« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

疲れた・・・

 昨日の夜勤は5時に始まって5時20分に終わりました。

 あ、この間に12時間を足してください。

 つまり午後5時から翌朝の午前5時20分だったのです。

 疲れました・・・。

 キリのいいところまでやっていたらこんなことになってしまいました。

 途中で目が痛くなって涙が出てきて大変でした。

 帰宅しても「まずは寝る。とにかく寝る!」で風呂にも入らず、歯を磨いただけ布団に直行。

 こういう昼夜逆転の生活リズムが命を少しずつ縮めるんだなあ。

 今日は早く帰りたいです。

 

 

| | コメント (0)

キンキン

 毎週楽しんで見ているインターネットテレビ“kinkin.tv”でおなじみの愛川欽也さんの事が「健康365」という雑誌で紹介されているということで、先日妻に買ってきてもらいました。

 でも買ってきてくれたのに「キンキン載ってなかったよ。」の一言。

 載ってないのに買ってきてもらっても困るなあ・・・と思ったら、そこに紹介されていたのが私が大好きな仮面ライダーの藤岡弘さん。

 何とか無駄にならなくてすみました。

 調べてみたら、妻が買ってきたのは1つ前に発売されたものらしいです。

 改めて本屋さんを回って探すかバックナンバーを注文するかして、なんとしてもキンキンの記事を読んでみたいなあ。

Pa300010

 

| | コメント (0)

石鹸

 昨晩の「横須賀街道ちっちゃな文化展」では石鹸を買いましたとさ。

 妻がお気に入りのアート手ごねせっけんです。

Pa280005_01 確か自然素材の手作り。

 昨年も買って使ったのですが、思った以上に長い日数もちますよ。

 どこかのショッピングモールで売られている強烈な匂いの石鹸よりこちらのほうが断然いいです。

昨年もこんな感想だったかな。

| | コメント (0)

文化展

Pa270004 遠州横須賀街道ちっちゃな文化展。

 初めて夜に行ってきました。

 やっぱり街道の雰囲気が昼間と違います。

 お客さんも少なくて街が静かでした。

 作品や古い民家がさりげなくライトアップされている感じで良かったですね。

 すりガラスが室内の電球で照らされてた雰囲気も良かったです。

 でもちょっと寒かった。

 鼻がグズッとしました。

 来年は夕暮れをまたぐ時間に見に行きたいです。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

本物はどれだ!

 1ヶ月以上前に種を蒔いたパンジー。

 そして先日蒔いたカモミールとスノードロップ(球根)。

 スノードロップはさすがにまだ芽を出していませんが、パンジーとカモミールは芽を出しています。

 でも草花を全く知らない私は、どれが本物の芽なのかわからんとです。

 同じような姿・形でたくさん出ているのが本物でしょうが、小さすぎたりしてよくわからんでごわす。

Pa260023 これがパンジー。

 

 

 

 そして・・・、

Pa260025 これがカモミールです。

 とにかくクローバーみたいな芽は違うのはわかります。

 こんな素人の私でもわかります。

 適当に抜いたらそれは実は本物の芽だったらイヤですね。

 だからもう少し様子を見ようと思っています。

 

 

 

 

| | コメント (0)

まだ半袖

 今朝はさすがに半袖作業服では寒かったです。

 日の出時間前、出勤のため玄関を出たら「ブルッ」と来ましたから。

 車で走っている途中で「長袖を取りに家に戻ろうか・・・。」とも思いましたが、そのままの勢いで会社まで行ってしまいました。

 でも昼間はそんなに寒さは感じなかったですね。

 明日(25日)の朝の最低気温は今日よりちょっとだけ高いみたいなので、また半袖で頑張りたいと思います。

 来週は夜勤なので長袖にしようかな。

 そんなことを言ってますが、今年もあと2ヶ月と少し・・・早いなあ。

 

 

 

| | コメント (2)

どこにすればいいのか

 今度の選挙、まあいつになるかわかりませんが、いったい誰に、どの党に投票すればいいんでしょうか。

 最近の新聞を・・・もー、考えるだけでバカバカしくなってきます。

 “緑の党”みたいなのが出てきてくれればうれしいんですけど。

 とにかく今の国会議員には投票したくないですね。

 選挙は行きますけど、今だったら白紙投票しちゃいますよ。

 

 

| | コメント (0)

臭いTシャツ

 今日は作業服の下に着ていったTシャツの臭いが1日中気になってしまいました。

 汗臭いとかじゃなくて、なんて言えばいいんだろう・・・クリーニングに出して大事にしまっておいたお気に入りの服の匂いじゃなくて、半ばどうでもいいシャツを1年ぶりに出した時のあの臭いです。

 わかります?

