« 修善寺旅行・その2 | トップページ | 妻の実家でした »

修善寺旅行・その3

修善寺旅行の2日目、8月11日の続きです。

旅館をチェックアウトしてからは、頭の中はとにかく家に帰ることだけ。

雨は小降りになってました。

そんなことは関係ないのだ、時間がかかってもいいからとにかく家に帰るのだ!

妻とそう思いながらバスで修善寺駅に行ったら、伊豆箱根鉄道は無事運行されていたので、まずは第一段階はクリアでした。

電車の窓から見える家には地震による被害は感じられません。

P1010070 見よ、電車の窓から見えたこの青空!

前日家を出てから旅館に来るまで、そしてこの日チェックアウトするまで1度も見ていない空ですよ。

帰る時になってこんな青空でも困るんですけどねえ。

この不満を誰にぶつけていいか困ってしまいました。(とりあえずは麻生総理にでも)

三島駅に着いたけど、東海道線はいまだに運休だったので、高校生と思われる子が改札前にたくさんいました。

私たちは徐行運転している新幹線で帰ることにして切符を購入。

一番上に表示されていた列車の指定席を買いましたが、考えてみれば予定より遅れているんだから、きっぷに記されている番号の列車が来るまで待たなければいけないんですよね。

まいった、まいった。

でも買っちゃったものはしょうがない。

後で払い戻ししてもらうことにして、とりあえずは最初に来た新幹線に乗りました。

ギューギュー詰めかなと思いましたが、予想外に空いてましたね。

これにさえ乗れば浜松まで確実に帰れるのでホッとしました。

遅れている新幹線に乗るのは私は初めてなんじゃないかな。

P1010071_3 だから珍しいものも見れました(たいしたことじゃないんですけど)。

これ、上りののぞみのお尻です。

普通だったら猛スピードですれ違うのでこんな写真は撮れないんですけど、この日はこちらのこだまもゆっくり、あちらののぞみもゆっくり、あるいは停車中、そちらのひかりもゆっくり、あるいは停車中。

だから素人の私でも余裕で撮れました。

P1010075_3 静岡駅で停車した時は、架線の緊急点検のために車内が15分くらい停電になりました。

車内照明はもちろん、エアコンも止まり、ドアも閉まったまま。

シ~ン・・・・・。

こんな体験滅多にないですからね。

なんかワクワクしてしまいました。

でも、静岡駅前後では屋根瓦が崩れている家がちらほらとありました。

そんなこんなで時間はかかりましたが、無事浜松駅に到着。

まあよかった、よかった。

旅行という楽しみとしては全然納得いかないんですけどね。

だから後日に絶対リベンジしたいと思います。

今回の地震による我が家の被害状況、

転倒者2名、転落者1名でした。

P1010080

P1010084

|

« 修善寺旅行・その2 | トップページ | 妻の実家でした »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 修善寺旅行・その2 | トップページ | 妻の実家でした »