« はじけるんだ 青春が! | トップページ | 扇風機タイマー »

泥だらけの純情

 いつものチャンネルNECOで「泥だらけの純情」を見ました。

 浜田光夫さんと吉永小百合さんが演じている1963年の映画です。

 和泉雅子さんが出ているのは知りませんでした。

 この映画は悲しいストーリー、涙が出てしまうような物語のようです。

 でも私は違いました。

 確かに2人は最後に自殺してしまうのですが、「本当に自殺したのか?」と疑いを持てるラストシーンだったからです。

 この映画を見るまでは、最後はヤクザの仲間や警察に追い詰められてその場で自殺してしまうかと思っていました。

 でも雪国で2人で楽しく雪だるまを作ったり雪をぶつけ合ったりして、バタッと倒れた時に毒薬の入った瓶が雪の上に落ちるのですが、2人が映るのはそこまで。

 映画の最後には浜田さんの「不器用だなあ,俺って。」というような声のみで終わります。

 ということは、雪の中で発見されたのが本当にこの2人なのか?

 「不器用だな~。」というのは、死のうと思ったが不器用なため死ぬことができなかった意味かも・・・・。

 こんな感じで、何か希望を残したまま終わったような気がしました。

 葬式のシーンもあったので確かに自殺したのでしょうけど、二人がまだどこかで生きているようにしか思えなかったです。

 そんな不思議な映画でした。

 それにしても今回も浜田さん、若い!

 二十歳くらいですね。

 失礼かもしれませんが、「ひとりぼっちの二人だが」と同じように、ヤクザになりきれない若者の役がピッタリのような気がしました。

 浜田さんらしいおもしろいシーンもありましたよ。

 吉永さん演じるお嬢様が夜の動物の番組を見ているというのをヤクザの浜田さんが聞き、どこかの居酒屋みたいな店に入った時、テレビのお笑い番組を見て大笑いしている客の前で堂々とその動物番組のチャンネルに変えてしまう場面です。

 キョトンとしている客をにらみつけるところなんかが浜田さんらしかったですね。

 今回も日活青春映画を思う存分楽しませていただきました。

 次回は小林旭さんの「嵐を突っ切るジェット機」を見るつもりです。

 というのも、先日見た予告の時に凧が映りまして、それが浜松祭りで揚げるの凧のようだったので。

 ということは航空自衛隊浜松基地が関係するかな・・・。

 ということは昔の浜松市が映るかな?

 

 

 

|

« はじけるんだ 青春が! | トップページ | 扇風機タイマー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

アパートの場面浜田さんと吉永さんがナゾナゾをする所
あのナゾナゾ和泉さんが考えたんですよ
監督に頼まれてあの当時ナゾナゾ流行って
和泉さんが凝ってスタッフ共演者にしてたそうです
吉永さんは監督さんのこと怖いって
でも和泉さんは怖くなかったそうです
アメリカ製の大きな動く、歩くお人形さんを買ってもらったそうです
お人形買ってくれないとお仕事しないって
当時二万円したそうです

落葉の炎もトラックに引かれるシーンがないからもしかして軽く済んだかもしれないし
山内賢さんがすんでの所で助けたかもしれない

日本映画って最後ハッピーエンドが少ないですね

銀座シネパトスそうですね来年で閉めるんですね
今年も銀座シネパトスで和泉さんのトークショーが11月ににあるのでいきます
これで最後ですさみし~いです

投稿: きなこ | 2012年7月29日 (日) 12時26分

きなこさんへ。

アパートのなぞなぞ、“ツモロー”だけわかりませんでした。
映画のラストシーンって実際の場面そのものが出てこないとあれこれ想像することができるので、悲しい映画でも少しは明るい気分で終われるかなと思います。
ほんの少しですけど。

借りた「映画に憑かれて」の本、こんなにぶ厚いとは思いませんでした。
文字も小さいので、和泉雅子さんのところまでなかなかたどり着けませんね。

映画の中の浜田さんの最後の声、「不器用」と「俺」の順序が違ったので訂正しておきました。

投稿: まさたみ | 2012年7月29日 (日) 12時57分

ナゾナゾで「明日ふるもの」ツモロー
ツモローは英語でゆうと明日とゆう意味です
雪が明日ツモローとだと思うのですが

「映画に憑かれて」分厚く文字も小さいですけどこれ読んで「非行少女」映画観るとあのシーンかとわかりやすいとおもいます
読んでると面白いです
確か和泉さんフイルム自分のを持ってるはずです

「日活1954-1971映像を創造する侍たち」
1954年~71年の全映画上映の記録が載って
いますそれとスタッフ俳優さんのコメントが
載ってます

投稿: きなこ | 2012年7月29日 (日) 16時23分

きなこさんへ。

私は「ツモロー」ではなくて普通に「トゥモロー」がどの日本語に絡むのかなあと、映画を見ながら難しく考えてしまいました。
答えを聞くと浜田さんと同じ「な~んだ、そうか!」という感じでしたよ。
でも子供のころはこういうなぞなぞで楽しんでましたよね。

投稿: まさたみ | 2012年7月29日 (日) 18時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« はじけるんだ 青春が! | トップページ | 扇風機タイマー »