« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

DAYTONA

 1月28日、29日には“デイトナ・Rolex24時間レース”開催。

 2月18日は“バドワイザー・シュートアウト”。

 2月23日は予選レースの“ゲータレイド・デュエル”。

 そして2月26日は“DAYTONA500”!

 いよいよアメリカン・モータースポーツの開幕です。

 もー待ちきれないっ!

 特に“DAYTONA500”は月曜日未明の生放送、しかも私は代休の日。

 超早起きしなければ!

 それとも前日から起きたままで見るか?

2012disoctnscstest011212packtrioval

 

 

 

| | コメント (0)

インフルエンザ

 インフルエンザにかかった人が出社してきて数日、今度は別の人がインフルエンザで休みました。

 う~、危ない。

 昨年の大地震の時にかかってしまった私も油断できません。

 手洗いをガシガシ、うがいをガボガボやって、意地でもインフルエンザにかからないようにしたいと思います。

 妻の話によると、“明治ヨーグルトR-1”がすごい売れ方だそうですね。

 なんでも1073R-1乳酸菌がインフルエンザを予防できるとかでテレビで紹介されたようです。

 当然品薄状態。

 どーもこういう効果は信じられない。

 どうせ“テレビ局のやらせ”か“メーカーの策略”か・・・。

 それでも、「○○が効く!」と聞いたら皆でワーッと群がるのが好きな日本人。

 私はそういう人たちとは違う方向へ歩きたいです。

 

 

 

 

| | コメント (0)

土日あれこれ

 昨日は定年退職される方々の送別会でした。

 なんと私が生まれる昭和39年入社だそうで、約48年の長い勤務、本当にお疲れ様でした。 

 こういう集まりでは普段話ができない人たちと話ができます。

 ある子は中学の部活の17年後輩だったことが判明。

 わからんもんですねえ。

 そして今日は当選した日活の4つのDVDの最後、「あゝひめゆりの塔」を見ました。

 目当ての和泉雅子さんは途中で死んでしまいました。

 残念・・・。

 でもこの有名な物語、実話ですが、悲しくなるというよりも“狂っている!”と思いました。

 当然映画の出来ではなくて、当時の軍国主義の日本に対してですよ。

 どうして国の命令によって一般国民が残酷な目に遭わなきゃいけなかったのか!

 このような出来事は繰り返してはイカンのです!

 でも今の時代こんなに酷くはないにしても、国の偉い人たちの柔らかい言葉でもって私たちも似たような目に遭っているとは言えませんか?

 現在もある意味“狂っている”といってもいいと思いますよ。

P1290026

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

久しぶり!

 久しぶりに我が家で焼き芋を食べました。

 何か焼いているような茹でているような匂いが家の中に漂っていたんですが、まさか焼き芋だったとは。

 焼いたといってもオーブンレンジでですよ、オーブンレンジ。

 もらった芋が転がっていたし、レンジの表示の中に“焼きいも”というのがあったので妻がやってみたそうです。

 味はまあまあかな。

 でも本当の焼き芋、あの「ピー」だか「フィー」の音と共に軽トラでやってくる焼き芋に比べたら物足りないですね。

 焼いたというより温めた感じでした。

 これだったらまだふかしたほうが美味しいかも。

P1270025

 

 

| | コメント (0)

気分曇りのち晴れ

 妻と楽しむ来月の岡山旅行。

 行きの新幹線特急券、往復の乗車券も買った。

 1泊目の倉敷のホテルも予約済み。

 ということで、昨日は2泊目の備中高梁の予約の電話を入れました。

 そこは私が26年前の一人旅の時に泊まった思い出の旅館。

 楽しみだ~!と思っていたら、なんと「都合が悪い。」で断られてしまいました。

 ガビ~ン!

 仕方がないので別のところに泊まるようにしましたが、さて、「都合が悪い」っていったい何でしょう?

 予約でいっぱい?

 その時は休業している?

 特別な事情があるのか?

 なんだかわからない。

 こんな感じで落ち込んでいたら、日活100周年のプレゼントでまた当選してしまいました。

 今回は商品が選べない懸賞でしたけど、こんな当たり方は初めてです。

 今年の運をすでに使い果たしちゃったかなあ・・・。

 できればロト6の高額当選のほうがいいんですけどね。

 

| | コメント (0)

早寝早起き

 昔は休日といえば、前日は夜中まで起きていて、遅く寝て、当日は遅く起きるというパターンでしたが、最近は前日はとにかく早めに寝るようになってます。

 年齢?

