« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

旧東海道復路その3

P1010069 土山宿へ入りました。ここは昔の民家風の建物が多くありました。籠目格子(かごめごうし)造りという旅籠独特の造りを見ると心が落ち着きます。ここは鈴鹿峠の手前の宿場なので繁盛していたそうです。

雨はいつの間にか止んでいますが相変わらず風が強め。でも追い風になるので歩くのはそんなに苦になってないです。

道の駅のところで左に折れます。時刻もちょうど13時。いつもだったら多少の空腹でも最後まで歩いてしまいますが、鈴鹿峠越えを控えていることもあり、ここで軽く昼食をとることにしました。

水口宿からここまで何歩歩いたか確認しようと思ったら万歩計を落としてしまいました。(壊れたか?)と思って慌てて拾いましたが大丈夫でした。

ここまで3時間10分歩いて・・・20296歩。よし、よし。自分で数えてたら大変な数です。

P1010075 道の駅「あいの土山」に入って食券を購入。全部温かい麺みたいだったので私は“茶うどん”を注文しました。粒々が入った四角いうどんに四角いとろろ昆布(?)・かまぼこ・刻みネギ・あられが入っていて、横にあるわさびを混ぜて食べます。見た目は全体的にお茶の色ですが味は普通でした。辛いもの好きの私にはわさびの辛さが物足りなかったけどおいしくいただきました。これで500円です。お茶にわさび・・・地元静岡県のうどんみたい。

しばらく窓の外を眺めてボーっとしてから再び気合を入れて出発です。道の駅を出て歩道橋を渡って国道を横切り、坂上田村麻呂を祀る田村神社の参道を進みます。途中で右に曲がって田村川に出ます。往路の時同様に迂回しなければと思っていたら、うれしいことに橋が出来てました。昔あった橋を3年前に復元したそうで、私を含めた今の旅人にはありがたい橋でもあります。

橋を渡って小さめの茶畑の横を通り、ドーン!ドーン!というプレス(たぶん。)の地響きがする工場の間にある道を進んで蟹坂(かにがさか)を抜けて国道1号線に出ると、いよいよ鈴鹿峠へ向けて歩きます。

さすがに国道1号線はすごい!うるさい!こっちが必死になって歩いているのに、その横を大型トレーラーがうなりを上げて走っていきます。そんなに慌てて行かなくてもいいのにねえ。普段車に乗っている時はなんとも思わないけど、歩いているとそんな風に考えてしまいます。

P1010094 国1から途中で脇道に入りましたが、その上には最近開通した新名神がデーンと構えています。往路の時はここまで出来ていなかった記憶がありますが、この風景もすごいですね。真下から上を見上げると、いつ崩壊して落ちてきても不思議でないくらい怖い建造物に見えてしまいました。旧東海道の道しるべと並べて見えるこの時代の差は一体何なんでしょう?

再び国1に戻って歩きます。今まで左側を歩いてましたが鈴鹿峠へ登る道は道路の右側にあるので、車の流れが完全に切れたのを確認してから走って渡りました。

緩い登りを歩いてきましたが、だんだんと足が疲れ始めてきました。でも、峠の上まではもう少しです。P1010101

喜んで慌てて歩いて余計に足を痛めてはいけないので一歩一歩ゆっくり歩いていくと、見えました!ありました!

これが鈴鹿峠に建つ“万人講常夜灯”です。鈴鹿峠のシンボルです。ようやく着きました。現在14時34分です。なんか一気に疲れが出てきました。でも本日の目標を半分達成できたのでここで休憩です。

かなりの歩数になったでしょう。万歩計を確認すると・・・・、

20410歩。

あれ、うどんを食べたところから100歩増えただけ?・・・ガーン!!壊れてました。

手で一所懸命何回も振ってみたけど、カウントしているカシャカシャ音はするんですがデジタル数字が全く増えません。さっき落とした時に壊れたんだ。ショックです。ウォーキングシューズと共に旧東海道の旅で最も長いお付き合いでしたが役目を終えてしまいました。でも仕方がないです。歩数を数えるのはここでやめることになりましたが、旅はまだまだ続くのです。

| | コメント (2)

