« 無事帰宅 | トップページ | 倉敷と備中高梁の旅・その2 »

倉敷と備中高梁の旅・その1

 15日早朝6時前に家を出て、10時40分くらいにはもう倉敷に着いてしまいました。

 早い、新幹線“のぞみ”はさすがに早い!と思いました。

 早速、美観地区へ。

P2150033  寒い、雨が冷たい・・・で我慢の連続でした。

 でも車が入ってこなくて静かなので、のんびり散策できました。

 昼食はこの美観地区の北、本町通りにある「大正亭」で郷土料理を。

 その後にも付近を散策、妻の希望で「大原美術館」へも行きました。

 夕食は宿泊したホテルの地下にある和食店へ。

 ここでも地元の魚料理をメインに食べました。

P2150062 しゃこのお造り! 

 回転寿司で茹でたしゃこしか食べたことがなかったのでどんな感じか興味津々でしたが、これがぷりぷりで美味しかったです。

 妻のお気に入りはタコ。

 いつも食べているタコの歯応えとは違い、噛んでいるとなんとなく甘みを感じるようでしたよ。

 吸盤のところはコリコリとぷりぷりが合わさったような不思議な食感でした。

P2150068  夕食後はバーへ。

 旅番組で紹介されたことがある店で、ぜひ行ってみたいと思っていたんです。

 場所を言われても通り過ぎてしまうようなところにあるお店です。

 マスターとも楽しくお話ができました。

 「浜松から来ました。」と言ったらすごく驚かれました。

 でも後でカウンターの下に折り畳み傘を置き忘れたことに気がつきました・・・。

 たいした傘ではないのでそのままでもいいんですが、取りに行くのを理由にしてまた行ってみたいと思ってます。

 しかも数年後じゃなくて、できれば今年の夏休みにでも・・・。

 つづく。

 

 

   

 

 

 

 

|

« 無事帰宅 | トップページ | 倉敷と備中高梁の旅・その2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無事帰宅 | トップページ | 倉敷と備中高梁の旅・その2 »