« 加味帰脾湯 | トップページ | 日曜礼拝 »

結婚記念

 毎年恒例の結婚記念豪華食事のため昨日「やま文」へ行ってきました。

 お世話になっているこの料理店は本当に落ち着けて静かに食事をいただけます。

 いつも個室を使っているということもありますが、ゆっくりじっくりと和食を味わうことができます。

P6230021 いろいろある会席料理の中から今年は“魚づくし料理”にしました。

 “刺身の盛り合わせ”からこんなに豪華。

 盛り合わせというとほとんどは船盛りでしょうが、器に有田焼を使っているこのお店ではこのようになり、食材や味の他に食器も楽しめます。

 特に器好きの妻の目が輝きますよ。

 “焼き物”ででてきたのは初めて聞く名前の蓮子鯛(れんこだい)。

 普通の鯛より一回り小さく、たい焼きより一回り大きかったです。

 牛ハンバーグ、これは料理種類に関係なく毎回出てくるようです。

 周囲に添えられていた筍が小粒ながら美味しいかったです。

 出汁がしみこんでいて柔らかかったですね。

 不思議なことにハンバーグの下に敷かれていた(?)大根おろしが甘かった!

 カボチャがあったからかもしれませんが全く辛くなかったです。

 “煮物”のタコもいつもと同じ、柔らかくて美味しい。

P6230037 あさり土鍋ご飯のあさりもうっすら味が付いていて、噛めば噛むほど味がじわ~っと染み出てきました。

 想像ですが、あさりにはあらかじめ煮るなどして味をつけておいて、それを米と一緒に炊いているんでしょうね。

 最初は普通に食べ、次に鰹節をパラパラッと入れて出汁が出たお茶漬けにして食べるのですが、生姜の風味がこれまた良かったです。

P6230050 デザートのプリンも濃厚、隣の器の中身はナタデココですが不思議な歯応えですよ。

 
 
 もー、とにかく全ての料理をゆっくり食べ、じっくり味わうことができました。

 今回の私のお気に入りはハンバーグに添えられていた小さな筍です。

 出汁の風味が本当に良かったです。

 刺身盛り合わせの柚胡椒味噌も好きですねぇ。

 というわけで今回も大満足でした。

 1年に1回の記念行事、来年もやりますよ!

P6230062_2 そうそう、結婚記念ということでビールでの乾杯の後に宮城の酒“一の蔵”をいただいたので飲んでみましたが、やっぱり私は酒場放浪記の吉田類さんになれないし近づくこともできないというのを改めて感じました。

 刺身と日本酒、相性バッチリのはずなんですけどね。

 飲み物ではやっぱりウーロン茶が一番美味しかったです・・・。

 もうひとつ、部屋のテーブルに置いてある「今回のお献立」の紙をいつも記念に持ってくるのですが、去年の紙を見て妻が一言・・・。

 「この前も魚づくしだったよ。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 加味帰脾湯 | トップページ | 日曜礼拝 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

来年の結婚記念日には豪華食事に
ちょっとした演出なんかどうですか
豪華食事いいですがムードが大事ですよ
普段言えない感謝の言葉を奥様に
多分言ってると思いますが
ごめんなさい生意気なことを書いて
おめでとうございます

投稿: きなこ | 2012年6月24日 (日) 21時11分

結婚記念日、おめでとうございます。
記念日を奥様と二人で祝えるってすごく素敵なことですね。

ウチなんか今年の結婚記念日、二人とも忘れてましたよ!

「そういえばこの間、結婚記念日だったな!」

「そういえば、そうだったわね。」

これだけでした。(泣)

投稿: MD | 2012年6月24日 (日) 21時54分

きなこさんへ。

演出ですか。
全く頭に入れてなかったですね。
でも普段から感謝の気持ちは言葉に出していっているつもりなのですが・・・。
でも次回まで1年ありますから頭の中に入れておいて、近くなったら何か考えたいと思います。

投稿: まさたみ | 2012年6月25日 (月) 15時07分

MDさんへ。

ありがとうございます。
妻とも話したのですが、小さな子供がいるご家庭はたぶん結婚記念日どころじゃないと思いました。
我が家は私と妻でお互いのことだけを考えればいいので、たぶん結婚記念日は忘れることはないと思います。
でも私は結婚する前の、妻と初めて会ったのがいつだったか、旅行したのがいつだったかは全く覚えてなく、そちらは妻のほうがはっきり覚えているようです。
だからそっち関係の記念日だったら私は完全に降参ですね。

投稿: まさたみ | 2012年6月25日 (月) 15時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 加味帰脾湯 | トップページ | 日曜礼拝 »