旧東海道復路その2

旧東海道は水口宿を出て土山宿を目指して東へ歩きました。

始めのほうでは脇道から県道へ合流、そして再び脇道に入り再び県道に合流するという旧東海道の特徴でもある状態が数回続きました。P1010015

県道沿いには民家から少し離れたところにピカピカの小さなポストが寂しく設置されてたりします。投入口に何か紙が貼ってあったのでまだ使えないのかと思ったら「ペンキぬりたて」でした。こういうポストは初めて見ました。郵便物の入れ方に気をつけないと赤い郵便物ばかりが相手に届いたりなんかして。まだペンキが付くかどうか確かめようと思いましたが、指紋がついたポストでは具合が悪いのでやめておきました。

この辺りはまだテンポ良く歩けています。

その先、県道と国道が合流する所、旧東海道とそれらの道が交わる所に“土山一里塚碑”がありました。P1010017

文字通り街道沿いに一里ごとに、しかも道の両側に造られたものだそうですが、このような形で残っているのは少なく、多くが塚だけや○○塚跡になってしまっているんです。案内板を見ると「明治維新後に撤去された」となってました。なんでもかんでも新しくするのも問題だなあと思いましたね。

「江戸時代はにぎやかだったんだなあ。」と思いながら、今は車がたまに通るくらいの静かな道を進みます。

再び歩道橋を渡って国道を横切ります。寺前付近です。この辺りは特に目立った史跡はなかったですが、所々に古い民家が残されていて私好みの良い雰囲気でした。こういうのをいつまでも大事にしてほしいです。

しかし、11:40ころ前野あたりでとうとう来てしまいました。雨です!でも、雨具を用意するほどでもなかったし、振り返って西を見ると雲が切れていたのでそのまま歩くことにしました。眼鏡のレンズに雨が当たらないように帽子はかぶりましたけど・・・。

野洲川に架かる白川橋方向に向って歩いていると、向こうから帽子をかぶって手袋をした人が歩いてきました。私と同じように旧東海道を歩いているような人に見えたので軽く挨拶をしました。でもサラッとすれ違って行ってしまったので違ったのかなあ?ちょっと残念でありました。

その人が歩いてきたほうへまっすぐ歩いていくと、その先には小さめの新しい橋がありました。

P1010054 新しい橋は怪しいと思ってガイドブックを見てみるとやっぱり違ってました。曲がるべきところを曲がらずに進んでしまったようです。仕方がないので200mほど戻ってみると、旧東海道として左斜めの方向へ向いている細い道があったのでそちらを進みました。あぶない、あぶない。

国道を横切りガソリンスタンドの横の細い道を歩きます。道なりにどんどん歩いて野洲川の手前に来ましたが向こう岸に渡る手段なんてもちろんないので、往路の時と同様に南にある白川橋までぐるっと迂回して行くことにしました。旧東海道を歩いているとこういうことが多いんです。別に普通に橋のほうを歩けばいいんでしょうけど、私はそこまでしてもこだわりたいんです。

いつの間にか雨がやんでいたんですが迂回している時(お昼過ぎ)に本降りになってきたので、工場の裏側の屋根のあるところでカッパを上だけ着ました。風も強くなってきたみたいです。寒いです。そして先ほどの岸の反対側のところへ。時間のロスですけど自分が決めたことですからこれでいいのダ。

そしてまたまた国道を挟んで南側に入り土山宿に進みます。

つづく。

| | コメント (2)

旧東海道復路その1

昨日(28日)“旧東海道復路歩き”を4年3ヶ月ぶりに復活してきました。

今日は両太ももと腰が痛くていつものようにスタスタ歩けません。

今日から今回の旅をメモを見ながら分割して報告しようと思います。

いつもの早勤より早い4:45ごろに起きて外を見るとやはり路面が濡れてました。でも、「朝まで雨」の予報通りだったのでそんなに心配することはありませんでした。

軽い朝食を済ませた後に持ち物を確認し、妻に車で駅まで送ってもらいました。なるべく早めに歩き出したいので下りの1番新幹線に乗りたかったのです。

しかし、米原・彦根までの切符を買って下りのホームで待っていると・・・

「現在浜松駅のちょっと東で車両故障のため停止しております。」のアナウンスが!

(なに~、冗談でしょ?このままで待ってるの?)

