« 来るなら来い! | トップページ | 修善寺旅行・その2 »

修善寺旅行・その1

どうなってるんだあ!

こう叫びたくなるような今回の修善寺旅行。

今日(11日)午後に無事に帰ってきました。

ということで・・・

・・・・・

8月10日(月)

2日くらい前からの天気予報に急にrainマークが出てきてました。

実際に朝は雨が降ってましたが、まあまあの、平均点の雨降り。

浜松駅から東海道線に乗って、途中で1回乗り換えて三島駅にお昼前に到着しました。

昼食を食べようと思って駅の外に出てみたら、ドバーッrain

ゲリラ豪雨まではいってなかったですが、かなりの量の雨でした。

とりあえずは駅の近くのとんかつ屋(丼物屋かな)へ入りました。

P1010005_2 私が注文したのは桜えびかき揚丼。

な、、な、なんじゃあこりゃあ!

旅館の夕食のために余力を残したくて、あえてかる~く食べるつもりだったのに・・・。

でっかい桜えび天の他にアスパラ天、かぼちゃ天、ナス天の各天があったけど、もちろん全部食べてしまい、もうお腹がパンパン!

その後、お腹が膨らんだ状態のままで伊豆箱根鉄道に乗り込み、修善寺駅まで行きました。

修善寺駅からは路線バスで約8分、修善寺温泉まで210円のバスの旅。

駅でもそうでしたが、着いたら傘を差さなくてもよくなってましたね。

P1010010_2 これ、下流のほうへ移設された独鈷(とっこ)の湯です。

でもそんなに移動した感じはなく、過去2回見たときと比べての景観の違いもあまり感じられませんでした。

今回泊まったのは、この独鈷の湯の対岸に見える「花小道」であります。

2回目なのです。

我が家の常宿候補の有力候補です。

すごいでしょう。(元の仲田屋旅館ですよ)

早めにチェックインして、貸し切り露天風呂にも入り、持参した東海林さだおさんの本も読みました。

でも昼寝が出来なかったのが残念。

夕食までの時間が気になって、気になって、昼寝勇気が出てこなかったです。

桂川の流れる音もザーザーと大きかった。

そして午後6時、さあ夕食、夕食!

多かった、多かった、多かった!

何とか全部食べましたけど。

どうしてこういう旅館は食事がたくさん出てくるのかなあ?

ここの旅館は料理が同一メニューです。(特別料理は追加できるみたい)

今回は年配の宿泊客もいましたが、その方は絶対に全部食べれないと思いました。

私も昼間のかき揚丼の影響でアップアップ状態。

部屋に戻ってからは読書の続きとのんびりテレビということに。

夜の9時頃にはもう一つの貸し切り風呂にも入りました。

さっぱり、さっぱり。

でも、桂川の流れる音も相変わらず大きく、ぐっすり眠れるかどうか心配でした。

そんな不安を感じたこともあって、夜更かしをせずに早めに寝ることにしました。

次の日がどんな日になるかを知ることもなく・・・・・。

つづく。

|

« 来るなら来い! | トップページ | 修善寺旅行・その2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 来るなら来い! | トップページ | 修善寺旅行・その2 »