« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

今日も写真整理

夜勤が終わって土曜の午前3時前に家に帰りましたが、テレビを見ながらブログを見たりしてたら結局は寝ずにそのまま朝を迎えました。

身体によくないと思っていても、寝てしまうと土曜日の午前中がそのままつぶれてしまうのがもったいないのでいつもこんな感じです。

といっても特に出かけるわけでもないので、昼間はこの前の写真整理の続きをやりました。

20年以上前のフィルムもありましたが、スキャンしてみるとやっぱり汚れが目立ってましたね。

Img290この2つは22年前の1月末に一人旅で岡山県に行った時の写真です。

上が岡山後楽園(かな?)、下が国鉄・伊部駅です。家にあったカメラを持っていって撮ったんですが、ハーフサイズのためにこんな風に2枚くっついてます。

伊部駅はたぶん岡山備前焼を見に行こうと思って利用した駅です。

でも、降りた駅か乗った駅かは詳しく調べ直さないといけないくらい記憶があいまいです。

今は全く違う新しい駅舎になっていることでしょう。

できることなら今度は妻を連れて同じところを旅してみたいですね。

| | コメント (4)

行きたいなぁ・その3

夜勤最終日です。

ここ数日、起きる時・起きた時の気分が絶不調。

早く目が覚めてしまうし、また寝ようと思ってもぐっすり寝れないし。

もう疲れました。今日は「仕事」よりも「明日の休み」のためにがんばります。

さて、疲れた時にこそ「行きたいなぁ。」と思うスイスの写真を。

これからもつぶやく話が乏しい時には2年前のスイス旅行の写真を紹介していきます。

ユングフラウヨッホ内の駅の中にあるレストランで昼食をと思いましたが満員だったのでアイガークレッチャー駅まで降りてきたら、この駅にも小さめのレストランがあったのでここで食べることにしました。

先客は二人だけだったのでとても静かでした。

P1010086_2 メニューを見ましたが何だかよくわかりません。

でも英語でも表記されていたので私は「チーズ・トースト~」というスイスらしい料理を注文しました。

ドイツ語で「ケーゼシュニッテ」です。

だいたいの予想はついていました。トーストの上にたっぷりのチーズが・・・という状態を。

P1010085_2 そして出てきた料理がこれ。

まさに山岳地方の料理でボリューム満点です。

猫舌の私は食べるのに苦労しましたがおいしかった~。

18スイスフランですから約1800円。

少し高めでしょうけどスイスの物価はこんな感じです。

写真を見るだけでもヨダレが出てきてしまいます。

| | コメント (0)

行きたいなぁ・その2

今日は昼間にロト6を買いに行きました。

別に1回くらい買わなくてもいいんだけど、そういうときに限ってなんか当たりそうです。

今回も3通りの数字を5回分購入。

今まで1000円(3つの数字が一致)は数回当たったことがあるけどそれ以上がなかなか出ません。

「億」が当たったら・・・家のローンを返して、妻の実家を新築して、会社を辞めて、そして毎年スイス旅行に行きたいなあ。

P1010071_2 ハイキングの途中にあるレストランで食べたサンドイッチがおいしかったんですよ。

心地よい気候がそう感じさせるんでしょうけど、仕事を忘れてこういう静かなところでのんびりしたいです。

| | コメント (2)

役所の回答

先日天竜川河口の西側の海岸への車の乗り入れについて市の意見コーナーに投稿したところ、昨日担当課から回答がありました。

それによると、海岸は公共用物であり、本来は他人の使用を妨げない範囲で一般の人の自由な使用に供されることが原則となっているそうなんです。

ここの海岸は今はアカウミガメの産卵地としての文化財指定から外れているようなんですが、指定されたとしても海岸自由使用の原則のために車の乗り入れなどの全面規制するのは難しいみたいだし、規制ではなく“自粛”への協力を呼びかける看板の設置くらいしかないみたいです。

でも自由に使える場所だったとしても、海岸を車で走り回るのは論外だと思います。わだち(タイヤの痕)が残らない車だったらいいかもしれないけどそんなのは無いでしょう?

そもそも車で平気で乗り入れる人は看板なんか見ないでしょ。

海岸を自由に使わせるから荒れてしまうのに、どうして「禁止」にできないんだろう・・・。

そして回答の最後は、

「○○海岸の文化財追加指定に向けて、関係機関と充分な調整を行い、積極的に取り組んでまいります。」

・・・で締めくくられていました。

必ず回答してくれる“意見コーナー”でしたが、ここまで詳しく答えてくれるとは思わなかったのでとても助かりました。

でも本当に積極的に取り組んでくれるんでしょうね?

| | コメント (0)

築○○年?

P1010066 2年前のスイス旅行。

バッハアルプゼーからボルトへの下りのハイキングの途中にあったヒュッテ(山小屋)です。

人がいる気配がないからヒュッテだとは思うんですけど、レースのカーテンみたいなものが見えるから民家なのかなあ?

でもいい雰囲気ですよね。

夏だからこんな感じですけど、冬は間違いなく雪の中に埋もれていることでしょうね。

| | コメント (2)

落ち着かない

また夜勤の週が来てしまいました。

夕方から仕事だと思うと何かのんびりできません。

気分的にも全然落ち着けない・・・。

会社に行く前から疲れた感じです。

| | コメント (0)

写真整理

今日は妻のスーパーへの買い物の付き添い以外は特に外出の予定がなかったので、昔撮った写真のフィルムをスキャナーしてパソコンに取り込む作業をしました。

初めてやってみましたがプリンターの説明書を見ながら簡単にできました。

でも昔の写真といっても富士スピードウェイのレースの時に撮ったものばかりですけど、当時夢中になって見に行った事を思い出します。

Img026 これはGT選手権の2年目の時の写真です。

もう14年も前の話。

その前の年から始まったんですがメインレースの付録みたいな感じだったなあ。

う~ん、懐かしいです。

Img049 この時必死になって使った一眼レフカメラも今は眠ったままです。

でもスキャナーするフィルムはまだあるのです。

| | コメント (0)

P1010005_2 浜名湖ガーデンパークに咲いていました。

なんという名前か全くわからないんですがきれいだったので数枚パチリ。

P1010007_4 いつも四角い物や硬い物しか見ていないから、たまにはこういうのもいいですよね。

咲いていたのはトイレの前なんですけど・・・。

| | コメント (2)

お見舞いへ

今日は入院している伯母のお見舞いへ妻と行ってきました。

先日行った母には「何も持って行かないほうがいい。」と言われたけど、病室では退屈にしてるだろうと思ったので本屋で“るるぶ・スイス”(今年度版)を買って持って行きました。

お昼頃行ったけど面会時間が午後2時からということなので、外で昼ごはんを食べて浜名湖付近をドライブして時間をつぶしました。

面会時間となり受付で聞いた部屋番号の個室へ。

中に入るとベッドの上に座って本を読んでました。

あれ、いつものおばちゃんとそんなに変わらない・・・なんか安心しました。

元気そうでよかったです。

話には聞いていましたが小さな癌が見つかったようなのです。

でも、開腹手術ではなくて外からお腹の中に管(線?)を通して中で焼き切って除去したそうです。

腕がいいと評判の先生にやってもらったと伯母も喜んでいました。

私が膀胱腫瘍で1週間ほど入院した時も膀胱の中で腫瘍を焼き切るだけの手術でした。

本当に医療技術の進歩には感心してしまいます。

小さい癌でよかった。

早めに見つかって完全に除去できてよかった。もう80歳を過ぎてますがもっと長生きしてほしいです。

「家にいると家事で忙しいけど、病院は何でもやってくれて楽だからもっと居たい。」なんて言ってましたが、残念ながらそういうわけにはいきませんよね。

なんだかんだ言っても我が家が一番いいんですから。

| | コメント (0)

妻の咳結果

病院に行った妻が帰って来ました。

妻の友達がくれた「長びく咳の原因疾患」という表を先生に見せたところ、“副鼻腔気管支症候群(ふくびこうきかんししょうこうぐん)”

・・・と言われたそうです。

調べたけど何だかわからなかったです。

様子を見るしかないですね。

| | コメント (0)

妻の咳

食事の時間を避けて読んでくださいネ。

最近妻が変な咳をしています。

もちろんなんでもない時のほうが多いんですが。

普通は「ゴホッ、ゴホッ」ですが、ひどくなると「ゲホッ、ゲホッ、ゲッ!」で嘔吐してしまいます。

家はもちろん、出かけた先でも時々なってしまうので心配なんです。

わけがわからない私は背中をさすってあげる事しかできません。

先々週病院へ行かせましたが、薬を飲んでいる時は落ち着くみたいですけど出るときは出てしまいます。

昨日も私の帰宅前に嘔吐してしまったみたいで横になって休んでました。

「薬は飲んでるの?」と聞くと、妻は「少ししかないし咳は出てないから飲んでない。」と。

それは違うでしょ!なぜ咳が出るかがわからなかったら定期的に病院に行って先生に診察してもらわなければダメでしょ?

怒ったような口調で私はこのように言わせていただきました。

ということで、今日は強制的に病院へ行かせました。

変な咳が出るということは喘息か、あるいは何かのアレルギー、もしかしてもっと悪い病気が・・・なんてこともありそうなのでしっかり治してもらいたいのです。

いつも「自分より1日でも長生きしてくれ!」とは言っているのでね・・・。

| | コメント (0)

やってしまった!

うわぁ、ひびが入ってしまったあぁぁぁ・・・!

・・・・・仕事中の話です。

加工が終わったので仕事用の保護眼鏡をはずしたら私の眼鏡も一緒にはずれて足元に落ちてしまいました。

(おっと、また落としちゃった。)と思って拾ってみると・・・

P1010013 左目のレンズに見事にX文字のひびが入ってました。

いつもは落としてもフレームを下にして床にぶつかっていたので大丈夫だったんですが、今日はまともにレンズ面がぶつかってました。

床といっても鉄板で造った踏み台の上なので割れて当然ですね。

今まで割れなかったのが不思議なくらいです。

さて、落としてからが大変でした。

私は視力が0.1もないので何もかもボーっと見えるだけ。

幸い細かい加工は終わっていたので何とか帰宅時間まで持ちこたえましたが、運転して家まで帰るのが怖かったです。

曲がり角や交差点では左目を閉じて右目だけで走ってました。

またこういう時に限って道路工事で片側交互通行になってたりしていたので、工事関係者にぶつからないようにビクビクしながら運転してました。

でも困りました。

お出かけ用の眼鏡は別にあるのでそれを仕事用に使えますが、新しい眼鏡は買わなければいけないので想定外の出費になってしまいます。

妻も困った顔をしています。

安くなったといっても2万円くらいはしますからね。

フレームはそのままでレンズだけ購入してまた仕事用に使おうかな?

とりあえず落とした眼鏡が直るまではお出かけ用眼鏡を落とさないようにしないといけないですね。

気をつけようっと。

| | コメント (0)

弱い巨人軍!

最近の巨人軍にあきれています。

12点取って勝ったのに11点取られているとは何だ!

主力選手がごっそり2軍に行っているとは何だ!

抑えのピッチャーがいつもドタバタしているとは何だ!

応援してくれる観衆がたくさんいるのに何をやってるんだ!

今季たいしたピッチングしてないのに「大リーグ」とは何だ!

伝統あるユニホームをだらしなく着ていてなんとも思わないのか?尾花コーチを見習え!

一塁まで全力で走らない選手がいるのはなぜだ?

・・・これでも私は大の巨人ファンです。だからたまにはキツイ事も言わせてもらいますね。

| | コメント (2)

影絵

P1010002 会社から帰ってきて一息ついて、何気なく壁を見たら影絵ができてました。

隣の部屋の窓から入ってくる西日がテレビの上にある小物を映しているんですが、何かの顔に見えませんか?

ムーミン、牛、馬・・・?

明日の同じ時間に見たら今日とちょっと違う絵ができてるんでしょうね。

| | コメント (2)

物持ちがいい?

P1010019 私は記念・思い出になるものは残しておくほうなんですが、この“ウォークマン”もその中の1つです。

いつ買ったかは全く覚えてないけど、調べてみたら発売は二十数年前、なんと3万3千円だったそうです。

結構な金額ですね。

でもこれは便利でした。AM/FMラジオも聴けるし録音機能もついているんです。

一人旅で新幹線に乗る時にはよく持っていったなあ。

もちろん今でも動作はバッチリです。

音質は今の時代では普通以下ですけど当時では満足のいくステレオ音でしたね。

いつまでも手元に置いておきたい1台です。

| | コメント (0)

おまけで買い物

今日は月に1回も行かない馴染み(?)のラーメン屋で妻と昼食。

この年齢まで外でラーメンを食べたことがほとんどなかったけど、ここ数ヶ月は今日と同じ店へなぜだかわからないけど来ています。

ラーメンファンのこの店の評判はわかりませんが、私はこの店の特徴、チャーシュー代わりの角煮が大好きなのです。

だから注文はいつも「○○ラーメンの角煮2個」。

5個くらいは入れたいんですけど料金が高くなっちゃうからとりあえず2個にしています。

私はスープまで全部飲んでしまいます。

多めの味噌汁みたいな感じとでもいうんでしょうか、飲めてしまうんです。

この店は私好みの味でおいしいのです。

その後は妻のリクエストで今「ユニクロ」のCMでやっているものを買いに行きました。

何という服か、値段はいくらか・・・は私は知らないけど、今日の広告も入っていたしかなり人気があるみたいですね。

気に入ったものが買えた妻はうれしそうでした。

私は特に何か買うつもりがなかったんですが、2着入って990円の吸汗速乾シャツをついでに買ってくれることになりました。

Gパンは別にして、この前自分の服を買ったのがいつだったかがわからないくらい服には無頓着な私なので、出かけるときはいつも同じような格好です。

着れなくなったら新しく購入すればいいと自分では思っているけど、行動を共にする妻にしてみれば夫がいつも同じ服を着ているのは困るでしょうね。

難しいところです。

| | コメント (0)

荒れた砂浜

妻が実家へ帰ったので昼間は私一人です(別に逃げられたわけではないですよ)。

ということで昼間に久しぶりに天竜川西に広がる海岸をぐるっと歩いてきました。

時間にして1時間35分、万歩計をつけてみたら10635歩でした。

前回より1.5倍ほどの遠回りコースを歩きましたが砂浜に足を取られて大変、大変。

前はこんなに歩きにくかったかなと思いましたが、ヘトヘトなりながら無事帰宅できました。

P1010006 でも砂浜は相変わらずの状態。もちろん悪いほうで!

ペットボトルやなんだかわからないプラスチック容器があっちこっちに落ちています。

そして特にひどいのが車のわだち。

いたるところに伸びていて海岸がひどく荒らされたような状態でした。

車で波打ち際まで乗り込んできて釣りをしている人も全部で20人くらいいたでしょうか。

私が子供の頃は砂浜に入ってくる車なんて無かったのに。

昔も釣りをする人はいましたが堤防沿いに車を止めて海岸まで歩いてきてやっていたと思います。

いったいいつからこんな勝手な人が入ってくるようになったんでしょうかねえ。

たぶん堤防の西端、しかも海側に車を止めれるスペースを造った後からだと思いますが、なんか故郷に土足で上がり込んで荒らされている気がしてイヤです。

先日中止になりましたが“ウェルカメ・クリーン作戦”で皆で海岸を清掃するのはもちろん大事ですけど、その前に砂浜への車の乗り入れを完全に禁止することのほうが先のような気がします。

ゴミをなくしてきれいになっても誰かが車で走り回って荒れ放題の海岸にアカウミガメが産卵に来るわけがないですよ。

産卵したとしても卵が潰されてしまいますよ。

市・県・国の担当者はどう思っているのかな?

たらい回しだけはしないでくださいよ。

| | コメント (0)

思い出の歌その3

“青春歌年鑑’78”を昨日手に入れました。

もちろん落札ということで。

でも不思議なものです。

当時カセットテープに必死になって録音したものが今は小さな1枚の円盤で聴けるんですからね。

早速今日聴いてみて、なんとなく昔の良き思い出の時代に戻った気がしました。

「微笑がえし」「迷い道」「東京ららばい」「ブルースカイブルー」「闘牛士」・・・

昔の歌を好むということは逆に今の曲は興味がなくて聴かないということですね。

今は「初登場で1位!」というのが多いけどそれは歌っている人が好きでCDを買う人が多いだけで、いい曲だからという理由でたくさんの人が買っているわけではないと思います。

下からだんだん順位を上げてきて1位になる曲ってあるんでしょうか。

でも昔に戻ってばかりいないで、今いい歌をもっと探してみるのもやっぱり大事かと思った今日この頃です。

| | コメント (0)

もうすぐ週末

夜勤も週後半になると朝起きる時間が少しずつ遅くなってきます。

最初に目が覚めるのは毎日ほぼ同じ時刻なんですけど、二度寝した後布団から出るのが週始めは午前9時前で週後半になると10時を回っています。

本当はそこからもう少し寝たいんですけど、外は明るいし何かしらの生活音がしているから無理なんですよね。

遮光カーテンのある部屋はメインのテレビを置いて娯楽の部屋(!)にあるので、まずはそこにベッドを置いてその部屋で寝れる状態にしなければいけません。

でも、リビングに置く薄型液晶テレビも欲しいしソファーも欲しいし、優先順位から行くと今のところベッドは3番目か4番目くらいです。

だから当分は今のままでいくしかないですね。

それともアイマスクをして少しでも暗い状態を保てるようにしようかな?

薬には頼りたくないですから。

他に方法はないかいろいろ調べてみようかな・・・。

| | コメント (0)

思い出の歌その2

「美しきチャレンジャー」

ここ数日私の頭の中をぐるぐる回っている歌なんです。

ボーリングブームの時に放映していたいわゆる“スポーツ根性ドラマ”の主題歌ですが私はドラマ自体はリアルタイムでは見た記憶がありません。

それなのになぜ思い出の歌かというと、子供の時によく遊んだ子が家でカセットテープでよくこの歌を流していたんです。

放送が1971年4月から10月だったそうですから私が小学校の低学年のころということで記憶とぴったりです。

その時はカセットテープレコーダーがまだ珍しかったので余計に強く印象が残っているんです。

歌詞がいいかどうかはわかりませんが曲の雰囲気が私好みで抜群にいい!

さすがに時代を感じさせる曲調ですけど、今別の人が同じ曲調で歌ってもCDを買ってしまうかも知れません。

| | コメント (0)

行きたいなぁ

P1010060 2年前のスイス旅行での写真です。

グリンデルワルトからゴンドラで上がってフィルストからバッハアルプゼーへのハイキングの途中です。

カウベルの音が心地いい。緑がきれい。とにかく気持ちよかった・・・・。

変な事件が多い。

政治もどこへ進もうとしてるのか全く見えない。

物価がどんどん上がっていく。

こんな湿りっぱなしの日本を離れてまたスイスへ行って見たいです。

でもいつも行けるわけがないから、こんな時は写真を見て心を和ませようかと思います。

| | コメント (2)

今週も・・・。

また今週も夜勤の時が来てしまいました。

仕事の時は昼間よりも周囲に人がいないので気分的には楽です。

でも、週の後半に行くほど疲れが溜まっていくのがわかります。

いつも朝10時頃に起きるんですが、ボーっとする度合いが大きくなります。

あぁ、早く週末が来てほしい!

なんか夜勤のたびに同じこと言ってるみたい・・・。

| | コメント (0)

ウェルカメ

本当は今日午前9時から「ウェルカメ・クリーン作戦」で海岸を清掃するはずでしたが、朝からあいにくの雨のため中止になってしまいました。

この活動は「ウェルカム→ウェル亀」ということで、アカウミガメの産卵のための海岸清掃で毎年5月の第2日曜日に行われているそうです。

しかも天竜川河口から浜名湖今切口までの遠州灘海岸のかなりの広範囲。

名前は聞いたことはありますが実際に参加したことはなかったので今回中止になってちょっと残念。

活動が中止になっても清掃なら個別にいつでもできますから、今後海岸を散歩・ウォーキングする時はゴミ袋を持っていって小さなゴミでも拾ってこようかなと思っています。

家に持って帰っても指定されたごみ収集日にはちゃんと出しますから“ゴミ屋敷”にはしませんよ。

| | コメント (0)

思い出の歌

最近映画の宣伝を兼ねて水谷豊がテレビによく出ていますが、それを見ていると私が中学生だったころを思い出します。

このころはラジオ番組をよく聴いてました。

まあ母親があまりテレビを見せてくれなかったというのもあったけど、FMのリクエスト番組をラジカセで聴きながら、好きな歌を手当たりしだいカセットテープに録音してました。

今でも、特に中学3年生のころに流行った曲を目を閉じながら聴くと当時のクラスの思い出がどんどん出てくるのです。

それほど楽しかった!うん。

初代の金八先生と同じ時代だったというのもあると思うのですが、“カリフォルニア・コネクション”も当時を思い出させてくれる中の一曲なんです。

もちろん“熱中時代・刑事編”はほとんど見ていませんが。

この他に“YOUNG MAN”“虹とスニーカーの頃”“みずいろの雨”“さよなら”“夢追い酒”“SACHIKO”・・・・・数え切れないくらいたくさんあります。

青春歌年鑑’77~’79のCDを買って聴いてみたいです。

いい時代でした。

戻れるんだったら中学3年にもう一度戻りたいです。

高校受験の勉強ももう1回やってみたいかも。

| | コメント (0)

イタリア村

昨日寝る前に聴いていたラジオのニュースで、「名古屋港イタリア村」が事実上の経営破たんで休業しているというのをやってました。

ここは妻と一緒に行ったことがあります。

船のクルージングで海賊が出てきてビンゴゲームをやったり、バレエを観たり、本場(たぶんイタリア)の楽団のコンサートを聴いた後にCDを買ってサインをもらった上にクラリネットの人と片言の英語で話をしたりして楽しかったです。

生ハムを売っている所もありました。

スイスの新婚旅行で生ハムが好きになって以来日本の旅先で買おうと思っても本場の生ハムがなかなか無いので、見つけたら迷わず購入しました。

グラム単位で注文するとその場でスライスしてくれるんです。おいしかったなあ。生ハムを買うんだったら「イタリア村」と決めていたのに、これからはどこに買いに行けばいいんだよぉ~?

新たなスポンサーを探しているみたいですけどなかなか見つかりにくいみたいです。

再開してくれればすぐに買いに行きたいんだけどどうなるんでしょうか?

| | コメント (0)

使い回し

例の料亭で客が食べ残したもの・手をつけなかったものを別の客に使いまわして出していたそうですね。

一店舗だと思ったら他の店でもやってたみたい。

あの“ささやき女将”は、「私は知らなかった。」なんて言っているようだけどどう見ても嘘ついているとしか思えません。

もうだめだと思います、この料亭。

まあ、私が行けるようなところではないので別にいいんですけどね。

料亭は絶対悪いけど、出された料理を平気で残すほうもどうかなと思います。

でも、贅沢できる人が高級料亭で接待をするんですから、そんな人は自分が食べ残してもなんとも思わないんでしょうね。

私はいつもブツブツ言っているんです。

「ご飯粒1つも残したらイカン。」

「料理をたくさん出しても食べ残して捨てるくらいなら、最初は少なめに出して、足りなかったら後で追加して。」

妻に言ってるんですから、子供が出来たらもっと厳しく言ってしまうかも。

| | コメント (2)

撤退

モータースポーツ最高峰と言われている“F1”。亜久里チームが資金難で撤退するそうですが、私は別に残念でも悔しいでもなんでもないです。

やっぱりお金持ちのチームが走れて、さらにその中の一番のお金持ちが勝つようなカテゴリーですよね。

「いい車、いいチームだったら誰が乗っても勝てる。」っていうのを聞いたことがありますが、資金力で勝敗が決まってしまうレースは私は全く興味がないです。

私が好きなNASCAR(アメリカのレース)はなるべくお金をかけないで同一コンディションの車になるように工夫されています。

でも実際は車の開発・テストのほうでかなりのお金がかかっているんですが、車を皆同じようにしてくれるだけでも私はうれしいのです。

NASCARにはトヨタ・カムリも出てますが日本人ドライバーは今はいません。

亜久里チームとしてカムリでチャレンジしてくれればうれしいんだけどなぁ。

| | コメント (0)

鉄道見学

P1010093 先日の旧東海道復路歩きで、帰りの時に乗った近鉄内部線の南日永駅です。

当日は気がつかなかったけど線路の幅が極端に狭いそうです。

2両編成のうちの1両に絵みたいなものが描いてありました。

お願いですからバス路線に変えないでくださいね。近鉄さん。

これの影響ではないですが、4日(日)には妻と“佐久間レールパーク”に行ってきました。

JR飯田線の中部天竜駅の横にあるんですが、私にとっては見ごたえのある施設でしたね。

駅のすぐ前の駐車場に車を止めましたが、なんか全部金網に覆われていているみたいでレールパークへの入口がどこかわからない。

でも電車が来ないのに駅を出入りする人がちらほらいたので(もしや!)と思っていってみると、駅の入場券=入園券になってました。

140円です。小さい駅ならではの良いアイデアですね。

車両を展示してある方へ入っていくと「でか~い!」「高ぁ~い!」の連続でした。

普段はホームの上でしか見ていないので、今回みたいに地面から見上げるとどの車両も迫力があるんです。

親子連れがたくさん。

いかにも鉄道マニアみたいな人も多かったです。P1010011

0系新幹線も大きかったです。

でもあるのは頭だけ。

今の新幹線も流線型がきれいですが、私の世代は“新幹線”といえばこの顔のほうがなじみがあります。

そして真正面から見ていた妻がひと言・・・。

「キティちゃんみたい。」

おお、そういえばそう見えますよね。

キティちゃんが免許証の写真を撮るとこんな感じになりそうです。

うちの奥さんもなかなかいいことを言ってくれます。

鉄道マニアは皆そう思ってるかもしれませんが。

他の車両も見学しました。

床が板張りの車両がありましたが私はこういう電車は乗った記憶がありません。

バスはなんとなく記憶があるんですけど。

ここにある全部の車両に入れるわけではないし、私自身子供のころ電車に乗ったこともあまりないですが、角ばった車両、ぶ厚いボディ、硬い座席、天井の大きな扇風機などを見ると懐かしい気分になりますね。

新型車両で○○分短縮するのもいいですが、この辺りのような山間を走る鉄道は昔の車両でトコトコのんびり走るのもいいですよね。

5年前のスイスへの新婚旅行でルツェルンの鉄道博物館へ行き、今回の佐久間レールパーク。

次はもちろん大宮(?)にある鉄道博物館に行かなきゃ鉄道ファンに怒られてしまいますね。

| | コメント (2)

旧東海道復路その10

その9の続きです。

“おばさんと犬”との駆け引きはしばらく続きました。向こうが立ち止まったので私が抜こうとするとまたすぐに歩き出したりして、結局は道を挟んでお互い並行して歩くことになってしまいました。(左に曲がりそうだな。)と思っても曲がらなかったりでお互い気になっていたようですが、広い道に出る手前のほうでやっと犬が止まってくれたので、私はそのまま歩き続けてやっと振り切ることが出来ました。

P1010080 近鉄の踏切を渡り数百メートル歩くと“日永の追分”に出ました。中では年配のご夫婦らしき人が休憩をしてます。ここは東海道と伊勢道の分岐点だそうです。私が歩いてきた道から右に鋭角に延びている道が伊勢道になるんでしょうね。

私はその先の左斜めの道を進みます。今回はこの先にある泊(とまり)駅で止まろう(!)と思いましたが、時計を見ると目標の6時間に少し足りなかったのでもう一駅分を歩くことにしました。P1010084

最後の力を振り絞って進みます。すると道の右側に1本だけ松が伸びてました。“東海道名残の一本松”と案内板にありましたが、この松も昔この辺りに植えられていた木の中でただ1本残っている木のようです。当時は道の上空には余分なものがなかったけど今は電線や電柱があるし車も通るから、大きな木は邪魔になることが多いんでしょうね。旅をする者としては残念なことです。

そして、近鉄・南日永駅付近、日永三丁目と四丁目の間の交差点で今回は「終了~!」しました。

午後3時38分終了。歩いたのは6時間と6分。39321歩でした。距離にすると30キロ強ですか。

本当に疲れました。今回は昼食抜きで無理をしてしまいました。左足が痛いです。腰も少し・・・。曇っている時が多かったけど汗はジワッと出たみたいで、中に着ていたTシャツも湿っています。でも疲れて下手に座ると次に立ち上がったときにまともに歩けなくなるので休憩はもう少し我慢です。

で、今回の終了場所を写真に撮ろうとしてカメラを構えたところ、右腕に「ビチャッ!」と何かが落ちてきました。・・・食らってしまったのです、鳥のフンを!これが今回の“とどめの一発”でした。見上げると電線にカラスが。でも上着は肘までまくっていたし、服にはちょっと跳ねただけ。右手の肘から先までの被害で済んだので助かりました。最後に変なおまけが付いてしまいました。

P1010089 フンをふき取って他に汚れていないことを確認してから駅に向いました。小さな駅です。無人駅のようですが券売機はありました。1時間に2本の電車でしたが静かにのんびり待つことが出来ました。2両編成の電車に乗り、四日市で準急に乗り換えて名古屋まで行きました。今回は妻の実家へ直接行って泊まる事になっているので自宅よりは長い距離になるんですが、新幹線は発車間近の“ひかり”に乗れたし東海道線も発車間近の電車に乗れたので、思ったより早く帰ることが出来ました。妻の実家の最寄の駅からは20分近く歩きましたけど。

今回は交通費10910円。飲み物600円でした。これから梅雨になるし、その後は暑くなってくるし、次回はその先になるでしょうか?そう言いながら、私のことですからすぐに行くことになるんでしょうけどねfoot

あ~あ、明日からまた仕事です。早くお盆休みが来ないかなぁ。

| | コメント (4)

旧東海道復路その9

鈴鹿川沿いの国道を進みます。関西本線の線路に近づくと思ったら右方向へカーブして歩き、次の左カーブの途中に工場があります。その先に左方向に延びている道を進むと,この辺りは田んぼの中の農道を歩く感じになっています。ガイドブックでは今回歩いたコースの他に左の道に進まずにもうしばらく鈴鹿川沿いに歩いてから北上するコースが記してありましたが、旧東海道を歩いた人のホームページを見ると前者のコースを歩いた人が多かったのでこちらにしました。

左側の道を進むとありました、案内板。これで安心です。線路の上を高架で渡してある道の下をくぐり、その先の小さな踏切は渡らずに今度は国道の下のトンネルを抜けます。抜けたら案内板もあるのでそこを左に進み、あとは線路沿いに歩きました。突き当たったら小さな階段を下りて左折して線路の下をくぐりました。

P1010060 右手に見えてきたのが“石薬師の一里塚跡”です。線路の近くにあるので朝電車で来る時にもすぐわかりました。この道の反対側に「東海道石薬師宿」という道しるべみたいなものがありましたが、その裏側へ回ってみると「○○・○○小学校門柱」とありました。何でしょうか。統合でもしたのかな?それとも廃校になったのかな?ちょっと気になる道しるべでした。

石薬師寺を過ぎ国道の上をまたいで進みました。気がつくと午後1時40分。だんだんと左足が辛くなってきているし、ここでちょっと休憩することにしました。休憩といっても100円のスポーツドリンクを飲んで、アーモンドチョコを5粒くらい食べただけ。最低6時間は歩こうと思っていたし帰宅ラッシュにも巻き込まれたくなかったので、このままお昼ごはんを食べずに歩くことにしました。良くない事だけど今回は自分でもかなり無理しているのがわかります。