最悪中止も考えましたが、まもなく数分遅れで車両が入ってきました。なんか車両故障の連絡のために停止していたそうなんですが、その故障が何だったのかは結局わかりません。

3分遅れで浜松駅を出発しました。でも、外を見ていても太陽が出てきたり曇ったりではっきりしない天気が続いてます。

無事米原駅に着いて、今度は東海道線に乗り換えて彦根に行きます。でもホームが部分工事中のため迷ってしまい、予定していた時刻の電車に乗れませんでした。いきなりのミステイクだったけどしょうがないですね。

P1010003_2  彦根からは近江鉄道に乗って、今回のスタート地点の水口石橋駅までをのどかな風景の中をコトコト揺られながらのんびり走りました。この電車も途中で乗換えが2回ありましたが、最後の電車の出発の時は乗客2人だけ。田舎の電車そのものでした。

そして、計画より20分くらい遅れましたが久しぶりの水口石橋駅に着きました。無人駅独特の寂しさは変わってなかったですが、外に出てみると前の雰囲気と全く違う!往路、そして前回の復路の時は駅前に店が4軒くらいあったかなあ?

P1010006 往路の時は店の人に頼んでタクシーを呼んでもらったけど、その商店の面影が全くない!店はすっかりなくなって道が出来て家が建ってました。

これにはビックリ!無人駅が余計に寂しく見えてしまいました。残念です。

気を取り直して旧東海道の再スタート点まで出てみました。お~、いよいよ来た。この街道のこの感じ・・・・・またここから疲労との戦いが始まるのだ!

そしていつもの通り万歩計を確認し、頼りの「歴史街道ガイド・東海道五十三次を歩く(講談社)」を取り出し、気合を入れて9:50にスタートしました。太陽もなんとか顔を出してるしまずまずの天気です。P1010007

小さな踏切を渡って、その先に見えるからくり時計の左の道が旧東海道です。でも平日ということもあり年配の人の姿がちらほら見えるだけ。昔と違って今は静かな街道です。ここは途中でアーケードの商店街になっているところもあります。

古い町並みの雰囲気を残した街道を進み、歩道橋を渡って国道を越え東見附跡というところで右?左?と迷いましたが、箱の中に入っていた“お散歩MAP”を出して確認し右の道を進みました。

水口宿の次は土山宿を目指して進みます。途中で水分補給のために自動販売機でスポーツ飲料を購入しました。

・・・・・旅日記を出すのはやはり時間がかかってしまいますね。

ということで、今日はこの辺で。

| | コメント (2)

旧東海道復路計画③

いよいよ明日(金曜日)は久しぶりに旧東海道を歩きます。

鈴鹿峠越えです。

天気予報を見たら「朝まで雨。」となっていたので、歩く時はたぶん大丈夫でしょう。

歩くことも楽しみですが、今日の夜勤の半休と明日の有休で会社を休めることもうれしいです。

| | コメント (4)

旧東海道復路計画

28日(金)に旧東海道の復路の続きを歩きます。

今週は夜勤ですが、27日は後半を休みにして早く帰って次の日に備えます。

往路(江戸~京都)をいつ歩いたかなあと思って手帳を確認してみました。

・2001年3月10日~11月20日 計18回

・109時間51分(東海道102時間30分、佐屋路7時間21分)

・111万7322歩

うわぁ、歩いたなあ。

で、復路はというと、

・2002年7月13日、10月12日、2003年12月20日 計3回

あれ、もう4年以上も歩いていません。

かなり休んでしまいましたが、これを機会に連休などを利用して歩きたいです。

もちろんお金と相談しながらですが・・・。

| | コメント (2)

何でしょう?

P1010002 以前デジカメで撮った写真を見ていると、あぁ、こういう事があったなあ、と。

妻が描いた漫画なんですが・・・・

ドラえもんです。

何だこりゃ?

二人で笑ってしまったのを覚えています。

小さな子供たちのほうがもっとうまく描けるかな。

P1010001_2  でもそっくり忠実に描けちゃうより、こういう画を見ながら笑うことができるんですからいいですよね。

| | コメント (0)

お笑いは?

