« 駅弁 | トップページ | Sprint CUP »

日活テレビ映画

 録画してあったチャンネルNECOの「愛妻くん」「志都という女」「犬と麻ちゃん」を昨日観ました。

 1960年代に日活がテレビ用に製作した映画だそうで、その第1話のみの放送です。

 ところでそもそも“映画”ってなんでしょう?

 それを考えると眠れなくなるので止めておきます。

 この3作品、テレビ用なので30分または1時間という長さですが、当然のように日活の俳優さん、女優さんが多く出演されています。

 私は今回は「志都という女」が断然良かったです。

 芦川さんがきれいでした~。

 「愛妻くん」の時とは雰囲気が全く違ってましたね。

 でも2話以降にどのように進展していくのかが気になってしまいました。

 「犬と麻ちゃん」の和泉雅子さんは“現在”の雰囲気に近かったです。

 “日活の和泉さん”が“北極の和泉さん”に変化していく前の第一歩といいましょうか、そんな感じがしました。

 「愛妻くん」にはあの天坊準(未だに読み方がわからない・・・)さんや小高雄二さんが出演されてましたし、「志都という女」の主題歌は「東京ナイト」に出演の徳永芽里さんが歌われてましたね。

 「あ~、あの時のあの方が出演してる。」

 こういう発見も意外と楽しめるなあと思いました。

 

 

 

 

 

|

« 駅弁 | トップページ | Sprint CUP »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

私は「愛妻くん」の芦川いづみさんがいいですね
活発なところがすきですね

「犬と麻ちゃん」和泉さんと千夏さんのコンビが面白いです
一話だけはもったいないです
続きがみたいです
リクエストしなければと思ってます

投稿: きなこ | 2012年10月16日 (火) 21時56分

きなこさんへ。

やはり好みは人それぞれですね。
私は「霧笛が俺を呼んでいる」で最後のほうで赤木さんを見送る時の芦川さんのイメージが強烈に残っているのです。
よく映画の名場面で出てくるシーンですが、「こんなきれいな人がいるんだ・・・。」と思ったものです。

今回の第一話ドラマはやはり続きを見たいですね。
民放のように同じ時間帯に続けて放送してくれればうれしいのですが。

投稿: まさたみ | 2012年10月17日 (水) 11時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 駅弁 | トップページ | Sprint CUP »