 テレビがつまらない?

 まあいろいろあるでしょうが、ダラダラするくらいなら早く風呂に入って温まって、布団に入ってのんびり本を読むようにしています。

 読んでいると「ガクッ!」っと睡魔が襲ってくるので、その勢いをもらって眠ってしまうのです。

 休みの日も遅く起きたらその分短くなってしまいますからね。

 なるべく早く起きて損しないようにしています。

 今週末は、定年退職した先輩、定年退職する先輩の送別会。

 終わったらサッと帰って早く寝たいです・・・。

 

| | コメント (2)

第8回定期演奏会

 今日(日曜日)は30年位前に在籍していた吹奏楽部(高校)の定期演奏会を見てきました。

 今回は第8回定期演奏会だそうですが、見に行ったのは初めてです。

 私のころは部員は22名くらいだったし、定期演奏会なんて全く頭になかったですからね。

 大編成の高校や有名高校がやるもんだと思ってましたし・・・。

 だからそんな人数でやるなんて考えもしなかったですよ。

 でも今日演奏していたのは18名!

 私の時代より少ない!

 それでも皆さんがんばって演奏していました。

 これだけひとつの演奏に向けて皆でまとまるなんてすごくうらやましかったです。

 第二部ではおしゃべりあり、和太鼓あり、ダンスあり、よさこいソーラン節ありで楽しかったですよ。

 本当にうらやましい!

 昔に戻りたかった!

 私はクラリネットをやっていたので、やっぱりどうしてもそのパートに目が行ってしまいました。

 演奏会が終わってロビーに出たら部員たちが両側に並んでお礼を言っていたので、クラリネットをやっていた男子部員を見つけてお礼の握手もしてきました。

 隣にいた女子部員に「大先輩ですね。」と言われてちょっと照れくさかったですけどね。

 でもやっぱりうらやましい!

 私の時は男子だけの高校だったのもあってか、こんなに団結力がなかったなあ。

 女子部員がいるとこんなに違うんだなあと思いました。

 それが一番うらやましいな。

  

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (4)

愛と死をみつめて

 当選した日活DVDの3本目、「愛と死をみつめて」を観賞しました。

 何とか全部見ることができました。

 つまり・・・その・・・、特に後半が悲しすぎて、見ているのが辛かったくらいです。

 吉永小百合さん演じるマコの目が見えなくなったシーンがなんとも言えず悲しかったです。

 恥ずかしながら目が若干潤んでしまいました。

 何とか耐えましたけど・・・。

 私の妻がこのようになったら・・・と思ったら余計に辛かったです。

 ご存知のように、この映画は実際の手紙のやり取りからなる実話です。

 メールなんかじゃダメ。

 やはり自分の本当の思いを伝えるのは今の時代でも手紙だなと思いました。

 もしこれからこの映画・DVDを見る方がいたら、始めから終わりまで一気に全部見てください。

 途中で席を立ったらダメですよ。

P1210011

 

 

 

| | コメント (2)

松菱百貨店

 地元浜松の松菱百貨店の解体工事が始まりました。

 西武百貨店を解体した時は見てないですが、松菱の場所が更地になるとかなりの寂しさを感じてしまうでしょうね。

 あんな増築なんかしなきゃ良かったのに・・・なんて思っても遅いか。

 今は別の場所に店を構えて作られている「カステラ饅頭」の機械が好きで、子供のころよく見てたなあ。

 松菱の隣には「おもちゃのヤマタカ」がありましたねえ。

 バス停の前なので目立つこと!

 今思えば当時の“おもちゃ屋の聖地”と言っても良かった思います。

 私にとってはとても充実した子供時代でありました。

 でも松菱が更地になった後、その先にあるザザシティは大丈夫なんでしょうか?

 P5140003

 

 

 

| | コメント (4)

海老沢さんの本

 最近、作家の海老沢泰久さんの本を図書館から借りて読んでいます。

 プロ野球関係の本ばかり選んでいますが、内容が実に的確で、鋭いところを突いているのです。

 巨人軍9連覇後の第一次長嶋監督の戦略の拙(まず)さを堂々と批判しているところがすごい!