 パラゾールみたいな防虫剤の臭いじゃありませんよ。

 埃っぽいような臭い・・・。

 匂いじゃなくて臭いです。

 家を出る時からその臭いがしていたので帰宅して妻に訊いたら、この前買ったばかりの新しいTシャツのようでして。

 そういえばMEGAドン・キホーテで妻がカゴに入れたなあ。

 ということはたぶんMEGAドンキで長いこと倉庫に寝かせてあったのを売ってたんだろうな。

 ワインは寝かせておけばいい味になるようですが、Tシャツは寝かしてもいい匂いにはならないみたいですね。

 さあ、その埃臭いTシャツ、とりあえずは洗濯してみます。

 それでも臭いが取れなかったら私は知りません。

 申し訳ありませんが皆さんのほうで我慢してください。

 

 

 

 

| | コメント (0)

ショック・・・

 昨日はCDラジカセと、もうひとつ、先日買った眼鏡を受け取りに行ってきました。

 フレームの候補が3つありまして、その中のひとつを選んでレンズを組んでもらいました。

Pa200008 私は極度の近視(+乱視+色弱)なので、レンズは当然一番薄いものをお願いしてありましたが、出来上がりを見たら今までよりかなり厚くなっててショック・・・。

 受け取りを拒否しようかと思ったくらいでした。

 フレームもそんなに大きくなっていないはずなのに。

 前回買った別の店、というより今までの店は薄いレンズといったらガラスでしたが、今回も薄いレンズについて訊いたらなぜかプラスチックレンズ。

 この時点で「?」と思ったんだよな。

 このフレームだったらレンズの厚さはどれくらいになるかなど、もっと詳しく訊けばよかったな。

 こうなるからやっぱり安いといわれているお店はちょっとした何かが抜けてしまうんだよな。

 これは私個人の思いですからね。

 普通の近視だったらこういうことはありませんよ。

 次回購入する時、10年後くらいかな、その時は詳しく訊いてから購入したいです。

 できれば今回と同じ眼鏡店で再挑戦を。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

軽い!

 ついにCDラジカセを購入しました。

Pa200004 SONY・CFD-E501です。

 シルバーです。

 コンパクトにまとまっています。

 持ってビックリ!すごく軽いです。

 他にも何種類かある中で妻がこれを選びました。

 この上のクラスになると、なんとかというメモリーカードやUSBを差し込むところがあるんですが、我が家には、いいや、わが夫婦にはそんなものは必要ありません。

 CD、カセットテープ、ラジオが聴けさえすればいいんですよ。

 早速聴いてみましたが、思ったより音がいいですね。

 ただ床に置くと音が床に這(は)いつくばって出ていく感じがするので、テーブルなどの上に置いて聴くほうがいいみたいです。

 聴き終わったCDを取る時もちょっと掴(つか)み難い気がしました。

 さあ、最低10年は持ちこたえてほしいな。

 CDラジカセ、正式品名はCDラジオカセットコーダーなんですね。

 レコーダーの“レ”はどこ行ったんでしょう?

 

 

| | コメント (2)

CDラジカセを・・・

 我が家のCDダブルラジカセ。

 CDからカセットテープにダビングしようとしてもうまくいかなくなりました。

 だって私のカプチーノには、まだ純正のカセットデッキが付いているのですよ。

 だから好みの曲を聴きたい時は、カセットテープにダビングしなきゃいけないのですよ。

 それにこのCDダブルラジカセ、昔のですからとにかく大きいし重い。

 もうテープからテープへのダビングなんかやらないし、この際新しいのを買おうかと思ってます。

 ダブルカセットじゃなくて単なるCDラジカセ。

 どれにしようか・・・いろいろ検討しているところです。

 でも店頭で決めることになるでしょうね。

 持った感じは大事だと思いますから。

 お勧めのものがあったら教えてください。

 

 

 

| | コメント (0)