最近、何でも冷めた目で見てしまいます。

金曜日の夜にテレビで「もう1つのホームレス中学生」みたいなことをやっていて、横で妻がティシュペーパーを取りながら泣いてましたが、私は麒麟のコンビは“お笑い”はもうだめだなと思いました。

確かに麒麟・田村さんには本に書いたこと以外にいろいろあって大変だったでしょうが、まだ現役の芸人でお客さんを喜ばす仕事をしているのに、悲しいことや辛いことで皆を泣かしてしまったらこれからは同情の気持ちで漫才を見られてしまいそうです。

何でも「感動!涙!」が最近多いですけど、それをやらないほうが今後のためにも良い芸能人もいるんじゃないでしょうか・・・と、私は思いました。

なんかおかしな世の中のような気がしたフライデー・ナイトでした。

| | コメント (0)

明日はおまけ。

明日(土曜日)は大嫌いな“休日出勤”になってしまいましたが、何としても早めに帰りたいので今日はがんばって仕事してしまいました。

休みの日はやっぱり休まないといけません。会社になんて居るもんじゃないと思います。

だから今回も週末の休みのためにがんばります。

そして、来週の金曜日はいよいよ旧東海道の復路歩きです。

週間天気では「曇り」になってましたが、もちろん雨が降ってもいいようにカッパ持参で行きます。

休憩なしで歩くくらいの気合がないと水口石橋から鈴鹿峠を越えて関まで行けないかもしれません。

でも関駅まで行かないと帰れないからやるしかないです。

無事歩き終えたら少しずつ報告したいと思います。

| | コメント (0)

「うめー!」?

「うめー!」とか「ほんとにうまい!」とか、グルメ番組などを見てると料理を口にしてすぐに

こんな風に言う芸能人が多いですが、

本当においしいのかな?

本当に味わって食べてるのかな?

たぶんそんなにおいしくないだろうな。イヤ、絶対。

好みは人それぞれ違うんだから、その人が好きな味に「うめー!」って言われても・・・。

以前、普通のすし屋で奮発して大トロを食べたことがあるんですが、テレビで言うほどおいしくなかったです。

お腹がすいてる時に食べるものは何でもおいしいですよね。

のどがカラカラに渇いたときに飲む普通の水道水みたいに。

| | コメント (0)

最下位

P1010004_2再び思い出のスクラップブックからです。

昭和50年(1975)の巨人、長嶋選手が引退して翌年監督になったばかりの年は、ものの見事に最下位でした。

開幕6試合目でポトッと下に落ちて、そのままずーっと最後までいってしまいました。

あらためて見るとすごいですね。この年は他の5球団に完全に取り残されました。

頼りの王選手がケガで出遅れるし、新外国人(ジョンソン)が全くの期待はずれだし、最後には後楽園球場で広島東洋カープが優勝しちゃうし、もう散々でした。

アンチ巨人の人はうれしかったでしょうね。

こういう苦しい歴史があったという事を今の巨人の若手は知ってて試合をしてるのかなあ?

| | コメント (2)

妻風邪後

先週末からの妻の風邪がやっと治まってきたようです。

今朝は私が自分で朝ごはんを作って食べました。といっても“卵かけご飯と納豆”だけだったです。

でも、ご飯と漬物があれば大丈夫な私には贅沢は言えません。

いつも料理してくれている妻に感謝、感謝であります。

明日の朝ごはんは大丈夫のようでホッとしました。

| | コメント (0)

鍋でご飯

風邪をひいている妻のために、炊飯器でお粥を作りました。でも私は普通のご飯が食べたい。そこでここはひとつ、鍋でご飯を炊いてみようと思いましてチャレンジしました。

鍋での炊き方がさっぱりわからないので、パソコンで検索して調べてみました。

①米を30分以上浸す。

②強火で炊き、蓋がボコボコしてきたら蓋に重しを載せて弱火で14分。

③20秒ほど強火にした後に消す。

④15分以上蒸らす。

これが一番いい炊き方かどうかはわかりませんがなんとかやってみました。

P1010004下にあるアルミの鍋の蓋がなかったので大きめの鍋の蓋でぴったりと密封しましたが、その 蓋の重しにちょうどいいのがなかったので、水を入れたやかんを恐る恐る載せてみました。ちょっと危ない気がしましたけど。