 あの藤田監督や巨人時代の王監督のこともほとんど褒めていません。

 そして、巨人軍を本来の強さの戻すのに最も適した人に広岡達朗さんの名を挙げています。

 スーパースターに対して巨人ファンがあえて触れないようにしている話題が多くて、読んでいて夢中になってしまいます。

 私も思いますが、巨人軍だけは特別な存在であってほしいです。

 最近はどうも他の球団と同じような存在になってしまっているようでして。

 チャラチャラした雰囲気や行動ばかり目立ってしまうのがイヤですね。

 こういう時こそ広岡さんにGMをやってもらいたいです。

 それにしても、杉内の「18」は私はやっぱり納得できない。

 すぐ沢村に渡しなさいってば!

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

○○まで・・・

 阪神淡路大震災から17年。

 東日本大震災から10ヶ月。

 ということは、東海地震まであと○○年?○○ヶ月?

 来てほしくないですけど、絶対どちらかなんでしょうね。

 覚悟してます!

 でも未だに非常食は買っていません。

 3日分弱の水だけでは生きられんなあ・・・。

 

 

 

| | コメント (0)

青い山脈

P1150009  昨日の「伊豆の踊り子」に続いて、今日は「青い山脈」を見ました。

 原作を全く知らずに見たものですから、どこにでもある、単なる学園ドラマに思えました。

 疑惑のラブレターをもらったことから話が発展していく設定は原作も同じ、原節子さん出演の映画初回作も同じだそうですね。

 原作を読んだことがある妻に訊いたらそう言ってました。

 自転車に乗っている場面も当然出てきました。

 パッケージの写真は吉永小百合さんと浜田光夫さんですが、学校医役の二谷英明さんも主役に近い活躍でしたよ。

 浜田さんの若々しい演技も印象に残りました。

 今はこういう爽(さわ)やかな映画はやらないんでしょうね。

 どちらかというと今ではテレビ向きでしょうか。

 テレビでもやらないか・・・。

 

 

 

 

| | コメント (0)

伊豆の踊り子

P1140004  当選して当たった日活映画のDVDを早速見てみました。

 当時の映画公開の順でいきますと、まずは「伊豆の踊り子」です。

 でも、話はある大学の授業風景から始まりました。

 そして宇野重吉さん演じる大学教授が出てきて、続いて大学生(?)の浜田光夫さん、そして恋人の吉永小百合が出てきました。

 場面が全然違うので、「パッケージとディスクが違ってるんじゃない???」って思ってしまいましたよ。

 でも宇野大学教授が自分の40年前を回想したところで物語が始まったのでホッと安心。

 間違いじゃなくて良かったです・・・。

 つまり高橋英樹さん演じる大学生は、宇野さんの大学教授の若い時というわけです。

 当然のように、昔の話が終わった最後にも現在の場面に戻ってます。

 だから観賞し終わったあとで、せっかくの映画、物語が冷めてしまった感じがしました。

 これだったら現代の場面はいらないと思います。

 解説を書いている作家の方も同じようなことを指摘してました。

 この映画は下田に向かって伊豆半島を南下するので、「ここはどこかな?」とか「この場所は今はどうなっているかな・・・?」なんて思いながら見てました。

 妻と泊まった修善寺の温泉街のような場面もあったように思います。

 吉永さんの踊り子が湯船から出て手を振っていた温泉は、ひょっとしたら独鈷(とっこ)の湯か?

 他の「伊豆の踊り子」の映画の作りはどうなっているか知りませんが、風景はほぼ同じなんでしょうね。

 今度修善寺に行く時があったら、もう一度このDVDを見て、およその場所を検討してから行ってみようと思います。

 さて、順番では次に見るのは「青い山脈」ですよ。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

当たっちゃった!

 今朝起きて、昨夜録画した“ブラタモリ”を見ていたら、「何か届いたよ~。」と妻が言いながら包みを持ってきました。

 私は何か注文した覚えはないし、「配達ミスか?」なんて思いながら差出人を見たら“日活~”の文字が。

 え?

 おおおーっ、当選した~!