Sprint CUP

 ソフトバンクがアメリカ携帯電話のスプリント・ネクステルの買収を発表したそうですが、今NASCAR(ストックカーレース)は“スプリント・カップシリーズ”となってます。

 まさか“ソフトバンク・カップ”にはならないでしょうね。

 なったらなんだかイヤだな。

Nascarlogo 確かに日本のトヨタ・カムリも参戦してますが、NASCARは永遠にアメリカの物であってほしいです。

 でもこれをきっかけに再び日本でレースをやってくれたらそりゃあうれしいですよ。

 その時にはぜひ世界の王貞治さんに「ジェントルメン!スタート ユア エンジンズ!」のコールをしてもらいたい!

 まあどちらにしても孫さんにうまくやってほしいなあ。

 

 

| | コメント (0)

日活テレビ映画

 録画してあったチャンネルNECOの「愛妻くん」「志都という女」「犬と麻ちゃん」を昨日観ました。

 1960年代に日活がテレビ用に製作した映画だそうで、その第1話のみの放送です。

 ところでそもそも“映画”ってなんでしょう?

 それを考えると眠れなくなるので止めておきます。

 この3作品、テレビ用なので30分または1時間という長さですが、当然のように日活の俳優さん、女優さんが多く出演されています。

 私は今回は「志都という女」が断然良かったです。

 芦川さんがきれいでした~。

 「愛妻くん」の時とは雰囲気が全く違ってましたね。

 でも2話以降にどのように進展していくのかが気になってしまいました。

 「犬と麻ちゃん」の和泉雅子さんは“現在”の雰囲気に近かったです。

 “日活の和泉さん”が“北極の和泉さん”に変化していく前の第一歩といいましょうか、そんな感じがしました。

 「愛妻くん」にはあの天坊準(未だに読み方がわからない・・・)さんや小高雄二さんが出演されてましたし、「志都という女」の主題歌は「東京ナイト」に出演の徳永芽里さんが歌われてましたね。

 「あ~、あの時のあの方が出演してる。」

 こういう発見も意外と楽しめるなあと思いました。

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

駅弁

 今日の昼ごはん。

 時間がずれてしまったこともあって、スーパーの駅弁フェアでおやつのつもりで「いかめし」を買ってきました。

Pa140006 売られている駅弁の中で、箱が一番小さかったからです。

 “おやつ”としてですからそれっくらいがちょうどいいかな・・・と。

 これは駅弁の中でも有名なほうですよね。

 作っている工場の様子もテレビで見たことがあります。

 蓋を開けてみると2杯の・・・というより2個のイカが無造作に転がってました。

 下に何も敷いてないんですね。

 でも中身がパンパン!

Pa140009 小さい割には食べ応えがありました。

 これをローカル線の電車の中で食べたらもっと美味いんだろうな。

 浜松で北海道の駅弁を食べたので、北海道に行ったらどこかの駅弁フェアでうなぎ弁当を買って食べるのもおもしろい・・・でもないか。

 そういえば、このイカたちのゲソ(足)はどこへ行ったんでしょうね?

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

やってしまった・・・

 仕事中に眼鏡を落として、片側のレンズを割ってしまいました。

 恐れていたことが起きてしまいました~。

 最近は細かいところは眼鏡を外して近くで見ないとダメなのですよ。

 今日はその時に落としてしまったのです。

 強度の近視なので眼鏡なしでは全然ダメ。

 残業を早めに切り上げて帰るまでの1時間ほどは、残ったレンズ側の目だけ開けて作業しました。

 帰りの車の運転もやりにくかったなあ。

 幸いなことに、使わなくなった眼鏡を捨てずに残していたので明日の仕事はそれで我慢して、日曜日に眼鏡屋へ行ってこようと思います。

Pa120002 コンタクトレンズにすればこんな事はないんですけど、私は眼鏡でいきますよ~。

 

 

 

 

| | コメント (0)

日活映画コレクション

 NASCARに始まり、スイス関連の番組、巨人軍の昔の試合、更に最近はチャンネルNECOの日活映画のダビングで、50枚1セットで買ったDVD-Rをとうとう使い切ってしまいました。

