« 愛と死の記録 | トップページ | OPENcafe2012 »

美しい十代

 もう何作目かわからないくらい、今日もチャンネルNECOにお世話になりました。

 日活映画「美しい十代」です。

 おなじみの浜田光夫さんと、本作品がデビュー作である西尾三枝子さん、そして初々しい三田明さんが出演されてました。

 今回も浜田さんはヤクザになりきれないチンピラの役。

 チンピラでありながら、普通の娘との恋もあるけど親分の命令にも逆らえない複雑な役が多いですね。

 青春スターの運命と言いましょうか、浜田さんに“完全な悪役”は合わないというのも改めて感じました。

 西尾さんは最近知ったのですが良かったですよ。

 デビュー作らしく、どこにでもいるような普通の娘の役がピッタリだったと思います。

 この後にどんな作品に出演されたのかも興味深いです。

 三田さんも眩しいくらいに初々しかったですねえ。

 「美しい十代」を歌う感じとは全く違うようで、少年というよりも子供っぽさがまだ残っていると思いました。

 この映画は浜田さんが出演ということで観ただけでしたが、期待が薄かった分、かえって満足感が多かった内容でしたよ。

 そうそう、浜田さんと同じチンピラの役の人はあの「キューポラのある街」で吉永さんの弟を演じていた人でしたね。

 お~、成長したなあ・・・と思いました。

 刑事役の宇野重吉さんもやさしさがにじみ出ていました。

 今まで何作も観てきましたが、カラーよりも白黒映画のほうが当時の様子を深いところまで映し出している気がします。

 うまく表現できませんね。

 観ればわかっていただけると思いますが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 愛と死の記録 | トップページ | OPENcafe2012 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 愛と死の記録 | トップページ | OPENcafe2012 »