« 昇給ゼロ | トップページ | 読書で昼寝 »

そうだ、ローカル線、ソースカツ丼

“昇給ゼロ”事件から一夜明けて、多少は気が楽になりました。

でも完全に気にならないようになるには時間が掛かりそうで・・・。

そんなことより、図書館で借りてきた本がおもしろいのです。

P1010003_2 漫画家?エッセイスト?の東海林さだおさんの本で、

「そうだ、ローカル線、ソースカツ丼」です。

一般の人が気にしないようなことをおもしろおかしくつぶやいているんですけど、読んでいて思わずニヤッとしてしまいます。

この中で、日用雑貨名を広辞苑で引いて、それについて「あーだこーだ」つぶやいているのがあるんです。

似たような二つの名称で、片方は簡単な説明文なのに、もう片方は詳しく説明している事に対して文句を言っているのがおかしいんですよ。

お笑い番組を見て大笑いするより、部屋で一人でニヤッとするのもいいもんですねconfident

早速私も何か調べてみようかな。

そうだ、毎日見ている“新聞”で・・・。

“しん・ぶん(新聞)”

①新しく聞いた話。新しい知らせ。新しい見聞。ニュース。

②(新聞紙の略)社会の出来事の報道・批判を、すばやく、かつ広く伝えるための定期刊行物。・・・以下略

新聞にもいくつかの意味がありました。

でも“新聞”といったら一般的にはあの新聞紙の事だと思いますよね。

①の説明を見ても、あれそのものが“ニュース”とは思いにくいですよ。

だって久米さんが夜にやっていた「ニュース・ステーション」が「新聞ステーション」だったとしたら変でしょう?

地元の新聞販売店みたいな感じになっちゃいますよ。

夜10時頃になったら、バイクに乗ったテレビ朝日の社員達がダダダダッと勢いよく全国へ飛び出していく光景が目に浮かんできてしまいます。

②の「すばやく、」もちょっと違うんじゃないですか?

だって、テレビで見たニュースよりかなり遅れた内容の時がよくありますよ。

締め切りがあって、それから印刷して、それから発送して、それからそれからやっと配達されるんですから、テレビやラジオのニュースより遅れるのは当然なので仕方ないですけどね。

あっ、でも配達している時のあのバイクの素早さはすごいものがありますね。

加速・停止、加速・停止・・・の繰り返しでパパパッと配達していきますから、②の「すばやく、」はきっとこのことを言っているんでしょうね。

うん、納得。

ということは、

「②(新聞紙の略)社会の出来事の報道・批判を、配達用バイクの加速・停止の繰り返しをすばやくして、顧客に広く伝えるための定期刊行物。」

とすれば皆さんに理解していただけそうです。

明朝もすばやく知らせてくれる人が我が家に来てくれます。

もちろんいちいち応対はしませんけどね。

|

« 昇給ゼロ | トップページ | 読書で昼寝 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

まさたみさん、こんにちは。

新聞の活字よりも、確かにTV・ネットの情報はかなり早いですね。
でも、すごく気になりませんか?

新型インフルエンザについての報道です。
早くて、新しい情報を頂けるのはうれしいのですが、
余計に、恐怖を煽っているような・・・!?

投稿: かどた | 2009年5月17日 (日) 19時16分

かどたさんへ。

煽られてますよね・・・。
でも外から帰ってきたら“石鹸での手洗い”と“うがい”をすれば大丈夫でしょうね。
人ごみの場所は避けて、こういう時こそ読書を・・・なんちゃってbook

投稿: まさたみ | 2009年5月17日 (日) 19時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昇給ゼロ | トップページ | 読書で昼寝 »