 そこで暇つぶしに、今までダビングして保存した日活映画を並べてみました。

 陽のあたる坂道(1958年4月上映)
 竜巻小僧(1960年11月)
 七人の挑戦者(1961年7月)
 嵐を突っ切るジェット機(1961年11月)
 キューポラのある街(1962年4月)
 太陽と星(1962年7月)
 ひとりぼっちの二人だが(1962年11月)
 泥だらけの純情(1963年2月)
 男の紋章(1963年7月)
 悪太郎(1963年9月)
 泥だらけのいのち(1963年12月)
 成熟する季節(1964年1月)
 美しい十代(1964年2月)
 落葉の炎(1965年4月)
 青春のお通り(1965年7月)
 悪太郎伝 悪い星の下でも(1965年8月)
 青春ア・ゴーゴー(1966年3月)
 青春のお通り 愛して泣いて突っ走れ!(1966年4月)
 涙くんさよなら(1966年7月)
 絶唱(1966年9月)
 愛と死の記録(1966年9月)
 おゆきさん(1966年12月)
 二人の銀座(1967年2月)
 夕陽が泣いている(1967年5月)
 東京ナイト(1967年10月)
 花の恋人たち(1968年1月)
 花ひらく娘たち(1969年1月)
 涙の季節(1969年3月)

 観ただけでダビングしなかった映画もあるし、最近観たばかりでまだハードディスクに残っている映画もあります。

 他にも懸賞で当たったDVDが「伊豆の踊り子」「愛と死をみつめて」「青い山脈」「あゝひめゆりの塔」の4作品。

 それらを含む全ての中で、最も心に響いたのはやっぱり「愛と死をみつめて」。

 いいなあと思った歌は「泥だらけのいのち」の中の“泥人形の歌”ですね。

 映画の中で久保菜穂子さんや山内賢さんが歌っていますが、どことなく悲しさを感じるのがいいんですよ。

 でもこう並べてみると、「花の恋人たち」と「花ひらく娘たち」の区別がつかないなあ・・・。

 確か3人姉妹の結婚話が出てくるのが「花ひらく~」だったかな。

 だとしたら「花の~」はなんだったっけ?

 もう忘れてしまいました。

 映画の出だしを観ると「あ~、これかぁ!」と思うんですけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (4)

花・草そして土

 久しぶりの有給休暇の今日、プランターに植える球根・種を妻と買ってきました。

 スノードロップ(球根)とカモミール(種)。

 スノーは私で、カモは妻がそれぞれ選択。

 でも見ごろを迎えるまで半年以上も待たなければいけないみたいですね。

 そうかといって苗を買ってくるのもつまらないですから、一から育てるほうを選びました。

 我慢します。

 水もしっかり与えます。

Pa100017 犬がいる手前がスノードロップ、真ん中がカモミール、奥はほったらかしのプランターです。

 そこにも何か植えたいと思います。

 できれば食べれるやつを。

 でも土を触るっていうのはいいですね。

 今の仕事を辞めてこっち関係に移りたい・・・。

 

 

| | コメント (0)

戦前以来?

Pa080004_01 昨日雑貨店へ行く時に浜松の街中を通りましたが、松菱百貨店があった所は更地になってました。

 こうなってしまうと何かあっけないですね。 

 でもこの土地が更地になったのは松菱が建つ前以来ってこと?

 調べたところ、着工が1936年(昭和11)だそうなのでそれ以来ですね。

 私が子供のころあれだけ賑やかだった場所が今はこれです。

 次にこうなるのはどこかなぁ?

 

 

| | コメント (0)

和風雑貨購入

 「渥美ござ屋」で籠を購入しました。

 私じゃなく妻ですが。

 浜松市中区鍛治町にあったのを鴨江に移転したそうで、しばらく前にぶらぶらした時に妻が見つけましたが、雑貨店を紹介した冊子にも出ていたので行ってみたくなったようです。