で、時計とにらめっこしながら最後の蒸らしが無事終わりました。

ちょっと水が足りなかったかなと思いましたが、蓋を開けてみると・・・・・

おぉっ、いつもの炊飯器と違ってご飯粒の艶が全然違う。かき回してみたら鍋の底にはこびりつきがありましたが、それ以外のご飯粒が炊飯器の時のボテっとした感じじゃない。

P1010012 焦げたところ以外を食べてみると・・・・

「あれ、おいしいじゃん!」

艶があるうえにちょうどいいやわらかさ。いつも食べているご飯との違いがはっきりわかりました。初めてにしては満足の出来でした。

いやぁ、挑戦してみるもんですね。これで楽しみがまた1つ増えました。

| | コメント (0)

妻の風邪

昨日からの妻の風邪、今日もちょっと熱が高いみたいです。

というわけで、布団で休んでいる妻に代わって、洗濯、風呂掃除、お粥つくり、台所での洗い物、 そして薬、アイスノンのチェンジ・・・・。

久しぶりに家事をやりましたが、何だかわからないけど楽しめました。

独り暮らしの経験が蘇ったのかな?

自分の好きなように動けたためかな?

やはり毎日同じことの繰り返しじゃなくて、たまには何か違う事をやったほうが変化があって、ちょっとした新しい発見もできる感じでイイみたいです。

でも、逆に妻は毎日同じことの繰り返しって事ですから、これは感謝しなければいけませんね。

お礼としても何をしていいかわかりませんが・・・・・。

| | コメント (0)

妻が風邪

妻の昨日のクシャミ・鼻づまりを見て私の花粉症がうつってしまったと思ったら、どうやら彼女が風邪をひいてしまったらしいです。

私にはどうすることも出来ませんが、軽い程度みたいだから少し安心しました。

季節の変わり目だから私も気をつけないといけません。

ところで、今月末の金曜日に予定している“旧東海道復路の旅”の当日に雨が降ったらどうしようかを考えるのを忘れてました。

前回(数年前)の時は雪が降っただけでかなり歩きにくかったです。その時は風もあり、顔を上げると雪が当たって冷たいので下を向きながら歩きました。

雨が降っても同じ感じになって歩きにくいと思いますが、今のところは雨天決行のつもりです。

晴れたらクシャミ・鼻水、雨なら体の冷え・・・、どっちもどっちか?

でも、どうせ歩くなら晴れてほしいです。その時だけ鼻炎の薬を飲んで歩けばいいですから。

| | コメント (0)

クシャミ多発

昨日の夜勤中の夜10時くらいから、急に鼻をかむ回数が増え、クシャミも増えだしました。

今年もとうとう私に来てしまったようです。例の病。

今までなんともなかった妻も昨日の昼間から鼻をグシュグシュさせていて、今日は疲れ目+鼻声+クシャミ多発。私のがうつってしまいました。

私は毎年なってしまいますが、昨日は風呂に入った後は治まってたのでまだ軽いほうかと思います。

今月末の“旧東海道復路計画”にちょっと不安要素が出来てしまいましたが、当日は薬を飲んで歩くしかないかな。

過去に甜茶を飲んでた時もありますが効果は感じられませんでした。

だからそれまではなるべく薬に頼らないで、うがい・手洗い・ほこり落とし・洗顔・目薬・鼻かみでしのぎたいと思います。

| | コメント (0)

うつ病

ブログをさまよっていると、うつ病で悩んでいる・治療している人の多さに驚きます。

薬で治療していたり、会社を休んで様子を見ていたり、「眠れない」とか「激しい動悸が・・・」とかで悩んでいたり。

私は今はうつ病じゃなくて大丈夫だと思うんですが・・・。でも、

今まで夜に寝たら朝まで起きなかったのが、交替勤務のためか今は何回か目が覚めてしまう。

夜勤の終了後にとにかく早く家に帰りたくて、自分でも危ない運転をしているのがわかる。

働く意欲が以前ほどない。

休みの日は楽しいかどうかではなくて、後で疲れるかどうかで行動してしまう。

とにかく静かなところで何もしないでボーっとしたい。

・・・これくらいならただ疲れているだけなのかもしれませんが、どんなことがきっかけでうつ病になってしまうかなんてわからないのでちょっと心配なのです。

他の方のブログにコメントさせていただくことがあるんですが、自分が治療する立場になったらどんな風になってしまうかなんて、そんなに真剣に考えたことなんかないです。

う~ん。やっぱり無理しないで、欲を持たないで、必死になりすぎないでやっていくのがいいかな?

