« 今夜のお楽しみは・・・ | トップページ | 祝日だったのか »

泥だらけのいのち

チャンネルNECOで放送された日活映画「泥だらけのいのち」を見ました。

和泉雅子・山内賢主演、いや、映画の内容では山内さんが主演で和泉さんが共演でしたね。

やはり同チャンネルで見た“日活青春映画”とは違いました。

表裏のどちらの世界かといえば、裏に足を突っ込んでるけど表の世界も気にしながら時々チラッと見ているという映画でした。

印象に残ったのは、姐さんの家で山内さんが一言二言忠告した赤ん坊(親分・姐さん夫婦の子供)が泣き顔に変わっていく場面です。

赤ん坊は演技はできませんからね。

キョトンとした顔から泣き顔になっていくのはいつ見ても微笑ましいです。

そうそう、この映画は沼津が舞台みたいですね。

千本松原や楽寿園、埠頭(?)が出てきたし、浜松に住む私としてはロケ地巡りもできそうなので、何かの機会があったら行ってみたいと思います。

次の映画も楽しみになりました。

何をやるかはわかりませんが・・・。

|

« 今夜のお楽しみは・・・ | トップページ | 祝日だったのか »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

正直いっていまいちって感じです
でも 和泉雅子さん いい年のとり方を
していると
その時代のいい顔になってる
いろんな役柄しているので映画みるのが楽しみです

投稿: きなこ | 2011年7月18日 (月) 20時49分

きなこさんへ。

この映画の辺りはまだ子供の顔でしょうか。
私はやっぱり「東京ナイト」の和泉雅子さんがいいですね。
かつらをかぶっているというのもありますが、今回の映画と比べるとどうしても別人に見えてしまいます。
でもどこにでもいるような女の子の役、簡単なようでいて難しいんでしょうね。

投稿: まさたみ | 2011年7月19日 (火) 02時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今夜のお楽しみは・・・ | トップページ | 祝日だったのか »