« 食堂放浪記8 | トップページ | いい天気です »

食堂放浪記・9

平日なのになぜか会社が休みの月曜日。

怪しい天候ではありましたが、またまた食堂へ行ってきました。

P6140011 新焼津漁港の隣の小川漁港にある「小川港魚河岸食堂」です。

朝6時15分に家を出て150号線を走り、着いたのが8時20分ころでした。

平日でも昼間は混むと思ったので空いてそうな時間を狙ったんですが、ちょっと狙いすぎましたかね。

この食堂は本当に港の近くなので、当たりは海の香りがプンプンです。

P6140010 ここは中に入ったらまず食券を買うんですけど、この時はかつお関係のメニューに“×”印が多かったですね。

頭の中では「かつお刺身定食・・・!」だったのでちょっと残念。

でも他にもメニューは盛りたくさん、いや、盛り盛りたくさんです。

隣にある券売機もこれくらいのメニューの数がありましたからね。

右側の壁は料理の写真でいっぱいです。

で、私は1000円の海鮮丼にしました。

奥へ行っておばさんに渡してから番号札をもらいました。

客は港関係者が8人ほどで、あとはガラガラでした。

風で海が荒れてたから漁がなかったのかなあ・・・。

それだったらメニューに“×”が多いのもわかりますが。

P6140009

おっと、早速番号が呼ばれました。

私にとっては豪勢な海鮮丼!

まぐろ・ネギトロ・イカ・ホタテ・鮭・甘えび・イクラ、それに海苔(かな?)。

あれ、奥にあるのがカツオかな?(ごめんなさい、魚はよくわかりません。)

御飯は酢飯にしてもらいました。

他にはみそ汁(豆腐・ワカメ・タマネギ・油揚げ)とたくあん2切れ、そしてわさびとおろし生姜です。

今回印象に残ったのはホタテのトロ~ンとした舌触りとみそ汁の風味でしたね。

口の中で溶けそうで溶けないホタテ、噛めばいいのか押しつぶせばいいのかわからないホタテが美味しかったです。

御飯は思ったより少なめだったので、味わうというよりもかき込んでガバーッと食べてみました。

う~む、良かった良かった。

海鮮丼にはやっぱり酢飯ですねえ。

でも御飯の上の魚介類は全部この港で獲れたわけではないんでしょうけど、そんなのは私には関係ない、満足さえできればいいのです。

そもそもこの食堂は観光客目当てというよりも漁港関係者の食堂なんですから。

ここのメニューの豊富さはトップクラスでしょう。

有名人やそうでない人・誰だかわからない人のサイン色紙もびっしり貼られてましたよ。

ここもまた来てみたい食堂ですね。

厨房の中のおばさんや男性の挨拶もしっかりしてましたよ。

次回は黒はんぺん関連を予定しておきます。

さあて、帰ろうかな?と思いましたが、妻にお土産を頼まれていたので、焼津さかなセンターによって削りたての鰹節2袋を買いました。

1袋350円でしたが「2袋で500円!」の言葉につい買ってしまいました。

でもいい香りです。

そういえば最近食堂で刺身しか食べてないですねえ。

店の本当の味がわかると言われる煮魚をそろそろ食べてみようかなと思っている次第であります。

さて、次はどこの食堂へ・・・。

|

« 食堂放浪記8 | トップページ | いい天気です »

食堂放浪記」カテゴリの記事

コメント

おぉ ! !
遂に来てくれましたね。
そのころ小生は、浜松の弁天にいました。
ちょうど、入れ違いでしたね。
ところで、鰹の刺身定食がなかったのですか ?
あれは絶品なんですけどね・・・
今年は、鰹が不漁なので「×」なんでしょうね。
今度来ることがあれば、焼津の中港の「かどや」もいいですよ。
是非、ご一緒したいですね。

投稿: あらま | 2010年6月14日 (月) 21時58分

あらまさんへ。

見事な入れ違いになってしまいましたね。

確かに私がパッと見た限りではカツオ関係は「×」でした。
今度は天候の良い日に行ってみたいと思います。
もちろん空いている時間を狙って!

投稿: まさたみ | 2010年6月14日 (月) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 食堂放浪記8 | トップページ | いい天気です »