P1130005 チャンネルNECOの“日活創立100周年記念”のDVDプレゼントに応募したのが当たってしまいました。

吉永小百合さん主演の映画。

 伊豆の踊り子・愛と死をみつめて・青い山脈・あゝひめゆりの塔・・・の4本です。

 久しぶりの当選だなあ。

 いつ以来か全く覚えてないくらいです。

 P1130009 でもこの応募、吉永さん目当てじゃなくて、“あゝひめゆりの塔”に共演している和泉雅子さんを見たくて応募したのでした。

 吉永さんファンの皆さん、ごめんなさい。

 でも見るのが楽しみです。

| | コメント (2)

ちょっとの違い

 P1110002 今シーズン用の巨人切抜きのスクラップブックは年末に買ってきたんですけど、よく見たらいつもの“ラー40”じゃなくて“ラー40N”だったんです。

 同じ大きさの物をサッと買ってきたので「あっ、間違えたか?」と思ったんですけど、中のページ数が同じだったのでホッとしました。

 大きさが同じでページ数も同じということは、これはニューモデルのスクラップブックか?

 で、コクヨのホームページで確認したらどちらも売られていました。

P1110001 ・・・・・?

実物をよーく比べてみたら、“ラー40”は7枚束が4つ、“ラー40N”は4枚束が7つでした。

 コクヨに問い合わせたところ、その束の数とロゴマーク“KOKUYO”の書体変更で違うそうです。

 なぜ変えたのかを訊くのを忘れたなあ。

 どうしてだろう・・・。

 

 

 

| | コメント (2)

オデッセイ

 先日の我が家新年会の時に、遅くなってしまいましたが大学生の甥がホンダのオデッセイに乗ってきました。 

 現行モデルのひとつ前だそうです。

 外が暗かったし寒かったので詳しく見てませんが、ルーフが低い!

 全長が長い! 

 車高も低くしてあったようで、たいした段差がない我が家の駐車場へ停める時も下を擦りそうでした。

 当然、中が広い!

 中古で、買ってからまだ1ヶ月だそうですが、大学生が・・・すごいですね。

 「150万!」と言ってました。

 やるなあ。

 でも金額に関しては、私のカプチーノ中古が150万したというのもすごいでしょ。

 とにかく甥っ子には安全運転してもらいたいです。

 今度乗せてちょうだい!

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

我が家の新年会

 今日は我が家で弟家族と新年会をやりました。

 時間や用事などの都合で同じ時間に全員は揃わなかったですが、楽しい時間を過ごせましたよ。

P1080002 こういう時の食べ物はどうするか・・・。

昔だったら妻の手料理でしょうけど、今日はテイクアウトでの豪華料理となりました。

 “銀のさら”のお寿司と“ほっともっと”のオードブルですよ。

P1080004“銀のさら”はチラシの写真がいつも立派に写っているので初めて予約してみましたが、写真に偽りなし!

しっかりした寿司の形に握られていて、味もみんなに好評でした。

 “ほっともっと”のオードブルもあっという間になくなりました。

 どちらもスーパーで同じようなものを買えますが、断然こっちのほうが美味しいと思います。

 美味しいものを食べて、普段聞けないような話も聞けて、半日があっという間に過ぎてしまいました。

 大学生の甥や小学生の姪の若いエネルギーを多少は吸収できたかなあ・・・。

 

 

| | コメント (0)

七人の挑戦者

 和泉雅子さん目当てでチャンネルNECOの「七人の挑戦者」を見ました。

 1961年の作品ですから当時14歳ですか。

 この作品が本格デビューだそうです。

 当然セリフもちょこっとだけ、表情も初々しいですねえ。

 でもこの子が将来北極点を目指す女優になるなんて誰も考えなかったでしょうね。

 普通は自分の成長と同時に女優としての成長も見ていくわけですが、今の私の場合はどんどん遡(さかのぼ)って見ています。

 ということは次は和泉さんの子役の時の映画、番組ということになりますか・・・。

 少年ジェットか?

 

 

| | コメント (2)

旅の計画

 2月中旬に予定している「倉敷&備中高梁の旅」の具体的な計画に取り掛かりました。

 岡山までは新幹線で行きますが、平日を予定しているのでどの程度混雑しているかわからんとですたい。

 朝7時から9時ころってビジネスマンがたくさん乗っているでしょうね。

 だから出発はそれより前かその後にしようかと。

 でも始発は早すぎるし、10時ころ出発だと1日潰すようなもんですよね。

 やっぱり始発にするかなあ。

 乗り換えの時間も考えてしまいます。

 路線の検索をすると、新大阪駅などでの乗り換え時間がほぼ10分以下。

 それだけの時間で本当に可能か?