 旧店舗には私も一緒に行ったことがありますよ。

 以前のにぎやかな場所と違って現在は静かな元旅館街の一画にあり、普通の家を一部改装して造ったようなお店となってます。

 実はここへ来る前に東名浜松西インターの先にあるメルヘンチックな建物の雑貨屋へ行きましたが、商品はそんなに和風ではなかったので私が半ば強制的に引き返してきました。

 山の中の店なのに人や車の多さに冷めてしまったこともありますね。

 こちらは開店直後だったので店舗の前の1台分の小さな駐車スペースに車を停めることができました。

 店に入ったら1匹の犬がお出迎え。

 吼えなかったし、尻尾を振りながら寄ってきたのでかわいかったですよ。

Pa080011_01_2 購入した籠がこれ。

 普通に売られている安い籠より目がかなり詰まってますね。 

 詳しくない私が言うのもなんですが丈夫そうな籠だと思います。

 お値段もそんなに高くなかったみたい。

 他にはろうそくも買ったようです。

 妻は整理するための籠をよく購入するので、家の中には籠がいくつもあります。

 まあ私もありきたりのカラーボックスみたいな物よりこういうほうが好きなので悪くはないですね。

 もし「渥美ござ屋」へ車で行かれるのでしたら、周囲は見通しの悪い細い道が多いので十分気をつけてください。

 運転に自信のない方はバスで近くまで来てからの徒歩をお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

OPENcafe2012

 軽オープンカー・カプチーノの全国規模ミーティング・・・

 「OPEN cafe」。

 今年も“参加”じゃなくて“見学”してきました。

 会場の浜名湖ガーデンパークは思った以上に暑かったです。

 今回も参加数百台(?)のうち完全ノーマル車は1%もなかったでしょうね。

 必ずどこかをいじってある車ばかりでした。

Pa070001_01 ブラッと見物した中で「いいなあ。」と思ったのがこれ。

 岐阜からのご参加の方のようで、外装、塗装ががきれいでしたよ。

 やっぱり錆(さび)や汚れがあると汚くみえますからね。

 私のカプチーノはリアガーニッシュ(リアガラスの下)の色ハゲがかなり目立つし、バンパーも一部塗装が浮いてしまっているので、こういう車を見習ってきれいにしなければ。

 そういえばこの南側の駐車場ではここ数年は三菱GTOが集まってましたが、今年はダイハツ・エッセがいましたよ。

 おばさん御用達の安価車だと思っていたけど、かっこよくドレスアップした車が多かったです。

 今調べたら「ESSE FESTA 2012」だそうです。

 

 

| | コメント (2)

美しい十代

 もう何作目かわからないくらい、今日もチャンネルNECOにお世話になりました。

 日活映画「美しい十代」です。

 おなじみの浜田光夫さんと、本作品がデビュー作である西尾三枝子さん、そして初々しい三田明さんが出演されてました。

 今回も浜田さんはヤクザになりきれないチンピラの役。

 チンピラでありながら、普通の娘との恋もあるけど親分の命令にも逆らえない複雑な役が多いですね。

 青春スターの運命と言いましょうか、浜田さんに“完全な悪役”は合わないというのも改めて感じました。

 西尾さんは最近知ったのですが良かったですよ。

 デビュー作らしく、どこにでもいるような普通の娘の役がピッタリだったと思います。

 この後にどんな作品に出演されたのかも興味深いです。

 三田さんも眩しいくらいに初々しかったですねえ。

 「美しい十代」を歌う感じとは全く違うようで、少年というよりも子供っぽさがまだ残っていると思いました。

 この映画は浜田さんが出演ということで観ただけでしたが、期待が薄かった分、かえって満足感が多かった内容でしたよ。

 そうそう、浜田さんと同じチンピラの役の人はあの「キューポラのある街」で吉永さんの弟を演じていた人でしたね。

 お~、成長したなあ・・・と思いました。

 刑事役の宇野重吉さんもやさしさがにじみ出ていました。

 今まで何作も観てきましたが、カラーよりも白黒映画のほうが当時の様子を深いところまで映し出している気がします。

 うまく表現できませんね。

 観ればわかっていただけると思いますが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

愛と死の記録

 チャンネルNECOの日活映画「愛と死の記録」を観ました。

 この映画のテーマは“原爆症”です。

 広島に落とされた原子爆弾の後遺症が20年後に再発してしまう青年を渡哲也さんが演じ、その恋人が吉永小百合さん。

 今回はこの映画を観ていて不安になりました。

 当時は原爆ですが、今は原発。

 昨年の東日本大震災であふれ出た放射能の影響が20年後に出るかもしれないんですよ。

 歴史は繰り返す・・・とよく言いますが、こんなことを繰り返して、しかも戦争の敵国によってではなくて自国の放射能によって繰り返してしまうなんて酷い話だと思います。

 この映画、渡さんの青年が原爆症で亡くなった後は吉永さん演じる恋人が明るく生きていこうとするシーンのところで「終わりだ・・・。」と思ったら、最後に自殺してしまう・・・。

 これは予想外の衝撃的なシーンでした。

 今は入ることのできない(ですよね?)原爆ドームの中での場面もあり、公開当時、つまり戦後20年とはいってもつい最近のことのように思えました。

 本来の青年役は浜田光夫さんでしたが、目の大怪我によって渡さんに急遽変更になったそうでこの映画はそんなに期待してなかったですが、それが逆に渡さんの迫真の演技に強い印象を与えてくれたように感じました。

 もし浜田さんのままだったら「愛と死をみつめて」の続編的な映画になってしまったかもしれないですね。

 こういう映画は好んで観たいとは思わないんですが、見た後に心の中にズシ~ンと来るものがありますね。

 とにかくこの映画を観た感想は、「こんな歴史は繰り返しちゃイカン!」に尽きます!

 今朝録画した「美しい十代」は明日観ますよ~。

 

 

 

 

| | コメント (0)

デレク・ジーター

 ニューヨーク・ヤンキースが地区優勝を決めましたね。

 ヤンキースの攻撃中に他球場で試合中の2位のオリオールズが負けたために決まりました。

 その瞬間はベンチにいる選手達はハイタッチなどで優勝を喜び合ってましたが、このジーターがニコリともせずに試合中のグランドに目をやっていたのが凄く印象的でした。

 「こういう姿がプロなんだなあ・・・。」と感激しましたよ。

 イチローはというとランナーとして2塁ベース上にいたので特に表情は変えていませんでした。

 しかしアメリカ大リーグは公式戦がピタッと終わりますね。

 日本もドームが多いんだし、ダブルヘッダーを増やして強制的に同時期に公式戦を終了させればいいのに。

 クライマックスや日本シリーズまでの日程が空きすぎてダメですよ、日本のプロ野球は!

 

| | コメント (0)

半袖?う~ん・・・

 脅迫持ってます・・・変換が違う!・・・今日は曇ってます。

 少し肌寒いですね。

 今週は夜勤ですが、こういう時には作業服を長袖にするか、あるいはまだ半袖で行くかで悩みます。

 半袖で最初はちょっと寒くても、仕事で動いていれば平気になってくるんですが、これを失敗すると鼻ズルズル、くしゃみ多発になってしまいます。

 とりあえず今週は半袖で行こうかな。

 来週の昼間も最初は半袖にして、「あれ?」と思ったら次の日から長袖にしようと思います。

 でも長袖って気温がちょっと高いだけでもイヤになるんだよなあ・・・。

 半袖・長袖を両方持っていくという手もありますが、ここは勝負するとしましょう。

 

 

 

| | コメント (0)

年賀状はいかがでしょう

 今日、ポストの中に年賀状注文のお知らせが入ってました。

 まだ10月になったばかりですが、もう来年の元旦を考える時期に入ったんですねぇ。

 今日も家の中ではまだ半袖Tシャツなのに・・・。

 まさか半袖姿で汗を拭きながら年賀状を作ることにはならないでしょうね。

 さて、今度の日曜日には浜名湖ガーデンパークで軽のオープンカー“カプチーノ”がたくさん集まる「オープンカフェ」が開催されます。

 参加はしていませんが毎年見に行っているので今回も楽しみです。

 天気が悪くなりませんように。

 

 

| | コメント (0)

停電

 昨年のあの台風(2011年9月21日)に続いて、昨夜もまた停電。

 夜7時からのNHKニュースを見始めてすぐでした。

 どうすることもできないので、あずきバーをかじり、入浴の後に布団に入ったのが夜9時前。

 深夜0時に目が覚めましたがまだ真っ暗。

 明け方3時過ぎに再び目が覚めた時は街灯が点いていたのでブレーカーを“ON”にしました。

 そして今朝。

 窓ガラスが汚かったですねぇ。

 ベランダの物干し竿には塩が付いてました!

 窓ガラスは手の届くところは全部拭き掃除し、洗車もサッとしておきました。

 強風で家が揺れた台風は凄かったですが、昨年の同時期の台風を「10」とすると「8」くらいだったような気がします。

 でもやっぱり変じゃないですか、最近の気象は。

 まさか地震や津波が来る前に異常気象で避難することになるのでは・・・。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »