« 行政の好都合に反して・・・ | トップページ | 暖かい日曜日 »

静岡空港見学

2009年6月4日開港予定の“富士山静岡空港”を見てきました。

駐車場の場所を調べてから静岡県の地図帳を開いてみると、

「な、なにィ?」

周りの3つの主要道路のちょうど真ん中の山の中です!

車でどこから入っても山道を登っていかなきゃいけないみたいです。

とりあえず浜松から国1バイパスを金谷まで走ってから南下しました。

途中で線路のガード下を抜けようとしたら蒸気機関車が煙を出して走ってました。

大井川鉄道のSLです。

最後尾に逆向きに連結されて走ってましたが、SLを見るのはこれで2回目。

ちょっと得した気がして、さらに細い道を登っていきました。

「空港展望台」の案内板が出てきた頃には道路は多少広くなってきてます。

P1010014 駐車場への看板が2つ出てきましたが、今日は調べておいた右の“石雲院”の駐車場へ車を置いて登っていくことにしました。

駐車場に着くと、観光バスが1台と普通車が2~3台くらい止まってました。

目の前には大きな桜の木があります。

山の中、森の中ですから大変静かです。

鳥の鳴き声が気持ちよく辺りに響いています。

P1010012 “石雲院”からの展望台への登り口に竹の棒が入った籠がありました。

私と妻はまだ杖を使わなくても歩けますが、せっかくですから来た思い出として使わせていただくことにしました。

でも海外のトレッキングでは、スティックがあると平地でもテンポよく歩けるので使っている人が多いんです。

展望台までは200mくらいですが、思ったより傾斜がありました。

で、無事展望台に到着。

「うわぁ、山が削れてなくなってる~!」

「なんだ、意外と小さいなぁ。」

「こんな所に本当に飛行機が飛んでくるの?」

「ここを特設コースにしてレースを開催できるなぁ!」

・・・私の感想でありました。

P1010003 話題になった例の“立ち木”も遠くに見えますが、周りに比べたらそんなに高くないんですよね。

あの木が高度基準に支障があるんだったら、その向こう側の山のほうが危なく思えてしまいます。

空港駐車場側からも見物客が歩いてきて眺めてますが、聞こえてくる言葉が・・・

「立ち木はあれか?」

「立ち木が・・・・・。」

面白いですね。

開港前の空港を見に来ているのに、“立ち木”が一番の話題になっているようですよ。

どうせなら空港内の安全な場所に移植して空港名物にすればもっと話題になると思いますが。

でも「見事なくらいに山の中」の空港でした。

地方ののどかな場所にこんなものを造っちゃうんですから、皮肉をこめて「すごい国」ですよ、日本は・・・。

帰りは150号線に出て、お昼ご飯を食べて帰りました。

朝はちょっと寒かったですが午後は暖かくなってきたようだったので、帰り道は助手席の妻がコックリコックリと気持ち良さそうでした。

|

« 行政の好都合に反して・・・ | トップページ | 暖かい日曜日 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

静岡県は、新幹線の「のぞみ」が停まらないほどの「僻地」ですから「空港」が必要なんでしょうか。
問題の「立ち木」も、全部切り取らないで、邪魔な分だけ切り取って、残りは「記念」として残しておくのもいいかもしれませんね。

投稿: あらま | 2009年3月29日 (日) 23時55分

あらまさんへ。

行くだけで疲れちゃうような山の中に空港がありますね。
道も迷いそうですし、マイカーで行くようなところではないと思います。
立ち木がなくなったら見所がなくなってしまいそうですね。


投稿: まさたみ | 2009年3月30日 (月) 16時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 行政の好都合に反して・・・ | トップページ | 暖かい日曜日 »