« 30005kwh | トップページ | でっかい! »

映画監督・浦山桐郎

 昨日「映画に憑かれて 浦山桐郎」の本をやっと読み終えました。

 1985年に54歳で亡くなられている浦山桐郎(うらやまきりお)さんの関係者のインタビューをズラッと載せた本なんですが、ぶ厚い、しかも字が小さい。

 そのため読んでも読んでもなかなか前に進まず苦労しました。 

 私はこの方を知らなかったのですが、亡くなる前の写真を見ると、テレビか何かで見たことがあるような気がしてきました。

 浦山さんは日活の映画監督をされていた方で、「キューポラのある街」「非行少女」などが代表作です。

 皆さんのインタビューを読んでみると、ほぼ“酒”と“ケンカ”しか出てきてないですね。

 映画監督としては異才、奇才というんでしょうか。

 現在では、いや、昔でも考えられないような話しが満載なのですが、インタビューを受けた皆さんの話しが同じような内容なので、読んでいる途中で飽きてしまいそうになりました。

 浦山監督としての映画の本数は驚くほど少なく、日活を出てから撮った映画の評判がそんなに良くない、つまり浦山さんらしくない映画が続いたそうですね。

 日活の作品では他に「私が棄てた女」がありますが、この3本はぜひ見たくなりました。

 「憑かれて」、これ何と読むかなかなか理解できなかったのですが「つかれて」なんですね。

 “狐の霊がつく”などに使う“憑く”だそうですよ。

 監督の名前も何回も“桐山”と間違えてしまいます。

 とにかく本を読み終えた感想は、

 今こんな凄い映画監督はいない!・・・の一言でした。

 

 

 

 

 

|

« 30005kwh | トップページ | でっかい! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした
「私が棄てた女」最後二階から主人公が落ちるんですけどちょうと残酷かなあって
女優さんには厳しいなんか映画観てても
様子がわかるような
河原崎さんの役小林旭さんがもしやってたら
どんな感じになってたかなあ
私も名前間違えます桐山さんか浦山さんか
映画作りが好きなんでしょうね
そのためなら何を言われようが自分の思った
ような映画を作りたいんでしょうね
日活映画三作品しか観てないですけど
観てるとぐいぐい引き込まれてしまいます

投稿: きなこ | 2012年7月31日 (火) 22時32分

きなこさんへ。

小林トシ江さんですね。
全く知らない女優さんですが私も映画を見てみたいです。

浦山監督は「キューポラ・・・」も「非行少女」も本当は別の人でやりたかったそうですね。
撮影前・公開前にボツになった映画がいくつかあるのも気の毒です。
“日活100周年”での全国順次上映映画の中に「非行少女」がありましたね。
浜松でやってほしいですけど・・・。

“カツ江”じゃなくて“トシ江”でしたね。
修正しておきました。

投稿: まさたみ | 2012年8月 1日 (水) 04時24分

小林トシ江さんですが
多分顔みたらこの人見たことあると
思うかもしれませんね
昔ですけどドラマとか時代劇に脇役で出てた
ようなきがします
小林トシ江さんともう一人良く似た女優さんが
いるのですけどその人とよく見間違えるんです

和泉雅子さんも「非行少女」やりたくなかった
そうです
映画で吸っているタバコの中身はお薬だそうですスタッフからタバコの吸う練習をさせられるそうです嫌で逃げてたそうです

余談ですけど黒澤明監督の「椿三十郎」の映画
の団令子さんがやった役五社協定がなかったら
和泉さんがやられたかもしれません
黒澤明監督から会いたいって電報が届いたそうです

投稿: きなこ | 2012年8月 1日 (水) 21時37分

きなこさんへ。

トシ江さんの顔写真見ましたがイマイチわかりませんでした。

「非行少女」のタバコの件、映画紹介でパッと画面に出た時に「あれ?タバコ吸ってる!」と思いました。
でも薬といっても普通に煙を吐いてますね。
変な薬じゃないんでしょうけど・・・。

投稿: まさたみ | 2012年8月 2日 (木) 11時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 30005kwh | トップページ | でっかい! »