« 伊良湖岬へ | トップページ | 東京ナイト »

涙くんさよなら

 映画「涙くんさよなら」を見ました。

 いつも目当てにしている和泉雅子さんは出てませんが。

 チャンネルNECOで朝6時からの放送でしたが私はちょっと遅刻、つまり遅く起きたので追っかけ再生です。

 この映画も最初の予想と違いました。

 歌を歌っているジョニー・ティロットソンとジュディ・オングを中心にした物語だと思ってましたが、ジョニーさんは物語とはそんなに関係なかったですね。

 来日と帰国のそれぞれの飛行機の中で偶然ジュリー(ジュディさん)と会っただけ。

 あとは日本のテレビへの出演シーンでした。

 そういえば、「チビのジュリー」の歌もこの映画のジュリーのことを歌っているんですね!

 今回印象に残ったのはにこやかなジュディ・オングさんと対象的な太田雅子(梶芽衣子)さんでした。

 京都までの旅の間の、相手(ジュリー)を疑っているというような眉間にしわを寄せている表情です。

 だから逆に最後のほうで柱の影で泣いているシーンがすごく良かったですね。

 今日はこの「涙くんさよなら」、そして明日からも「東京ナイト」「夕陽が泣いている」「青春・ア・ゴーゴー」と続きます。

 私はとにかく「青春・ア・ゴーゴー」が楽しみでしょうがないのです。

 ところで今回の映画の中で、車に乗って「もうすぐ浜松だ!鰻でも食べよう。」と言って大きな橋を渡っているシーンがありましたが、実際に渡っていたのはたぶん富士川に架かる橋だと思います。

 旧東海道を歩いて富士川を渡った時の周囲の風景がこんな感じでしたから。

 違ってたらごめんなさい。

 

 

 

 

|

« 伊良湖岬へ | トップページ | 東京ナイト »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伊良湖岬へ | トップページ | 東京ナイト »