昼の飛行機雲

 今日は外は風が強かったようですけど、寒かったのかな?

 私はずっと家の中にいたので、外の様子はわからないままでした。

 だから久しぶりに我が家での昼食。

 昨日の秘境カフェの帰りに立ち寄ったパン屋「岡パン」で買ったカレーパン1個と、え~と名前は忘れたけどマヨネーズの上に粒々コーンがたくさん載っているパン1個、それとツナ(?)が真ん中にあったパン半分です。

 でも食べようとしたその時、壁の上にある窓の向こうに真っ直ぐな白い線を発見!

 出来たばかりの飛行機雲です。

 慌ててカメラを持って北側の窓に行って写真を撮りました。

P2190021

 慌てた素人が撮った画像で見ると小さい・・・。

 この辺りは旅客機の飛行ルートになっているのか、多い時は4~5本の飛行機雲ができる時があります。

 でも1本だけっていうのもいいもんです。

 落ち着いた後に食べた「岡パン」のパンは美味しかったですよ。

 “たっぷりマヨネーズ&コーン”のパンはまた食べたいです!

 やっぱりカレーパンも食べたいな。

 そういえば飛行機雲がきれいにできると天気が崩れるそうですね。

 確かに明日の午後は雨が降る予報になってます・・・。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

パピヨン

 CSチャンネル・ムービープラスのアメリカ映画「パピヨン」を観ました。

 もう30年以上前になると思うのですが、年末の深夜にテレビで放映されていたのを最後まで観た記憶があって、その時の印象が強烈に残っていたのです。

 主演はもちろんスティーブ・マックイーンですが、共演のダスティン・ホフマンも強烈で個性的な演技を見せてくれていますね。

 昔も今も強く印象に残ったのが、長い年月が経って年老いてしまった脱獄囚を演じている時のマックイーンです。

 動きはヨタヨタで声はかすれてしまっているのですが、脱獄に対する強い思いは若い時のまま。

 その相反する表現が何とも言えないくらい素晴しいのです。

 こういうのを“執念”と言うんですね。

 光を遮断された独房の時も、弱々しい身体ながら目だけは怖さを感じるくらいに鋭かったです。

 丸メガネのホフマンの演技も素晴しく、普段のホフマンとは全く別人としか思えないくらいです。

 そして年老いたマックイーンが最後にホフマンに別れを告げ、海の潮の流れに乗って脱獄していく場面は思わずジーンと来てしまいました。

 でもどちらかというとホフマンが脱獄を断って背を向けて去っていく姿に・・・weep

 とにかく今回は何十年ぶりに懐かしく、覚えていない場面のほうが多かったですが、じっくり観ることができた映画でした。

 先日観た「栄光のル・マン」よりもこちらのほうがマックイーンらしい映画だと思いましたね。

 皆さんにもぜひDVDなどで観ていただきたいです。

 それにしても今回も途中でCMが1回入りました。

 “映画専門チャンネル”なのに、こんなことをしているようではムービープラス・チャンネルはダメだと思います。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

早起き土曜日

 夜勤明けの土曜日です。 

 眠ったのが午前3時半くらいだったと思いますが、起きたのは午前6時半少し前。

 休日が短くなるのがイヤだったので「無理やり起きた!」という感じでした。

 そして今日行ってきたのが、どう検索しても何も出てこなかった“謎”の蚤の市です。

P2180001
 昨日の地元紙の朝刊で初めて知ったのですが、どのくらいの規模か全く不明。

 だから会場の醍醐荘へ行くだけ行ってみましたが、ほぼ予想通りのこじんまりとした規模でした。

 例えて言うと小國神社の「大骨董蚤の市」をグッと小さくした感じです。

 見に来る人は年配者ばかりでした。

 残念ながら私は手ぶら帰りとなりましたが、「これは珍しいな。」と思えるのはあったので、次回も期待を持って行ってみたいと思います。

 でも場所はいつも同じなのだろうか・・・?

 この後はいつもの秘境カフェへ。

 土曜日なので混んでいると思いましたが、着いた時にはそんなに人がいなくて静かだったのでのんびりできました。

P2180019

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

«いただきました