大規模な映画ですね。
本当に観れて良かったです。
少しは裕次郎さんに近づけたような気がします。

投稿: まさたみ | 2012年11月20日 (火) 19時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 腹減ったぁ~ | トップページ | お~っ! »