« 中島みゆき | トップページ | ひとりぼっちの二人だが »

花の恋人たち

 チャンネルNECOの日活映画「花の恋人たち」を見ました。

 お目当ての和泉雅子さんを久しぶりに拝見しましたが、やはりお嬢様風の他の共演者とはちょっと違う、明るい江戸っ子の雰囲気が感じられました。

 さらにカラー映像で、しかも山本陽子さんや十朱幸代さんなど私も知っている女優さんを見たりすると、急に時代が新しくなったように思えました。

 今回の吉永小百合さんも仲間の中で一人だけ特別な感じでしたが、最後は病床の母親をめぐって固い友情で結ばれるという話でした。

 ラストシーンで仲間が東京へ帰る時に吉永さんと浜田さんが駅のホームに残ってましたが、この2人が残っているということは・・・と考えるとキリがないのでやめておきましょう。

 この映画は戦前に公開された映画のリメーク版だそうですね。

 しかもリメーク2作目のようです。

 「青い山脈」や「愛と死をみつめて」なども何回も公開されてますが、当時の公開だったら私は大丈夫だと思います。

 今の何だかわからない若手の女優・俳優でリメークされても全く見る気がしません!

 今回は山本陽子さんの弟役で舟木一夫さんが出てましたが、歌声が渋いこともあってどうしても弟には見えなかったですね。

 山内賢さんはいつもの雰囲気が出ていて良かったですよ。

 ・・・・・おーっと、すっかり忘れてた金星通過!

 お昼に慌てて日食グラスで見ましたがなんだかわかりませんでした・・・。

 

 

 

 

 

 

 

|

« 中島みゆき | トップページ | ひとりぼっちの二人だが »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

オールスター出演になると和泉雅子さん
ちょっと三枚目的な役柄になりますね
よく似合ってますね

映画のリメーク版戦前だれが出演したのですか

そういえば「北国の街」もリメーク版だそうですね

山内賢さんは三枚目も面白いとゆうか

うまいですね

中島みゆきさん一度は「夜会」のコンサートと
 
行ってみたいです

投稿: きなこ | 2012年6月 6日 (水) 21時36分

きなこさんへ。

パソコンで検索しました。
1作目が1939年・東宝「女の教室」で3部作、出演は千葉早智子さん、竹久智恵子さん、原節子さんなどです。
2作目が1959年・大映「女の教室」で野添ひとみさんなどです。
原さんと野添さんは私もわかりますが他の方は・・・?。

中島みゆきさんの「夜会」というのはお芝居でして、その中に歌が何曲か入っているのです。
今回はコンサートなので歌だけですね。
私はどちらでもいいんですけど、妻はどちらもいいみたいですよ。
私の「~でも」と妻の「~も」の違いだけですけどね。


投稿: まさたみ | 2012年6月 7日 (木) 04時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中島みゆき | トップページ | ひとりぼっちの二人だが »