まだ子供はいないですが、妻とずーっと健康で一緒にいたいし・・・。

おーっと、仕事に行く時間になりました。

行く前ですが、早く帰りたいです。

| | コメント (0)

巨人軍

P1010001 プロ野球の開幕までもう少しですが、巨人軍の皆様、今年は日本一になってください。いや、なってくださいじゃなくて、

「日本一になれ!」thunder

そして、

年棒の高い選手ばかり集めるな!

たいした成績を挙げてない選手は子供の先生役なんかになるな!

だらしないユニホームの着方をするな!

相手にボールをぶつけても帽子をとって謝るな。にらみつけろangry

キツイ注文ですが、最近の選手は不甲斐ない。強さが感じられない。

巨人の大ファンですけど、今の巨人軍はあまり好きではないです。

とにかく勝ってください。

“ジャイアンツ”じゃなくて「巨人軍」の選手!

| | コメント (2)

洗車

久しぶりに“カーシャンプー”を使って洗車をしました。

いつもはホースで水をかけてスポンジでサッと洗うだけでした。それも月に1回あるかないかです。

今日の昼間は暖かかったのでのんびり出来ました。

窓、ボディー、ホイールを洗って水気をふき取り、後は両サイドのドアやトランク、給油口、ボンネットの各合わせ面とエンジンルーム内の汚れの拭き取りです。

私の車は軽自動車で、しかも2シーターで小さいので、これだけでもそんなに時間がかからずに完了です。

本当は簡単なコーティング剤も塗らなきゃいけないんですけど、まだ大丈夫みたい。

前に乗っていた車も、洗車機に通す事無くいつも自分で洗ってました。

新車で買って「20年乗るぞ!」と思っていたのですが、何と19年半でダメになったので悔しい。本当にクヤシイ!

で、今の車は96年式の中古ですが、あと8年ですね。

パーツもいろいろ売られている車なので大丈夫でしょう。

後は事故にあわないように気をつけるだけです。

| | コメント (0)

映画鑑賞

昨日、妻と大好きなカーアクション映画を観てきました。

P1010002_2 「SS」!

哀川翔アニキが主演で、工場に眠っていたラリー仕様の三菱スタリオン4WDを復活させて走るんです。

20年以上前の車なので古さは感じましたが、派手過ぎないカラーリングがカッコよかった。

映画の出来はというと・・・まあ、普通。

こりゃスゴイ!とまではいかなかったです。

でも、最近海外のカーアクション映画にも多く見られるCGは使われていないそうで、その点は良かったかなと思いますが、BGMがなんか映像に合っていないと思うシーンがいくつかあり、やっぱり普通の映画でした。

観客は何と20人くらい。私が見た映画の中では大観衆クラスでした。

めでたし、めでたし。

| | コメント (0)

残業!

今日は残業を少し多めにやりました。くたびれたぁ。

交替勤務の夜勤者が休みだったので、キリのいいところまでがんばってしまいました。これだけやっておけば、明日の土曜日は午後4時前に「お先に~!」と言って帰れそうです。

その後は私の大好きなカーアクション映画を見に行く予定です。

はたしてお客さんは何人いるか・・・・?

| | コメント (0)

旧東海道復路計画

決めました。

長いこと中断していた旧東海道の帰り、つまり復路を歩きます。

最初は22日(土)を予定してましたが、なんだかんだで28日(金)に変更(たぶん)。

後はスタート地点までの交通手段。

早い時間にスタートしたいし、なるべくお金もかけたくないし、どうやって行こうか今いろいろ考えてます。

かなり長い距離、しかも峠越えを控えているので気合を入れて歩きたいと思います。

| | コメント (2)

ハンバーグ

今日の夕食はデミグラスソース風の大きめハンバーグでした。

炎の料理人はもちろん妻です。

でも、なぜだかわかりませんが硬くなってしまってました。

卵を入れてないから?

焼きすぎ?