P1010066 10分弱休憩しただけでも疲労感が少し和らぎました。再びスタートです。少し歩いてみたら右手におもしろい案内板がありました。普通の民家だと思うのですが石(?)やタイル(?)を使って自作したようなものです。これが細かく記されてよく出来ているんですよ。市や町が作った立派なものもいいですが、こういう手作り案内板があってもいいですよね。

漬物工場を過ぎてから国道を歩き、今度は信号のところにある横断地下道をくぐって反対側の道へ進みます。静かな道をしばらく歩いてから再び国道に出ます。久しぶりに長めの国道です。もう、うるさい。空気が悪い。しょうがないことだけどイヤですねぇ。

その国道を1キロ強歩いていくと右斜めに延びている道があるのでその坂を上がっていきます。すべり台の横を歩き静かな道を進んでいくと突然急な下り坂が現れます。“杖衝(つえつき)坂です。傷ついた日本武尊(やまとたけるのみこと)が杖をつきながら上がったといわれているそうです。すごい急勾配なんです。下る時も小股でチョコチョコ歩きました。途中には芭蕉の句碑と杖衝坂碑が並んでいました。

P1010076 坂を下りて新しい家を通り過ぎて突き当たりを右折します。道なりに左へ折れて進み、国道の向こう側へ出た後は川に出るので近くの内部橋を迂回します。

そして近鉄・内部駅付近の国道を斜めに渡ります。気がつくと私の前を犬を連れたおばさんが歩いていました。犬が時々振り向いて私を見るんですが、そのたびにおばさんが、「おっちゃんが歩いているからいいの。」「同じ道だからいいの。」なんて言ってます。たまに私がガイドブックを確認して時間を遅らせて歩き出しても今度は犬のほうが雑草の匂いを嗅いで止まってしまうので、かえって気になってしまって歩きにくかったです。

さて、この“おばさんと犬”と私との駆け引きはいったいいつまで続くのでしょうか?

| | コメント (0)

旧東海道復路その8

亀山城江戸口門跡を左に曲がったら商店街風の道を進みます。少し歩くと左側にはお城の形をした店舗がありました。ここも住宅は密集しているんですが人通りはそんなになかったです。やはり平日のためでしょうか。

P1010033 更に先に進むと、今度は右側に突然コンクリートの四角い建物が見えました。地元の和菓子製造みたいな工場かと思ったらあの有名な「カメヤマローソク」でした。出入り口のところに人が数人いたので工場自体の写真は撮りませんでしたが、目の前にはバス停がありました。旧東海道沿いからは工場がそんなに大きく見えなかったけど、ガイドブックの地図を見ると中のほうに敷地が広がっているみたいです。その先の交差点の南側にも専用駐車場の看板が見えました。

P1010038 亀山宿を出て和田一里塚跡を左に見て進むと国道に出ましたが、またすぐに左に入ります。再び国道、そして椋川を渡って歩きます。ふと右側を見るとあまり目にしないような色合いをした花が咲いていました。たぶん私が知らないだけでしょうけど・・・。人が植えたような感じではなかったです。

またまた国道を横切り井田川駅の前を過ぎて、その先の線路を渡りました。国道から離れると静かになるので気持ちがいいです。しばらくすると川に出るのでいつものように近くの橋へ迂回します・・・・・のはずですが、道がそのまま橋へと続いています。あれ、また何かおかしい。しかも“和泉橋”のはずなのに“平和橋”になってます。近くに学校があるはずなのにその気配がどこにもありません。

なんと、また間違えてしまいました。今回3回目です。また曲がるべきところをまっすぐ歩いてしまったようです。橋の方向も全く反対。そのまま歩いていたら1キロ先の川の対岸を進んでしまう事になってしまうところでした。本来のポイントまで戻りましたがものすごく長く感じました。15分くらいかかったので往復約30分の無駄ということですね。こんなミスは今まで記憶にないです。お腹がすいてきている時でちょうどお昼のチャイムみたいなのが聞こえたりしたのでかなりのショックでありました。

P1010040 曲がるべきところにある小さなクリーニング屋さん。卵の自動販売機もあります。さっきはなんとも思わず歩いてしまいました。その場所をよく見ると、旧東海道の手書きの案内板がさりげなくありました。しかも江戸から歩いてきた人にしか見えないような方向にです。復路(京都から江戸方向)を歩いてて思ったんですが、小さな分岐点ほど往路(江戸から京都方向)歩きの人が見る方向に案内板があるような気がします。復路だと逆になって見落としてしまうことが多そうなんです。ミスを多発した私の意見ですから実際はそんなことはないかもしれませんけど。でもやっぱり私が注意して歩くしかないですよね・・・。

さて、気を取り直してクリーニング屋の左側の道を進みます。そして安楽川に出ました。小学校も見えて子供たちの声も聞こえてきています。ちょうど給食の時間でしょうね。和泉橋を渡るとあることを思い出しました。往路の時には河川敷のグランドで子供たちが野球をやっていたんです。渡った橋を振り返ると確かにその時歩いた橋でした。「あ~、元に戻れてよかったーッ。」ですね。

橋を迂回した後は旧東海道に戻ります。そして西富田から汲川原までの緩やかなS字の道を歩くと、国道をくぐって向こう側へ出るところに来ました。

P1010049 案内板によると、現在地から右後方に進んでその先をくぐるようになってたけど、私のガイドブックでは左に見える地下道を通って時計回りに交差点へ出てから右斜め上に進むようになっていたのでそちらに進みました。本当は強引に斜めまっすぐに歩きたいところですけど、こんな私でもまだ人生半分しか進んでないですから無理するのはやめました。

P1010051 その交差点を過ぎて左斜めの道に入り、更に左斜めの道に入ると庄野宿に入ります。ここは比較的に古い民家などが多く残っていました。写真は今は資料館になっている旧小林家住宅ですが、写真を撮って歩き出したと同時に中からリュックを背負った大学生みたいな人が出てきました。たぶん私と逆方向(西)に歩いていったと思います。

町並みの長さはそんなになく、右斜め前に工場が見えたらその道を右折、その先の信号を左折して車の通りが激しい国道を進みます。往路の時はこの信号のところで事故の調べのようなことをしていました。排気ガスと騒音に苦しみながら私は次の石薬師宿を目指すのです・・・。

| | コメント (0)

旧東海道復路その7

暑くなる前に、または老いて歩く力が弱くなる前に・・・ということで、1日(木)に旧東海道の復路の続きを三重県の関宿から東へ歩きました。今回はコース間違いが3回もあり、更に歩き終えた時にとどめの一発(!)があったりしたのでそれをブログにしたいと思います。

前日の夜まで普通電車で行くか新幹線で行くか迷いましたが、結局は新幹線で名古屋まで行って、そこから関西本線で関駅まで行きました。平日とあって電車内は高校生がたくさんでにぎやかでした。若いんだからこうでなくちゃね。亀山駅で乗り換えた電車には、いかにもこれからハイキングやトレッキングをするとわかる人が増えていました。私もその中の一人ですけど。

P1010002

2両編成の電車に揺られ関駅に着いたのが午前9時過ぎ。数人が降りただけで駅は相変わらず静かです。ここから西への電車は往路の時も乗っていないので、別の旅行の時には是非電車で行ってみたいと思わせるようなのどかな風景です。

前回歩き終えた場所まで行き、いつもお世話になっているガイドブックを出し、新しく購入した万歩計をベルトに装着し、ウォーキングシューズの紐を締めなおし、気合を入れなおして9時25分に歩き始めました。

古い町並みを残している関宿は何回来てもいいところですね。この日も人通りはほとんどなかったけど町全体の取り組み方が成功している良い例だと思います。

国道に出て、川を越えたところの信号を右に曲がり、線路を渡ってからしばらくは川沿いの道です。川沿いの旧東海道もそんなにないと思います。今はどこも川面より高いところに道がありますが、当時は同じような高さにあったんでしょうか?

小学校の前を通りしばらく歩くと線路沿いの道に出ました。線路と平行に伸びているまっすぐな道です。本当に見事な直線。途中まで歩いていて(あれ?おかしい)。気がつきました。旧東海道ではない道の特徴のひとつ、「直線」です。しかも明治維新以降にできた線路沿い。ガイドブックを見たらやっぱり違ってました。今回1回目のミスです。P1010019

200mくらい戻ったでしょうか、線路を越える道がしっかりありました。またまた調子に乗って行き過ぎてしまったようです。向こう側へ渡ってから振り返ってみると見事に線路を斜めに横切っているのがわかりました。

P1010023 落針、野尻の静かな通りを抜けしばらく歩くと左側に“野村一里塚”がありましたがここも片側だけです。でもほぼ完全な形をとどめているそうで国の史跡にも指定されています。どっしりしていて立派ですよね。

これは椋(むく)の木です。ガイドブックによると、普通は榎が多いようですが椋の木の一里塚は珍しいということです。

その先、亀山市街に入る前にコの字形の道があります。(ここを曲がるのかなあ?)と途中で不安になりましたが、このあたりの家には昔の屋号を書いた木札を掲げてあって、それを目安に歩くことが出来たのですごく助かりました。市街地の中心に行くと札についての案内板があって、それによると最近この辺りは古い建物が壊されて昔の宿場の雰囲気がどんどん少なくなっているために「宿場の賑わい復活プロジェクト」による最初の活動として進められたそうです。もちろん今は札の屋号と表札の名前は違いますが、当時のイメージを思わせてくれるだけでもありがたいなと思います。

コの字の出口は下り坂になっていて、その先は小さな右カーブ、そして左のカーブを進みました。そして、その先の信号をまっすぐ東に進んでから2回目のミスをしてしまったのです。どう進んでもガイドブックに記してある道に出ない!往路の時にはこんなに迷ったことはなかったのに、新しい建物が建っているし区画整理でガラッと変わってしまったのかな?あっちこっち探っても全くわかりません。

そういえば信号の角に交番があったし、こりゃ聞いてみるしかないか・・・と覚悟を決めて、でもその前に交差点に戻ってもう一度ガイドブックを確認してみました。改めてよく見ると交番の地図記号が記してあったので、実際の交番の位置と地図を合わせてみると・・・・・

ガ~ン!

完全な方向感覚の狂いでした。信号を東に進んでいると思って歩いたのは実は北北東の方向だったのです。地図の線と同じ方向に歩いてみると先ほど紹介した木札が商店街の先の先まで掲げられていて、旧東海道という事実を確かに表してました。つまらないミスだったです。いやぁ、まいった、まいった。

安心して商店街を左へ緩やかに折れ、亀山城江戸口門跡を左に曲がって歩いていきます。本町二丁目です。

つづく。

| | コメント (2)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »