« 今日は暖かい?? | トップページ | 恋の季節よ »

ペケのうた

20年くらい前、ひょっとしたらそれ以上前の話です。

家にある(カセットじゃない)テープレコーダーで押入れの中にあったテープを聴いてみたら、「怪物くん」を歌っている昭和40年代前半の私の幼い頃の声や、当時の音楽番組などが録音されたテープがありました。

その中で「長谷川よしみ」という人が歌う「ペケのうた」っていうのがあったんです。

notesポン カンチン ペケペケ

notesポン カンチン ペケペケ

notesたまには ペケでも いいさ・・・

という出だしで子供向けの楽しい歌。

昭和43年のレコード大賞の童謡賞を受賞したようです。

どんな人が歌ってるのかなぁ・・・?

その時以来、当時の映像や写真があったら是非見たかったのですが、この年まで願いかなわずでした。

それが昨日(火曜日)ついに見ることができました!

CS放送のTBSチャンネルでその当時のレコード大賞の表彰式と音楽発表会があったんです。

もちろん歌っている姿を見ることができました。

長谷川さんは当時13歳。

もちろんその時代を象徴するファッション、ヘアースタイルでしたけど、元気良く歌っていました。

でも映像を見ることができてよかった~。

20年以上思い続けていたことがやっと解明できました。

今日になって詳しく調べて見たら、「長谷川よしみ」さんは主に海外で“おもしろい注目を浴びているアーティスト”として歌などで活躍されているそうです。

こういう昔の番組は地上波では見ることができないですね。

ピンキーとキラーズの「恋の季節」もよかったです~。

|

« 今日は暖かい?? | トップページ | 恋の季節よ »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

 はじめまして。私も拝見しました。この番組をみるために加入したようなもんですが。
 本曲は「みんなのうた」的なものから出発したかと思ったのですが、大村昆さんが司会をされていた「ちびっこのどじまん」からの出典のようです。編曲の藤家虹二先生が審査員のひとりであり、番組の企画で童謡を公募し、入選作となったのではないでしょうか。
 当時は童謡賞なるものがあったことは知っていたのですが、童謡がレコード会社の主力商品のひとつだったことは、当時の大人の流行歌を子供が歌えば「不良!」とか「子供がそんな歌歌っちゃいけません!」なんて叱られたというから納得いきます。子供は子供の歌きいてりゃいいんだということなのでしょうか。
 レコード大賞の再放映は2003年あたりから恒例行事となり、当初は再放送なしの放送だったようです。昨今のコピーワンス失敗対策としてリピート放送するようになったのでしょうかねえ。私もDVDに録画させていただきました。

投稿: なんとか人 | 2008年12月25日 (木) 08時36分

なんとか人さんへ。
はじめまして。
コメントありがとうございます。
番組のテーマ曲みたいなのが最初と最後にありましたが、私はそれを聴いて随分厳格な発表会だなという気がしました。
現在のレコード大賞と比べたらとても同じ番組とは思えないです。
でも「歌謡曲」はいつ聴いてもいいですね。
今の歌より昔の歌のほうが自分には合っています。

投稿: まさたみ | 2008年12月25日 (木) 17時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日は暖かい?? | トップページ | 恋の季節よ »