二人であれこれ考えましたが、結局は「?」です。

お好み焼きと同じように山芋を混ぜたらどうなるか。

でも、手でこねている時にかゆくなりそうだな・・・・。

| | コメント (0)

鼻歌

仕事中にいつの間にか鼻歌を口ずさんでいる時があります。

今日もそうでした。「侍ジャイアンツ」。

小学生の時にリアルタイムではなく再放送で見たと思うんですが、「王者の星が 俺を呼ぶ・・・」とか「威張った奴は嫌いだぜー・・・」とか、もちろん人には聞こえないようにしてますョ。

でも、仕事中に口だけ動かしているのもおかしなもんです。だから、防塵マスクをしている時は口の動きは見えないからすごく自由で、結構口ずさんだり、ブツブツつぶやいている事が多いです。

こうでもしないと10時間近くも会社に居れません!

| | コメント (0)

家焼くな!

お昼過ぎに妻の付き添いで、リビングに置くソファーを探しに家具屋さんへ行ってきました。家具屋というよりインテリアショップといったほうがいいかも。

“太陽にほえろ”のCDを聴きながら国1バイパスから一般道に出ようとしたところ、横の細い道から消防車が出ようとしてました。

火事か?と思ったら、その消防車のスピーカーから子供の声が聞こえてきました。小学生が同乗しての巡回です。

私も小6の時に少年消防クラブ(B.F.C)に入っていて、消防車に乗って「火の用心。」みたいなことをマイクで話しながら巡回したことがあります。

何を言ってるのかなあとよく聞いて見ると、

「・・・・焼かないでください。」??

「・・・は焼いても家は焼かないでください!」

え?でもなんか子供たちが自分で「エヘッ」と笑いながら喋ってます。

信号待ちで消防車のほうを見ると窓際にいる女の子と目が合って、その子もこちらを見ながら隣の子と一緒に笑ってました。

でも全部聞き取れないまま、消防車はまっすぐ進み私たちは左折して別方向へ。

気になったまま私達は次の信号を右折して更に進むと、横の道からまたさっきの消防車が出てきて、窓際の子供たちも「さっきの車だ!」みたいな感じで大笑いしてました。

でも、最初に何を言ってるのかはまだわかりません。

余計気になってしまいましたが私たちは家具屋へ向って進みました。でも道を間違えてしまったみたいで、細い道を数回曲がりながらやっと家具屋へ通じる道を前方に見つけると、先の道を右から左にまたあの消防車が。

おいおい、3回目ですよ。

今度は向こうは気がついたかどうかはわかりませんが、消防車が止まった信号のすぐ横に建っている家具屋の駐車場に車を止め車外にでました。

そこで、何を言っているのかがやっとわかりました。

「焼肉は焼いても、家は焼かないでください!ウフッ。」

やっぱり笑いながら言ってましたが、元気が出ている明るい声でした。

おもしろい“火の用心”だなと思いましたが、あれ?なんかどこかで聞いたことがある・・・。

「バンバンバンバン、晩○館!焼肉焼いても家焼くな!」

焼肉のタレのCMでありましたよね。牛の着ぐるみが「カーン」と鐘を鳴らすのが。

明らかに先生がそのCMを思い出して、子供たちに言うように教えた感じの文章だと思いました。

今日は小学生の子供達の笑う顔を見て、何だかうれしい気分になった良い1日でした。

○田小の子供たち、ありがとう。

家を焼かないように気をつけます。

| | コメント (0)

海岸歩き2

2週間ぶりに海岸歩きをしてきました。約1時間強でした。

いつも周りの家しか見てないから、海岸に出た時の開放感はいいもんです。

前より多少は暖かくなった感じですが風は相変わらず強かったですね。

P1010001 あれ?間違えて河原に来てしまいました。

・・・・・間違えてないんです。これが海岸(砂丘)の一部なんです。所々がこんな状態で砂地より歩きにくいんです。

前にも書いたんですが、この辺りは昔の面影がどんどんなくなっています。改めて見るとすごいです。

地元の住民としては「誰でもいいから早く元に戻してぇぇ!」っていう気分ですか。

私が爺さまになった時にはここはどうなっているでしょうか?答えは約30年後に・・・。

日ごろ全く運動しない私としては歩くことくらいしかできませんが、旧東海道の復路歩きでは今日の6倍から8倍くらいは1日で歩きます。しかも硬いアスファルトの上を。

だから海岸歩きの距離をだんだん伸ばして鍛えておくか、それともいきなり旧東海道か?

どちらにしようか考えているところです。

| | コメント (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »