« 東京旅行 | トップページ | 日活特別番組 »

東京旅行・その2

 前作(?)の続きです。

 同じ13日の金曜日。

 銀座の三州屋での夕食後、今盛り上がっている国会前の脱原発デモの様子を見に行きました。

 テレビで見た様子と違って、明らかに警察官、警察車両の数が多い!

 さらに参加者が歩道から出られないように、また他へ移動しにくいようにガードされてました。

 だってすぐ先の横断歩道も渡れないんですから。

 「こりゃ、明らかに規制が厳しくなったな。」と当然思いました。

 私たちは最初は議員会館前へ行き、トイレのため近くの駅へ戻ったついでに、流れに沿って他の場所へも行ってきました。

 着いた先が国会議事堂前。

 ここも反対側の歩道へも行けません。

P7130124 さらにここの歩道の先を左に曲がることもできないようになっていました。

 しかし人数も明らかに多いせいか盛り上がり方が違います。

 ドラムを叩いている音も聞こえます。

 ここも相変わらず警察官の規制が厳しいです。

 群衆から出て逆方向へ歩こうとするだけでも「どこへ行かれますか?」なんて聞いています。

P7130132 周りを見るとあらゆる世代の方々がいました。

 年配の方から子供、さらに外国人の方もいましたよ。

 規制や移動が厳しい今回、私たちは狭い歩道で叫ぶだけです。

 「原発反対!」

 「再稼動反対!」

 「原発いらな~い!」

 「子供を守れ!」

 「大人が守れ!」

 「道を開けろ!」もありました。

P7130135 結局、「ちょっとだけ参加してみよう。」のつもりが夜6時から8時までの2時間全部参加してしまいました。

 とにかく勢いがすごかったのを感じましたね。

 このデモが本当に効果があるかはわかりませんが、参加中に国会議事堂を目にすると「お前ら、国民のために何もやってないだろうが!」と思えて頭にきました。

 こういう本物のデモは初めてですが、参加できただけでも何か貢献できたかなと思えました。

 久しぶりに声を出して叫んだのでおなかも少し空きました。

P7130139 ホテルの前のコンビニで食べ物を買って部屋に戻り、シャワーで汗を流してやっとゆっくりしました。

 夜食をつまんだ後、寝るころになってお腹がもたれました。

 ちょっと食べるのが遅かったかなと思いましたが、スーッと眠れました。

 が、夜中に目が覚めたら「うっ」「あれっ?」

 吐き気と下痢に襲われたのですよ。

 それからというもののトイレとベッドの往復。

 吐くのは何とかこらえましたが、出るほうがほぼ水状態(汚くてごめんなさい)!

 ビーフジャーキーは食べなかったので、ひょっとしたらサンドイッチかキウイのどちらかであたってしまったのか?

 翌朝目が覚めても力が入らず、当然朝食バイキングへ行く気も起こらず。

 当然どこかを散策する気も起こらず。

 結局は薬局で正露丸を買って、飲んで、そのまま新幹線で帰ってきました。

 帰宅してからすぐ布団の中へ。

 熱も一時は38度4分を記録。

 寝汗でパジャマも4回くらい替えました。

 翌日となった今日(日曜日)は何とか元に戻ったようです。

 旅行1日目がかなり充実していただけに、この落ち込みはかなりショックでしたよ。

 でも明日からは夜勤なのでいつもより多く休めるのがラッキーでした。

 こうなりゃ再び銀座に旅行に行ってやり直すしかないでしょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 東京旅行 | トップページ | 日活特別番組 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

おかえりなさい。
大変な東京旅行でしたね。

デモもきっと効果があると思いますよ。
投票とかではなく、直接的な意思表示ですから、
これで何も思わない行政だったら、やはり何もできない行政ということなんでしょうね。
それが解っただけでもきっとやる意味はあると思います。
私は早いとこ、解散して選挙やればいいのにと思います。
だからと言って投票する政党が決まってるって訳ではないんですが・・・。

投稿: MD | 2012年7月15日 (日) 23時51分

MDさんへ。

本当に落ち込みました・・・。
でも1日目が良かっただけでもマシだったかなと思います。

デモはやっぱり勢いを生で、肌で感じられましたね。
国がやっていることはおかしいという現われだと思いました。
私も投票する党が見つかりませんが、投票所へは絶対行きますよ。
“白紙投票”というのがありますからね。

投稿: まさたみ | 2012年7月16日 (月) 14時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京旅行 | トップページ | 日活特別番組 »