« 大阪一人旅 | トップページ | 大阪一人旅その3 »

夜会へ・大阪一人旅その2

つづきです。

14日の土曜日。

中島みゆき「夜会」の開場時間19時15分に合わせて1時間くらい前にホテルを出発しました。

夜になったらやっぱり寒いですね。

開場近くまで来たらたくさんの人が同じ方向に歩いていたので、

「こりゃ長い列ができてるな・・・。」

と心配になりました。

あまり後ろのほうに並ぶと、妻に頼まれた“みゆきさんの直筆サイン”が先着順で貰えないからなんです。

CD・DVDを3000円以上購入するのが条件でしたけど。

でも、開場に着くと50人もいないくらいの短い列・・・。

あれ?

よく見たら多くの人は会場を通り過ぎて大阪城ホールのほうへ歩いていました。

おかげで余裕でサイン色紙を貰えました。

もちろんあらかじめ書かれてあった小型サイズの色紙ですよ。

もちろん本人に会えたわけじゃないですよ。

そして、本来妻が座るはずだった隣の席が空いたまま、定刻の20時ちょうどに「夜会」は始まりました。

おぉ!本物の“中島みゆき”が出てきました。

生本人を見るのは私は・・・5回目くらいかな?

もちろん妻の影響ですけどね。

そして、さすが。音響がすごい!

セットの出来もすばらしい!

そして、途中20分間の休憩を挟んで22時20分ころに無事終わりました。

大人向けの「夜会」なのでこういう時間に終わるそうです。

感想は・・・、

正直言って、「ストーリーの展開が全くわかりませんでした。」・・・です。

元の話があって、今回はその話の「その後」が展開されたようなんですが、私は元の話を読んでないので全く知りません。

だからなぜこういう各々の場面になっていくのかが理解できませんでした。

実は今回の「夜会」には“今晩屋”というタイトルも付いているんですが、それがどこにあるのかもわからないまま終わってしまいました。

最後に出演者や演奏者が出てきて代表で“みゆきさん”が挨拶をされましたが、私は心の底からの拍手が出来なかったです。

私が妻のような熱烈な“みゆきファン”じゃなかったためなのか?

私が元の話を全く知らなかったためなのか?

私が難しく観すぎたためなのか?

私がチケットや限定グッズの高い値段に疑問を感じてしまったためなのか?

う~ん・・・。

でも、“中島みゆき”本人や曲が嫌いになったわけではないですよ。

なんか違う意味でいろいろ考えさせられた作品でありました。

P1010059 会場の外に出てみたら皆さん携帯やデジカメで写真を撮ってました。

会場内はすべて撮影禁止でデジカメなどの撮影機具も持ち込み禁止で一時預かりになってましたからね。

あ~ぁ。

妻がいたら会場をバックに撮ってあげたのになぁ。

残念だなぁ・・・。

パッと後ろを振り返ると、ライトアップされた大阪城が浮かんで見えてました。

さてホテルに帰って寝よう・・・くたびれました。

でも、歩いている時も、

「わからないままの“夜会”だったな・・・・・。」

と考え続け、ホテルに帰ってもテレビを見てお茶ばかり飲んでたので目がさえちゃったし、車の騒音なども気になったりしてそんなに眠れませんでした。

またつづく。

|

« 大阪一人旅 | トップページ | 大阪一人旅その3 »

中島みゆき」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大阪一人旅 | トップページ | 大阪一人旅その3 »