 指定席を買ったのに乗れなかったら意味がない。

 だから私はもう少し余裕を持ちたいんですよ。

 う~ん、迷ってしまいます。

 でもこういう種類の迷いだったら楽しいですね。

 

 

 

| | コメント (0)

カーテン洗濯

 今日は妻が帰ってくる夕方まで留守番役だったので、朝の通常の洗濯のついでにレースのカーテンも洗濯しました。

 といっても窓1つ分の2枚だけですけどね。

 レース生地なので、おしゃれ着洗いで使う“おうちクリーニング”コースで洗濯しました。

 この洗濯コース、ゆっくりで、しかもちょっとしか洗わないので汚れが落ちた感じがせず、出来上がりに不満が残ってしまいました。

 悔しいので、次回は洗濯ネットに入れて“おまかせコース”で普通に洗いたいと思います。

 それにしても“おうちクリーニング”コースって本当にジワジワッとしか動いてないですよね。

 洗うのではなくて、どー見ても注入した液体洗剤をかき回しているとしか思えないです。

 どの洗濯機も同じですか?

 (仕事しに会社へ行くより主夫をやるほうが楽しそうだなあ。)

 

| | コメント (2)

あと1日

 年末年始連休もあと1日(水曜日)だけとなりました。

 2日に行った「骨董市」はまあまあでしたが、結局は何も買わなかったです。

 ブリキの車があったんですけど、「ヒェ~」となるお値段だったので。

 妻の実家へ泊まりに行っても、皆での外出にも行こうという気になれず、予定通り私だけ一泊で帰ってきました。

P1030015  帰ってくる前に妻と買い物に行った某有名ホームセンターで、DVDの安売りワゴンセールの中にNASCARモノの映画があったので購入。

 帰宅後に早速観賞しましたが、予想通りの期待はずれ。

 最高峰のカップシリーズの下のほうのクラス、地方シリーズのお話でしたが、レースでの戦いというより“家族愛”が主なストーリーで、私には物足らなかったです。

P1030016  パッケージの裏側を見て少しは期待したんですけど、申し訳ないですがそれ以下でした。

 映画に出てくるのは、たぶん尾形明紀さんが出場されているクラスと同じだと思うんですけどね。

 まあいいや、500円もしなかったですから。 

 明日は夕方まで私一人。

 さあて、何をしようかなあ・・・。

 そういって何もしないんでしょうけど。

 明後日からは早勤スタートなので早起きはしようと思ってます。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

暖かい・・・

 今日も思ったより暖かいみたいですね。

 今朝のお雑煮で、元旦から数えて8個のお餅を食べました。

 あといくつ食べることになるでしょうか?

 昨日はダラダラッと過ごしましたが、今日は浜松産業展示館の“骨董市”を見に行ってから、妻の実家へ行ってきます。

 例年同様私は一泊、妻二泊ですよ。

 同じ静岡県内だし、同じ西部地方だし、車で1時間ほどで着くのでUターンラッシュも全く関係ありません。

 骨董市もいいものがあれば儲けモノ、まあ期待しないで見てきます。

 期待して行っても、実際はいいものはそんなにないですが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

普通の日

 正月気分を感じるのはテレビか年賀状を見ている時だけですね。

 昨夜もダウンタウンの番組を見てましたが、途中で飽きたので日が変わる前に寝てしまい、今朝起きたのが日の出後。

 だから新しい年になった感じがせず、いつもの日曜日と同じです。

 午後にはダラダラと昼寝をしてしまいました。

P1010023  夕食の時は昨日買った焼酎にチャレンジ。

 でもやっぱりダメ、半分も飲めなかったです。

 ウイスキーの水割りみたいでしたね。

 このあとに飲んだお茶の美味しいこと!

 毎度のことですが、私の身体にアルコール類は合わないです。

 お茶が一番美味しいなあ。

 明日は妻の実家へ行ってきます。

 それでは皆様、本年もよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »